フォト

軽井沢の花たち

  • ツリフネ
    軽井沢の庭に咲く花を集めてみました。東京では見られない花がたくさんあるのに、驚きます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« マタタビ | トップページ | バスの旅・・・・2 »

バスの旅

娘と二人、バスのツアーに参加した。

このところ、ふうちゃんはお出かけばかりで、家にいない。

「パパばかりお出かけだねえ」と、娘。

「おまえも行けばいいじゃないか」

というわけで、たまには、二人で行こうとなった。

どこへ?

北海道なるはずだった・・・・・・

ところが、どういう訳か、決まってみれば、正反対の九州・・・・・・

そういえば、娘は、九州は殆ど行ったことがなかったのだ。

久しぶりの飛行機。

梅雨の真っ盛りに行ったのに、

娘は晴れ女のようで、お出かけの日は、晴天。

飛行機の中から、日本列島の地図が見えた!

何度か、飛行機に乗ったことはあるのだけど、

この日のような、日本列島は初めて見た。

「これって、三浦半島じゃない?」

「ここは、たぶん、名古屋あたりよ、これだけ大きい町だもの」

「島が沢山見えるねえ、瀬戸内海じゃないの?」

本当に、日本列島って、地図みたいだったのねえ・・・・

当たり前だけど、地図って、正しかったんですね!!

降りたのは、北九州空港。

そこから、45名のバスツアーが始まりました。

本当に久しぶりの、ツアー旅行です。

最近はすっかり、家族で好きな場所に、好きなときに

出かける癖がついてしまって、

集団旅行は、何年ぶりでしょうかしらね。

最初の目的地は、湯布院。

見えましたよ、由布岳が。前日までの雨はすっかり上がり、

晴天の中に、くっきり見えました。

二つに割れた、由布岳の頂上が。

Cimg0630

こちらの山は、草原が多いみたいですね。

一面草色の世界です。

そして、湯布院の町並みが、こちらです。

Cimg0625

九州の軽井沢と呼ばれているそうです。

そういえば、町並みがどことなく似ているかも。

道の両側に、しゃれたお店が沢山出ています。

ただし、町は全体的に見ると、狭い気がしますが。

芸術家たちが、沢山こちらにいらっしゃるそうで、

ガラス細工やら、陶芸やら、服など、

若い芸術家さんたちの作品が沢山並んでいます。

それにしても、道は人だらけです。

でもねえ・・・・・・・・・・・・

つい、思い出してしまうんですよ。

じつは、私たち、(つまり、ふうちゃんと私ですが、)

その昔・・・・新婚の頃、一度九州一周旅行をしたことがある。

もう、30うん年前ですがね・・・・

そのころ、このやまなみハイウェイをバスが走って、

湯布院を、通った・・・・・・

しかし・・・・・・・・・・・・・・・

あのころは、湯布院には、なーーーんにもなかった!

寂れた小さな、温泉町だったのよ。

それが、今度来てみれば、なんと、

人がわんさかいる、若い人向けの、華やいだ町になっていた。

町おこしの成功例でしょうかしらね。

今では、一度は泊まってみたい温泉町になっているようです。

湯布院の町で働いている人たちが、制服みたいに着ていた

作務衣がとても素敵だったので、

「それは、特注ですか?」と、聞いたところ、

久留米絣でできた、特注品だった。

どこかに似たような品物がないかと、探してみたら

久留米絣のお店が一軒あった。

とてもしゃれた、素敵なシャツやら、ドレスがありました。

ただし、ちょっと値段が高すぎて、手が出ませんでしたけど・・・・

ちょっと無理しても買えばよかったと、

今でもちょっぴり、後悔しております・・・・

まあ、いつものことですけどね。

私って、決断ができないのよね。

以後、あちこちのおみやげ屋さんを見たのですが、

どこのお店の久留米絣も、ここにあるほどしゃれているのは

なかったですね。

この、斬新さや、デザインの良さが、

たぶん湯布院の売りなのではないでしょうか。

続きはまたあした・・・

« マタタビ | トップページ | バスの旅・・・・2 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

★浜辺の月さん、コメントありがとうございます。

そうですねえ、バスのツアーは、ほんとうに時間と場所に追われている感じで、ガイドさんの後について、うろうろしているばかりでした。ガイドさんのお話は、本当に面白かったんですが、ゆっくりする暇はなかったです。たくさんあるという、湯布院の美術館も、見る暇がありませんでした。見たかったですーーー!!
別府の地獄巡りは、面白かったですよ。地獄と言うから、恐ろしげな所と思って、皆さん入ったら、最初に見えたのが、蓮の池で・・・・「ここは地獄じゃなくて、極楽ね」と、みんなで笑ってしまいました。一つ入り口が違っていて、そのたびにお金が必要になっていて驚きました。綺麗な公園みたいに整備されていたのにも驚きましたけど。
でも、由布岳は本当に綺麗だったし、あちこち景色のいい場所がたくさんあって、九州はいいところだなあと、改めて感じました。

何個もコメントしてすいません。
湯布院の現代彫刻のわたし達が行った美術館は、「末田美術館」でした。
間違えてすいませんm( _ _ )m

こんばんは、ピーコさん。
ようこそ九州へ、そして、大分へ、湯布院へ、別府へ!!!
よく来て下さいました。
バスのツアーだったのですか?
それでは中々ネットでお知り合いだからと言ってもタイミングよくお会いするのは
難しかったですよね。
バスのツアーでは、ピーコさんが書かれているように、こちらを見たら次はそちら、
その次は・・・・・と行程が決まっているので余分なことは出来ないですよね。
一度はお会いしたいと思っていましたが、残念です。
また機会がありましたらいつかお会いしたいですね。
そうですねーー、湯布院は、昔は何もなかったらしいですね。
大分に住んでいながら知らないのは申し訳ないですが・・・・・・。
(あ、わたしは決して若くはありませんが、聞いていないです
よね、あはははははははは)
わたしは、昔は(特に結婚する前は)、どっこも行ったり出掛けたりということが
なかったのです。
わたしは18歳以上になっても運転も出来ませんし、お金ももちろんなかったし、
誰か家族がどこかへ連れて行ってくれる人はいませんでしたから。
やはり今主人と結婚して時々出掛けられるのは、ありがたいと思います。
ですから、わたしは残念ながら湯布院の昔をあまり知りません。
わたしが、幼稚園だったか、小学校の時だったか、学校から(園から?)
マリンパレスや高崎山や、ラクテンチは何回か行きました。
別府の地獄巡りも結婚して初めてしました。
ただ、その地獄めぐりをした頃は、まだブログも持っていなくて、パソコンもなくて
カメラも持っていないので、写真もないのが少々残念です。
またいつかわたしも別府の地獄巡りをしょうかな~~??って思いました。
その地獄巡りをした時も、わたしの子供が小学生でしたから、もう色々と
変わっているかもしれません。
地元の人はいつでも行けるからと言う理由からか、あまり地獄巡りを何度も
したりはしないようです。
ピーコさんのお話を聞いてまた行ってみたくなりました。
そうですね~~、湯布院も末美術館(この名前であっているかもおぼろげ
ですが)へ、行ったことがあって、また行ってみたいです。
石などの現代彫刻がいっぱいありました。
その彫刻が結構素敵でした。

★ちゃぐままさん、早速のコメントありがとうございます。

本当に、素敵な名前ですよね、湯布院って。それにしても、その昔を思うと、驚きです。
添乗員さんにも言ったんですよ。「昔はなーんにもなかった」ってね。
そうしたら、「いつのことですか?」と、聞くので 30うん年前」と、言ったら・・・・・
「・・・・・・・?!」でした。新卒のお若いお嬢さんでしたので、まあねえ・・・・
九州は、素敵なところがたくさんあって、また行きたいですね。

ようこそ九州へ!
九州という一体感があるせいか、ここから少し離れているけどとても嬉しいです。
そういえばわたしも子供を連れて行った頃はなんにもありませんでした。
湯布院は女性誌で取り上げられて一気に全国版になったようですね。

半年前にスーパーの抽選で当たり「ただ旅行」に行きました。
ほんとに小さい街です。何度か行くともう見るところがなくなってしまいます。
でも名前がゆったりとして素敵でしょ。
明日はどこかな・・・・?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142268/55012662

この記事へのトラックバック一覧です: バスの旅:

« マタタビ | トップページ | バスの旅・・・・2 »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ピーコのブログ仲間

  • ホタルと月の国
    絵をお描きになる、浜辺の月さんのブログです。 油彩、水彩、鉛筆、パソコンなど、何でも使って描かれた素敵な絵が、たくさん載っています。絵を描くことの楽しさや、感動が伝わってくる気がします。
  • 信濃はまほろば
    信濃追分に週末住宅をおもちの、ヘンゼルさんのブログ。 自然、ひと、美しい物すべてを、素敵な写真で表現されています。
  • ふうちゃんの軽井沢滞在日記
    ふうちゃんが軽井沢から滞在中の出来事を発信しています。さらに、東京からの発信もあります。
  • ひとりごと
    絵をお描きになる、ぴえろさんのブログです。 日々の暮らしを楽しんでいらっしゃる様子が、素敵な絵と文章で表現されています。表情豊かな人物の絵がとても魅力的です。
  • ひなたぼっこ
    いろいろなことに、興味津々のタムさんのブログ。 あちこちにいらっしゃって、素敵な写真がいっぱいです。名前通り、心がぽかぽか、ほっとするひとときが待っている場所ですね。

ピーコのおすすめ!

  • ピーコ&ふうちゃんの部屋
    ピーコと、ふうちゃんが最初に立ち上げたHP! さっぱり理解できないパソコンと格闘して、どうにか作った代物です。
  • P&F in Karuzawa
    ピーコとふうちゃんのお部屋からおいだされたふうちゃんが、独立!軽井沢の風景、内田康夫の名所案内、軽井沢滞在日記などがあるHPです。

acces