フォト

軽井沢の花たち

  • ツリフネ
    軽井沢の庭に咲く花を集めてみました。東京では見られない花がたくさんあるのに、驚きます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 鳥さんたちの巣作り | トップページ | ふうちゃんの写真から »

植物学者

一昨日、我が家に植物学者さんがやってきた。

何でも、とにかく植物に詳しい方らしい・・・・

ふうちゃんの職場の同僚だった方なんですけどね。

お話を聞いたところ、

オランダのライデン大学までいらっしゃって、

シーボルトの標本の、ブナの生態を調べてきたそうな・・・

どこへ行っても、道ばたの草や木を見ると、

立ち止まって先に行かなくなるという、そんな人だそうです。

軽井沢の早春の草花を見に、いらっしゃったのです。

まあ、そういう方ですから、

来た早々、とにかく庭に出て、

草花をひたすら見ていらっしゃった。

そして、わかったのは、

我が家には、珍しい、貴重な草花があるということでした。

私も、こちらに来るようになって、

草花、特に花のつく、美しい草花の名前を知りたい

と思うようになったので、

このチャンスに、是非とも知らない草花の

名前を教えてもらいたい、と思ったわけです。

今回、みつけたのは、次の2つです。

一つは、シロバナエンレイソウ

Img_1145

これは、とにかく珍しい花らしい。

そして、アズマイチゲ。

Img_1137

こちらは、別荘地内の散歩道に群生したそうです。

それから、スミレも、こちらでは東京で見られない

ケマルバスミレ、とか、エイザンスミレなどもあったようです。

Img_1139

普段、私は、花が咲いていれば、

気がつくのですけど、

でも、スミレなんていうと、小さくて

ほとんど気にしていないのです。

しかし、東京では見られない種があるようで、

大切にしてほしいと、いわれました。

ところがねえ・・・・・・・

何しろ、我が家の庭ですからね。

そうはいっても、やっぱり、草ぼうぼうにしておくのは、

ちょっと、気が引ける・・・・・

なにせ、あの、草取り大好きだった母の娘ですからね。

草ぼうぼうは、どうしても気になるのよ!!

植物学者の大先生曰く、

「草ぼうぼう、がいいんです。自然のままで置いておく

そうすれば、植物の生態がわかります。

それが一番大切なんです!!」とのことで・・・・・

確かに、植物学者としては、そうなんでしょうけどねえ・・・・

我が家の庭としては、そうもいってられない・・・・

別荘地のほかのお宅を見ると、

みんな、木を切り、芝生を植え、ここ特性の

植物生態系は、全く変わってしまっている場所が

多くあります。

それって・・・・・・

どうなんでしょうか・・・・・

でも、別荘の管理の方は、こういいます。

「軽井沢は年々温度が上がっているといいますが、

それは、皆さんが木を切り、日当たりをよくするので

エアコンが必要になるんです」と。

でも、こうもおっしゃいます。

「家のためには、日当たりがよくないと、痛みますからね

暮らすためには、やっぱり適度の日当たりが必要です」

うーん・・・・・・

我が家は、木が多く残っています。

あえて、切らなかったから。

でも、そのため、植物を植えてもあんまり育たない。

日当たりが悪いので、日陰の植物しか育たないんです。

きれいな花を見たい、育てたい・・・・

だけど、それでは、軽井沢らしさがなくなってしまう。

この二つの問題は、どう折り合いをつけたらいいのでしょうか。

« 鳥さんたちの巣作り | トップページ | ふうちゃんの写真から »

軽井沢から」カテゴリの記事

コメント

★ぴえろさん、コメントありがとうございます。

本当に、そうですね。軽井沢の我が家は、落葉松が沢山残っているので、日陰ばかりです。何を植えても花はチラホラでして、この時期桜やレンギョウや、そのほかの花が沢山咲いているほかのお宅を見るとうらやましくなります。その変わり、軽井沢特性のフシグロセンノウや、ヤブカンゾウ、ツリフネなどの湿地帯の植物がよく育ちます。庭ですから、私としてはもう少し、綺麗な花が育って欲しいと、つい・・思うんですよ。
勝手な人間の、思いなんですけどね・・・・
学者さんは、大喜びで帰って行かれました。本当に植物がお好きな方で、何時間でも見ていたいらしいですよ。

お早うございます。

二者択一と言う事でしょうか。
一方を取れば一方を失う、こういう例っていっぱいありますね。
絶滅寸前の動植物が沢山あるとか、人間が我慢すれば
助けられる、人間が快適な生活を優先するのなら犠牲にする。
ほんとうに難しい選択ですね。
貴重な植物が見つかって、学者さん、喜ばれたでしょうね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142268/54628151

この記事へのトラックバック一覧です: 植物学者:

« 鳥さんたちの巣作り | トップページ | ふうちゃんの写真から »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ピーコのブログ仲間

  • ホタルと月の国
    絵をお描きになる、浜辺の月さんのブログです。 油彩、水彩、鉛筆、パソコンなど、何でも使って描かれた素敵な絵が、たくさん載っています。絵を描くことの楽しさや、感動が伝わってくる気がします。
  • 信濃はまほろば
    信濃追分に週末住宅をおもちの、ヘンゼルさんのブログ。 自然、ひと、美しい物すべてを、素敵な写真で表現されています。
  • ふうちゃんの軽井沢滞在日記
    ふうちゃんが軽井沢から滞在中の出来事を発信しています。さらに、東京からの発信もあります。
  • ひとりごと
    絵をお描きになる、ぴえろさんのブログです。 日々の暮らしを楽しんでいらっしゃる様子が、素敵な絵と文章で表現されています。表情豊かな人物の絵がとても魅力的です。
  • ひなたぼっこ
    いろいろなことに、興味津々のタムさんのブログ。 あちこちにいらっしゃって、素敵な写真がいっぱいです。名前通り、心がぽかぽか、ほっとするひとときが待っている場所ですね。

ピーコのおすすめ!

  • ピーコ&ふうちゃんの部屋
    ピーコと、ふうちゃんが最初に立ち上げたHP! さっぱり理解できないパソコンと格闘して、どうにか作った代物です。
  • P&F in Karuzawa
    ピーコとふうちゃんのお部屋からおいだされたふうちゃんが、独立!軽井沢の風景、内田康夫の名所案内、軽井沢滞在日記などがあるHPです。

acces