フォト

軽井沢の花たち

  • ツリフネ
    軽井沢の庭に咲く花を集めてみました。東京では見られない花がたくさんあるのに、驚きます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 近眼が治る?・・・1 | トップページ | 着物を着る・・・・1 »

近眼が治る?・・・2

いつもながら、私の文章は脱線する!

「おまえ、肝心な話はどこへ行ったんだ?」と

横でふうちゃんが、あきれております。

すいません・・・

というわけで、一昨日、ふうちゃんと一緒に眼科に行ったのでした。

それで、まあ、おきまりの視力検査となった。

これがねえ、一緒に行った眼科が、

私にとっては初診だったものだから、

やけに、念入りに見てくださったのです。

終わって戻ってみたら、

ふうちゃんが、「おまえ、随分長かったな」

と言った、くらいですから。

それで、いざ先生のお話となったわけ・・・・

「だいぶひどい近眼ですね」

「はあ、もう、子どもの頃からですから・・」

「白内障が少し出てますね」

「はあ・・・年ですから・・・」

と言う具合なお話で・・・・・・・

「いずれは手術した方がいいかもしれません」

まあ、確かに、そうなんでしょうね。

と、思ったんですが、いつものことでつい、

私一言、言いたくなっちゃったの。

「母が、以前、白内障の手術をしたんですが、ちっともよくならなくて、

結局もう一方の目はやらなかったんですけど・・・・」

どうも、この一言がきっかけだったような気がする。

先生がおっしゃるには、

普通はちゃんと、よくなるんだそうです。

白内障の手術というのは、目のレンズを

交換するようなもので、殆どの人が治るんだとか。

で・・・・・・その説明の最後に一言こう、おっしゃった。

「あなたの場合は、極度の近眼ですから、それも治りますよ。」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「へ?・・・・・・近眼が治る?そんなことあるんですか?」

「程度問題なんですが、あなたの場合は、ひどい近眼ですから

よくなる度合いが、たぶん、大きいかと・・」

はあ????

何せ、私の頭は古いものですからね、

近眼は治らないと、インプットされたままなんですの。

要するに、白内障の手術は、レンズの交換・・・・

なので、近眼の目も交換できるということらしい・・・・

(もう少し、丁寧な説明があったんだけど、私の理解は

その程度でして)

おまけに、ど近眼ともなれば、よくなる度合いも大きい

ということらしいのだ。

近眼が治るなんて・・・・青天の霹靂ですよ!!!

今までの苦労を、思い起こしてみた・・・・・

見えない事に慣れてしまった人生なんですよね。

両眼で眼鏡をかけても0.5ぐらいしか見えてない世界が

もっと見えたら、どうなるのだろう?

しかし・・・・

手術ともなれば、やっぱりリスクもあるだろうし。

「リスクはないんですか?」

「1000人に一人ぐらいですが、失敗することもあります」

なるほどね、その一人にはなりたくないわよね。

そして、最後の私の質問がこれ。

「先生は、手術を勧めるんですか?」

そして、まあ、予想通りのお答え。

「いえ、決断なさるのはあなたです」

結局、私は、この慣れた生活を手放せそうもない。

手術は、先送りとなりました。

見える世界に、魅力を感じるけど

もう少し、このままで暮らそう・・・・・・

見えない目だけど、余計なものをみなくていいともいえますものね。

« 近眼が治る?・・・1 | トップページ | 着物を着る・・・・1 »

健康」カテゴリの記事

コメント

★ himeandbaayaさん、こんばんは!

大変でしたね、血栓がめにはいるなんてことがあるんですね。驚きました。怖いですね、目は大切ですもの。これからも注意なさらないといけませんね。
じつは、私の兄嫁さんも、血栓がこちらは腕の血管にとんでしまって、急に手がしびれてたいへんだったんです。慌てて緊急入院して、血栓を溶かす薬を使って今は元に戻ったそうですけど、これからもずっと病院で監視が必要だそうで、定期的に通っています。
コレステロールって、これからは怖いんだなあとしみじみ思います。
私も、いつも検査をすると、悪玉コレステロールが高めです。正常値を少し上回ることが多いのです。
注意しないといけないなあと、思います。
お互いに、体は大切にしましょうね。

私はドライアイで定期的に通院しています。

こちら夫の不具合あり:今年4月で63才。
先週木曜日夜、右目に膜がかかり、見えない場所がある
と言いだした。濃いめの灰色、三日月形。2~3時間後、再確認すると、元に戻っていたらしい。

翌日眼科医受診。
病名は「一過性網膜動脈分枝閉塞症」
小さなコレステロールが、どうやら、網膜動脈に飛んで、一番細い血管が詰まったのでしょうということでした。

脳に飛んだら「脳梗塞」、心臓に飛んだら「心筋梗塞」。
今回は軽く済み、詰まった痕跡もほとんど残っていません。でも何かの前兆とも考えられますので、内科医の診察
受けて下さい。

今後、また同じような症状が出た場合、30分経っても
症状が軽減しなかったら、真夜中でも、救急車で大学病院に行くことをお勧めします。脳や心臓と同じように、点滴で、血栓をとかす処置が必要になります。目の場合、不具合に気づいても放置することが多いのですが、血液が送られないグレイになった場所は、細胞がだめになるので、そのまま見えない症状が後遺症として残ってしまうので要注意です。

早速内科医も受診。取りあえず、血液の流れがよくなる
薬を処方してもらいました。日曜日、脳のMRI/MRAを
念のため撮る予約も取り、行ってきました。

若い頃から中性脂肪数値が高かった(体質らしい)。
コレステロール数値は少し高め。クレアチン1.08正常値は1.04とか。(この辺はよくわからない)血圧のコントールは今のところうまくいっている。

ようは、血圧のコントロールなんだよね。減塩も意識した方がよい。一過性網膜黒内症(ともいうらしい、一部視野が黒くなって欠損すること)を起こすと、4年以内に、4割の人が脳梗塞を起こすというデータもある・・・とも言われました。怖いですね・・・・・

本人、あまり自覚がないのでけろりとしておりましたが
子ども達にメールで「父ちゃん一大事」と送ったら夜中に末娘が泣き出した。

「お母さんからあんなメールもらいたくなかった。心配で不安で仕方がないのだろうと思う。なんでもオープンにと思っていたが、少し刺激が強すぎたか・・・反省。美容室で「うちの両親、理想の夫婦なんです」そんなこと言ったらしくとっても嬉しかった。【決して親として理想、ではないらしいのだが】

加齢による不具合が、こんな形で表出してきたことをありがたいと捉え、もう少し、日常生活を見直してみようと思っています。末娘が一人前になるまでなんとかがんばらないとね。(一人前っていつ?)

早寝していた夫も、末娘のの涙にさすがにこたえたもよう。まずは、休肝日週2回。あとは炭水化物大好き人間
なので、その辺りもちょっと制御?かなぁ。減塩については探究せねば。(あまり使っていないつもりだったのだけど。)

そんなこんなで、どうぞ視野欠損に関してどうか、侮らないようにしてくださいませ。

大変長くなりました。失礼いたしました。

★ぴえろさん、こんばんは!

そうですか、逆さまつげでも、手術なんですか。
いやですよね、何となく手術なんて言うとこわいですものね。抜いてすむものならその方が、安心のような気もします。
目が見えるようになる、というのは、すごく魅力的なんですけどねえ・・・世の中がたぶん明るく見えるだろうなあと思うんですが、やっぱり決断は先送り・・なんだか民主党の公約みたいですが。

こんにちわ。

二年ほど前から二ヶ月に一度眼科通いです。
白内障の気配もあるのですが、まだ手術するほどのことは無いといわれました。
通院しているのは逆さ睫毛を抜くのと涙腺がつまっていてるので涙の通りをよくしてもらいに行くのです。逆さ睫毛のお陰で涙が出て、その涙が中に流れず外に流れるので年中涙目なのですよ。若い人の潤んだ目は魅力ありますが、おばばになった今は気色が悪いだけです。今となっては涙腺は治せませんが、逆さ睫毛は手術で治るそうです。でも今更手術をすることも無いと思い病院で抜いてもらっているのですよ。
もう手術と名のつくものはやりたくありませんね。

ピーコさん、足元に気をつけて下さいね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142268/54136642

この記事へのトラックバック一覧です: 近眼が治る?・・・2:

« 近眼が治る?・・・1 | トップページ | 着物を着る・・・・1 »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ピーコのブログ仲間

  • ホタルと月の国
    絵をお描きになる、浜辺の月さんのブログです。 油彩、水彩、鉛筆、パソコンなど、何でも使って描かれた素敵な絵が、たくさん載っています。絵を描くことの楽しさや、感動が伝わってくる気がします。
  • 信濃はまほろば
    信濃追分に週末住宅をおもちの、ヘンゼルさんのブログ。 自然、ひと、美しい物すべてを、素敵な写真で表現されています。
  • ふうちゃんの軽井沢滞在日記
    ふうちゃんが軽井沢から滞在中の出来事を発信しています。さらに、東京からの発信もあります。
  • ひとりごと
    絵をお描きになる、ぴえろさんのブログです。 日々の暮らしを楽しんでいらっしゃる様子が、素敵な絵と文章で表現されています。表情豊かな人物の絵がとても魅力的です。
  • ひなたぼっこ
    いろいろなことに、興味津々のタムさんのブログ。 あちこちにいらっしゃって、素敵な写真がいっぱいです。名前通り、心がぽかぽか、ほっとするひとときが待っている場所ですね。

ピーコのおすすめ!

  • ピーコ&ふうちゃんの部屋
    ピーコと、ふうちゃんが最初に立ち上げたHP! さっぱり理解できないパソコンと格闘して、どうにか作った代物です。
  • P&F in Karuzawa
    ピーコとふうちゃんのお部屋からおいだされたふうちゃんが、独立!軽井沢の風景、内田康夫の名所案内、軽井沢滞在日記などがあるHPです。

acces