フォト

軽井沢の花たち

  • ツリフネ
    軽井沢の庭に咲く花を集めてみました。東京では見られない花がたくさんあるのに、驚きます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2013年2月 »

寒波の東北

大寒波が到来していた東北に出かけていた。

「ねえ、よりにもよって、今年一番の寒波がやってくるんだってよ

本当に行く気?」

と、旅に出る前に、ふうちゃんに、何度も言ってみた。

「たどり着けないかもよ・・・・・たとえたどり着けたって、

戻ってこれないかも・・・汽車が止まったりして・・・」

「日本の鉄道は、ちょっとやそっとじゃとまらないよ」

とは、ふうちゃんの弁。

てなわけで、今年一番の、寒波の中を、十和田湖を目指して

出かけたのだった。25日のことでした・・・・・

まあね、十和田湖に行こうと言ったのは、私なんだけどね。

JRの、大人の休日クラブに入ったら、

4日間、東北、北陸(一部)列車乗り放題という、

お得な切符が手にはいるという情報につい目がくらんだ訳よ。

しかしながら、その日にまさか、大寒波が襲来しようとは、

思っていなかったんですものね。

25日、東京は晴れだった。

朝、6時28分発の、かっこいい東北新幹線「はやて」に乗って

着いたのが、八戸・・・・・

八戸は雪だった。

それにしても、速いですね・・・八戸まで3時間ちょっと・・・・

うそーーーーだわよ。

なにせ、その昔(どうも年だなあ、つい、その昔の話が出てくる)

北海道に行くために、旅したときには、

半日はかかったように、思うもの。

そこから、JRのバスに乗って、十和田湖まで行ったのよ。

ところがねえ・・・・・・

このバス、乗ったのは、私たち二人と、ほかにあと二人のみ。

大きなバスに、4人しかお客がいなかった。

うーん、これじゃあ、バスも赤字だわね。

しかも、終点の、十和田湖まで乗っていったのは、私たちだけだった。

後の二人は、途中で降りた、そして、その後

たった一人の客が乗ってきただけで、あとはだーーれものってこなかった!!

焼山から、子の口までの、奥入瀬渓流を走っている間、

私たち二人だけが、バスのお客だったものだから、

運転手さんは、渓流の各名所で、

美しい雪景色に見とれている私たちの為に

スピードを落として、観光に協力してくれたのだった。

で・・・・・

たどり着いたのが、十和田湖・・・・・・・

雪・・・・雪・・・・雪・・・・の十和田湖・・・・

雪国の人たちは、雪なんて珍しくないし、

ありがたくないものなのでしょう・・・もちろん・・・ね・・・

でもね、私は、雪を見ると、犬じゃないけど、飛び跳ねたくなる。

真っ白の雪道に、ドンドンと、足を踏み入れて、

足跡をドンドン付けてみたくなっちゃうのよ。

宿に荷物を預かってもらって、

私たち二人、雪が降る十和田湖の、乙女の像を目指して

飛び出したのだった。

この宿のご主人、私たちが本当に今日やってくるとは

思ってなかったらしい・・・・なにせ、この雪だものね。

おまけに、吹雪いているのだもの・・・

まあ、ご主人に言わせれば、大したことのない吹雪なんだそうですけど。

それで、旅館をでて、湖を目指して歩き出したのだけど

十和田湖から吹いてくる風が、何せ強かった。

顔や目に、雪が吹き付けてくるのだ。

寒いのなんのって、ちょっと言葉では表せないくらい寒かった。

耳がジンジンするし、帽子は飛びそうだし・・・・

歩くのもままならない。

軽井沢で、寒さや、雪は、結構体験しているけど

やっぱり、東北の雪や寒さは、ちょっとそれとは桁が違う感じでした。

本当に、私たちって物好きだなあと・・・・思うのよね・・・

だって、道には人っ子一人いないんだもの。

たまに、車が走っては、くるけど、歩いている人なんて

だーーーれも、いなかった。

十和田神社にも、乙女の像のまわりにも、

とにかく、歩いている間、人に会うことなんて

まったくといってほど、なかった・・・・

(そうそう、一人だけいた、同好の士が、乙女の像に

やってきた、若い男の人が一人だけいた)

人のいない場所が好きな私だけど・・・・・

今回ばかりは、ちょっと・・・・・・

心細かったです・・・・・

それで、撮った写真がこれです・・・・・

誰もいない、十和田湖、乙女の像・・・・・・

この景色が見られただけでも、来た甲斐がありましたけどね。

Img_0564

Img_0532

そして、神戸・・・おまけの話

おまけのお話を、少し。

久しぶりで、新幹線での旅でしたので、

車での移動ではありませんでした。

となると、神戸の町も、電車で移動です。

知らない町を旅するというのは、ワクワクもするけど、

結構大変なこともあるんですよ。

神戸には、JRの他にも、私鉄やら地下鉄などが走っています。

海岸線だとか、北神電鉄とか・・・・

東京の町しか知らない私たちには、

耳慣れない電車と、初めての駅です。

路線変更の別切符、なんていうのも、初めて体験したし、

乗り換えに失敗して、

一駅乗り超しちゃったりもした。

あっちへうろうろ、こっちへうろうろ、

まあ、要するに、お上りさんの気分ですね。

極めつけの、失敗が、

目的のステーキやさんに、なかなかたどり着けなかったことでしょうか。

神戸といえば、ケーキとともに、有名なのが、

神戸牛の、ステーキやさん!

さすがに、ふうちゃんも、これだけは、自分も食べたかったらしい。

最後に食べて帰ろう、となったのはいいのだけど、

「るるぶ」を片手に、三宮を、うろうろすること、小一時間。

スマホを、頼りに探すのだけど、

これが、どういうわけか、さっぱり出てこない。

要するに、使い方が悪いんじゃないのかしらね。

とうとう、頭に来たふうちゃん

「このスマホ、関西向きじゃないんだ!!」などと、のたまうしまつ。

(ほんとに、そんなことってあるのかしらね?!)

横で聞いていた娘が、

ぼそっと、一言・・・・

「そこに電話番号が書いてあるから、かけて聞けば?」

その一言に、ふうちゃんと、私も・・・・・・

「なるほど・・・・そりゃいい手だ」

というわけで、電話で聞いた場所が、

「阪急三宮駅の西口前すぐです」だった。

「西口の前?」・・・・・・・・

そりゃねえ、関西の人なら、阪急三宮の西口がどこかぐらいは、

すぐにわかるかもしれない・・・・・だけど、だけど・・・・・

我ら3人、その、西口が、どこかも、さっーーぱり、わかってないのよ!!

仕方がないので、最後の手段!!

向こうからやってきた、お兄さんに尋ねた

「阪急三宮の西口って、どこでしょうか?」と。

ハハハ・・・・結局のところ、文明の利器より、人間ってわけよ。

このお兄さん、とっても親切だった。

「こちらですよ」と、

私たち3人を、西口まで、連れて行ってくれたのだった。

(私、すっかり気に入っちゃいました、神戸のお兄さん、優しい!!)

で・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

西口を出て、通りの向こうを見てみたら・・・

目の前に、目的のステーキやさんがあったのだった!!

おお!!やっと、昼ご飯にありつける・・・ステーキが食べられる!

と、感激、周りをよくよく見てみたら

なんと、そこは、最初に三宮の駅を出て、店を探し始めた場所から、

ほんの数分、左へ移動しただけの場所だった。

いつもながら、我が家のどたばた3人組のやってることは、

こんなものです。

神戸牛のステーキは、美味しかったですよ。とってもね。

そして、神戸・・・

神戸の町を、探索してきました。

神戸といえば、やっぱり、あの独特の町並みでしょうか。

風見鶏のある洋館・・・・・

西洋文明が、最初に入ってきた町。

ケーキが美味しい町。

というわけで、

私や、娘の一番の目的は、美味しいものを食べること。

だったんですけどねえ・・・・・・・・・・・・

なにせ、ふうちゃんが・・・・・・・

あの人・・・・・・・・ほら・・・・・・・・・・・・・・

とんでもない、歴史 オタクなのよね・・・・・・・・・

初日は、一応洋館を巡って、有名な風見鶏の洋館を見たりしたんだけど・・・

Img_0297_2 

二日目になると・・・・・・・・・・・・・・

話が、全く食べ物には、向かわなかった・・・・・・・・・

神戸って、例の、人気のなかった 平清盛の史跡があるんですよ。

連れて行かれたのは、

清盛が出家したと言われている寺だの、

Img_0337_2 

清盛が眠っていると言われた、清盛塚だの、

Img_0363_2 

清盛が、後白河法皇を幽閉した場所、だのだった・・・・・・

Img_0374

ふうちゃんと旅をするのは、本当に疲れます。

あちこち連れ回されて、

最後には・・・・・・・時間切れ・・・・・・・・・

美味しいケーキは、食べ損なった・・・・・・・・・

楽しくするはずだった、雑貨店巡りもおじゃん・・・・・

「たべられなかったね・・・・・」と、しょっぼりする娘と、

「買えなかったじゃないのよ・・・・」と、憤懣やるかたない私。

「いつものことだもの、こうなると思ったよ」と、娘。

まあ、仕方がないから、

せっせと撮った、写真でもご覧くださいませ。

ふうちゃんの、力作・・・といえばいいけど、

私と娘の、恨みの写真です。

有馬温泉、そして神戸・・・・

新年早々、有馬温泉に出かけた。

昨年、すっかり、ブログにご無沙汰だった一番の訳は、

家にいなかったのです。

介護が終わって、身軽になったら、、

ふうちゃんが、やたらにどこかに行こうと・・・騒ぐのですよ。

それで、それにつきあっていたら、お出かけばかりとなってしまった。

数えてみたら、1年の約3分の一は、出かけていた計算。

私も、びっくりでしたよ!!

実を言えば、私は家にいるのが好きな人間です。

しかし、思ったのです・・・・・

いずれ、それこそ、あと十年もすれば、私も足腰が悪くなり、

歩けなくなるだろう・・・・・

そう、今しかないのかも知れない、出かけられるのは・・・・・・とまあ、

そんなわけで、今年も、旅から旅への、旅ガラスとなりそうです。

今年は、ちゃんと記録を残しておこうと思います。

さて、前置きはそのくらいにして、

出かけたのは、兵庫県、有馬温泉。

そして神戸です。

有馬温泉って、関東で言えば、熱海だの箱根だのに当たる場所でしょうか。

大阪からは、すぐ近くの、古くからの温泉町です。

金の湯と、銀の湯の、二つの温泉があるんです。

金の湯は、鉄分を多く含んだ茶色い色の温泉で、

銀の湯は、無色透明の、炭酸泉なのだそうです。

歴史も古くて、それこそ、欽明天皇の時代からあったそうで

(600年頃)、太閤秀吉と、妻のねねさんも

入ったとのことですよ。

Img_0328

それで、町の中に、太閤秀吉と、ねねさんの像がありました。

Img_0324

それよりなにより、町並みが、なんともいい雰囲気だった。

昔の古き、よき時代を思い出させる、格子戸のある風景です。

Img_0308

ふうちゃんはすっかり、気に入ってしまって、、

「おい、またこようなあ」と、やたらにご機嫌でした。

明けまして、おめでとうございます

明けまして、おめでとうございます

Zyodo3

鎮魂の海(浄土ヶ浜)

一昨年、62歳で念願の運転免許を取得し、教材ウオッチングの範囲が広がりました、

学生相手に教師の仕事や、社会科の楽しさを語っています(ふうちゃん)

朝焼けの富士山の赤、浄土ヶ浜の静かな海の碧、戸隠の杉の巨木の緑、軽井沢の落葉

松の黄、昨年は自然の美しい色を沢山見ました(ピーコ)

アンニョンハセヨ、韓国旅行目指して、韓国語教室へ(娘)

寒い冬、おばあちゃんがいないので、ママの暖かい布団に入るニャン(トラ)

今年もどうぞよろしくお願いいたします!

なんて・・・・いえる立場じゃないなあ・・・・

すっかりご無沙汰して・・・・

皆様に合わせる顔がない・・・・・・

本当に、ブログって、やめちゃうと、開くのが怖くなっちゃうのです。

新しい年が始まりましたので、

心機一転・・・・心を入れ替えて・・・・・・・・頑張ります・・・

なんて言っていいのだろうか?

« 2012年7月 | トップページ | 2013年2月 »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ピーコのブログ仲間

  • ホタルと月の国
    絵をお描きになる、浜辺の月さんのブログです。 油彩、水彩、鉛筆、パソコンなど、何でも使って描かれた素敵な絵が、たくさん載っています。絵を描くことの楽しさや、感動が伝わってくる気がします。
  • 信濃はまほろば
    信濃追分に週末住宅をおもちの、ヘンゼルさんのブログ。 自然、ひと、美しい物すべてを、素敵な写真で表現されています。
  • ふうちゃんの軽井沢滞在日記
    ふうちゃんが軽井沢から滞在中の出来事を発信しています。さらに、東京からの発信もあります。
  • ひとりごと
    絵をお描きになる、ぴえろさんのブログです。 日々の暮らしを楽しんでいらっしゃる様子が、素敵な絵と文章で表現されています。表情豊かな人物の絵がとても魅力的です。
  • ひなたぼっこ
    いろいろなことに、興味津々のタムさんのブログ。 あちこちにいらっしゃって、素敵な写真がいっぱいです。名前通り、心がぽかぽか、ほっとするひとときが待っている場所ですね。

ピーコのおすすめ!

  • ピーコ&ふうちゃんの部屋
    ピーコと、ふうちゃんが最初に立ち上げたHP! さっぱり理解できないパソコンと格闘して、どうにか作った代物です。
  • P&F in Karuzawa
    ピーコとふうちゃんのお部屋からおいだされたふうちゃんが、独立!軽井沢の風景、内田康夫の名所案内、軽井沢滞在日記などがあるHPです。

acces