フォト

軽井沢の花たち

  • ツリフネ
    軽井沢の庭に咲く花を集めてみました。東京では見られない花がたくさんあるのに、驚きます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 花見を再び | トップページ | 植物学者 »

鳥さんたちの巣作り

今回こちらに来て、

やらなければ行けない仕事の一つに、

巣箱のお掃除があった。

毎年、春の前にやっていたのだけど、

今年は時期が遅くなってしまっていた。

鳥の巣箱・・・・・・

別荘地の夏の行事に、巣箱作りというのが

ありまして、我が家の庭には3つの

巣箱が掛けられている。

Img_1099

そこで、とにかくはしごを掛けて、巣箱を開けてみると

中には、去年の巣の残骸が残っていた。

Img_1098


毎年ちゃんと、ここで鳥さんは、子供を育ているんですねえ。

しかしながら・・・・・・・・・

実は、この巣箱で、去年はとんでもないものを見たのよ。

なんだと思いますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

実はねえ・・・・・・・

この巣箱から、あるものが出てきたのを

目撃しちゃったんですよ。

あるもの・・・・・

そう、とんでもないやつ・・・・・・

長くて、ニョロニョロしたやつ・・・・・・・

そう、です・・・・・・・へびなの。

何か出てくるから、鳥の親かと思っていたら、

ニョロニョロと、首を出して、下へ降りていったのです。

中の鳥さんの卵は、全滅だったろうなあ・・・・

(中をあけてみた訳じゃないけど)

あれは、ショックでしたね。

でも、それが軽井沢なんです。

またしても、この言葉・・・・

軽井沢って、何でもありなんですよ。

鳥は、かわいいから大切にと思うのは人間のエゴ。

蛇だって、一生懸命に生きてるんだものね。

それが、自然の摂理なのでしょうね。

しかしながら、それでも人間は勝手に思う。

「やっぱり、鳥を保護しなくちゃ」ってね。

そこで今年は、巣箱をつけた落葉松の木に、

クレラップを張ってみた。

Img_1097


別荘地の管理の方に聞いたところ、

「落葉松は、ガサガサした幹ですから、蛇が登りやすいのです。

クレラップでも巻いて、滑りやすくしたら少しはいいかも」

とのこと。

でもね、最後に、こうも、いわれました。

「結局、軽井沢では、どこかの巣箱がいつも

ねらわれて、食べられています。

効果は、あまり期待しない方がいいですよ。」

そうはいわれても、やっぱり去年のあの蛇を見た

ショックはねえ、忘れられないわけでして・・・・

一応、我が家の巣箱の木にクレラップを巻いてみたのでした。

そして、お掃除完了・・・・・・・となった。

そしたら・・・・・・・・・・

掃除道具をしまわないうちに、早速鳥さんたちが、

巣箱の周りをぐるぐる、回って様子をうかがっていたと思ったら、

あっという間に、中に入っていった!!!

あらら・・・・・・

鳥さん、まってたのねえ・・・・・

早く、掃除してあげればよかった・・・・・・

だけど、だけど、どうか、どうか、無事に子育てが終わるまで

蛇が入りませんように・・・・

ふうちゃんと二人、巣箱を毎日眺めております。

« 花見を再び | トップページ | 植物学者 »

軽井沢から」カテゴリの記事

コメント

★ちゃぐままさん、暖かいコメントありがとうございます。

嬉しいです。そうおっしゃっていただけると、これからもがんばって、書いていこうと、思います。勇気をいただいた気がします。
こちらにいると、自然と人間は、どうやったらうまく共存していけるのかを、考えずにはいられません。人間が住みやすくすることは、動物や植物たちには、迷惑な行為がおおいのだなあと、思います。人間だけが、独りよがりで、勝手なことをしているのだなあと、思ったりします。でも、そうはいっても、やっぱり快適な暮らしはしたいし・・・難しいですね。

《それが軽井沢なんです。》
 ①チューリップの話
 ②花見の話
 ③巣箱の話
と、まとめてみました。
どれもピーコ調のやさしい愛情のこもった語り口でした。

私が書けばきっと、蛇が入って・・・と大騒ぎの文章になるでしょう。
ピーコさんの人柄が文章を作るのですね。
                    
                    ファンからのコメントでした。

★ぴえろさん、コメントありがとうございます。

そうなんですよーーー、蛇なんです、鹿もいれば蛇も珍しくない、それが軽井沢です。我が家の二階の窓から、この巣箱がよく見えるのです。ですからパソコンを打ちながらいつも眺めております。そうしたら、たまたま見たときに、蛇が顔を出したというわけです。庭で何度も見てはいたのですけどね、巣箱から出てくるところを見るなんて、本当にびっくりでした。その後、巣箱を開けたのは、今回が初めてですから、そのときあった鳥の卵はたぶん全滅だろうなあと、想像していました。
別荘地の方に聞いたところ、一度蛇が入った巣箱には鳥は巣を作らないらしいのですが、今回見ていたら、すぐに鳥が入ったので、喜んでいるんですが・・・
喜んではいるのですが、心配もしています。蛇が場所を覚えていないかと・・・

お早うございます。

うわ~、巣箱にへびですか? 触ったのですか?
私だったら卒倒します。
へびも可哀想だけれどあのクネクネがどうもねぇ。
時々夢の中で自分の周りにいっぱいたりして悲鳴を上げて目が覚めることがあります。

鳥さんたちはスタンドバイしていたのですね。
へびの餌にならないよう、家主さんも心配でしょう。
でも、軽井沢の皆さん優しいのですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142268/54593807

この記事へのトラックバック一覧です: 鳥さんたちの巣作り:

« 花見を再び | トップページ | 植物学者 »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ピーコのブログ仲間

  • ホタルと月の国
    絵をお描きになる、浜辺の月さんのブログです。 油彩、水彩、鉛筆、パソコンなど、何でも使って描かれた素敵な絵が、たくさん載っています。絵を描くことの楽しさや、感動が伝わってくる気がします。
  • 信濃はまほろば
    信濃追分に週末住宅をおもちの、ヘンゼルさんのブログ。 自然、ひと、美しい物すべてを、素敵な写真で表現されています。
  • ふうちゃんの軽井沢滞在日記
    ふうちゃんが軽井沢から滞在中の出来事を発信しています。さらに、東京からの発信もあります。
  • ひとりごと
    絵をお描きになる、ぴえろさんのブログです。 日々の暮らしを楽しんでいらっしゃる様子が、素敵な絵と文章で表現されています。表情豊かな人物の絵がとても魅力的です。
  • ひなたぼっこ
    いろいろなことに、興味津々のタムさんのブログ。 あちこちにいらっしゃって、素敵な写真がいっぱいです。名前通り、心がぽかぽか、ほっとするひとときが待っている場所ですね。

ピーコのおすすめ!

  • ピーコ&ふうちゃんの部屋
    ピーコと、ふうちゃんが最初に立ち上げたHP! さっぱり理解できないパソコンと格闘して、どうにか作った代物です。
  • P&F in Karuzawa
    ピーコとふうちゃんのお部屋からおいだされたふうちゃんが、独立!軽井沢の風景、内田康夫の名所案内、軽井沢滞在日記などがあるHPです。

acces