フォト

軽井沢の花たち

  • ツリフネ
    軽井沢の庭に咲く花を集めてみました。東京では見られない花がたくさんあるのに、驚きます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2011年1月 | トップページ | 2012年2月 »

四十九日

母がなくなって、一月以上すぎ、

昨日いわゆる、四十九日の法要をした。

よく、四十九日といわれるけど、

どういう意味があるのか、よくわからないので、

ネットで調べてみました。

そうしたら、

四十九日は、初七日から七日ごとに受けたお裁きにより来世の行き先が決まるもっとも重要な日で、「満中陰(まんちゅういん)」と呼ばれます。
故人の成仏を願い極楽浄土に行けるように、家族や親族のほか、故人と縁の深かった方々を招いて法要を営みます。
そして、この日をもって、「忌明け(きあけ)」となるので、法要後、忌明けの会食を開きます。
四十九日は、それまで喪に服していた遺族が日常生活にもどる日でもあります。

と、でてきた。

なるほどね、昨日で、母の来世の行き先が

決まったわけなのね。

どこへ行ったのでしょう?母は。

たぶん、父の所へいって、

仲良く喧嘩をしていることでしょう。

私たちも、普通の生活に戻る時期なのですね。

母の遺骨と位牌があった場所に、

娘の、おひな様を飾りました。

父が残した、書の軸ノ前に。

ちょっと、寂しいです。

Cimg0126

リユース

去年の8月に、母が病院に入ってしまったので、

2階に住んでいた、私たちは、母屋に引っ越しをした。

今まで、いわゆる、二世帯住宅みたいな感じで

すんでいたのだけど、一つになったというわけ。

二世帯が、一世帯になったわけです。

そうなると、どうなるかというと・・・・・・・

どうなると、思いますか?

なんでも、ものが2つある、という現実に直面するのよ。

2つなら、まだ、なんとかなるのだけど

ものによっては、3つも、4つもある・・・・

なんてことが起きる!!

炊飯器が2つ、扇風機も2つ、掃除機も2つ、

洗濯機も2つ・・・、数え上げればきりがない。

食卓も、椅子も・・・・・・

まあ、消耗品はいいんですけどね、

そうでないものは、使わないのに

場所だけしっかり占めているわけで。

その、最たるものが、お寿司を作る飯台。

なんと、4つも、みつかった・・・・・・・

これには、さすがの私も、困ってしまった。

要するに、我が家は、寿司が大好きだったのね。

昔、私たちが、小さかった頃、寿司は、特別のご馳走だった!

食べ盛りだった、私や兄は、モリモリ食べた。

そこで、一升おのご飯を炊いた時代があったのだ。

炊飯器も大きかったし、飯台も大きかった。

物持ちのいい母は、ちゃんと昔の飯台を、残してあった。

以来、家族が少なくなる度に、買い換えたのだろう。

私も持っていたのを、加えると、4つになった、というわけ。

飯台って、捨てるのはもったいないですよね。

まだ、まだ、使えるんだもの。

そこで、リユース・・・・・・

さて、何に使おう・・・・・・

何にしたと思いますか?

フフフフフ・・・・・・・・・

これです!

Cimg0114

一つは、花瓶をのせる台。

Cimg0115

一つは、お風呂の、桶・・・・石けんやら、シャンプーやら、

置いておく台です。

そして、私の一番の、お気に入りが、これ!

Cimg0113

飯台のふたを利用してみました。

これがねえ、とっても使い心地がいい。

普通の、まな板と違って、下が台になっているので、

ぺたっと張り付かないから、何とも気分がいいのです。

何でも、使ってみるものですね。

雪!

今日も、一日寒かったです。

と、思っていたら、夕方から雨・・・・・

ふうちゃんが帰ってきた頃には、外は雨だった。

で・・・・・・・

いつの間にか、雨音がしなくなった・・・・・

「雨の音がしないなあ」と、ふうちゃん。

外を見てみてびっくり!!

庭に、雪が積もっていた。

今年初めて、積もった雪を見ました。

Cimg0110

寒いはずですね。

明日の朝が、、大変!!

ふうちゃんは、歯医者に行くという。

私たちも、エアロビクスに行く予定。

さて、行けるでしょうか?

今日、エアロビクスで、おばさんたちが、

話していた。

「雪が降ったら、お休みよね、自主休業」

足腰の弱った、おばさんたちは、お休みなのですよ!!

表札

寒い日でしたね。

家の中で、静かに、こもっております。

母がいなくなってしまって、

一番思うのは、時間があるなあ・・・

ということ。

母に会いに、毎日出かけていたので、

その時間が余っている感じがしてしまいます。

家のことを、すればいいのだけど、

何となく、手に着かない日々。

それで・・・・・・

表札代わりの、看板を、マンションの玄関に

付けてみました。

Cimg0108

ふうちゃんが、

「絵でも描けば?」という、一言で。

久しぶりに、一日、前に描いた牡丹の花を

桐の板に、アクリル絵の具で、描いてみた。

我が家の、庭に咲く、牡丹の花。

父が、大切にしていた、牡丹の花。

難しいです・・・・花より、葉の方が・・・・

この板、母が、その昔習っていた、

三味線の、箱の一部です。

いろいろなものを、リユースするのが

面白いなと、思うこの頃です。

初雪?

久しぶりで、去年描いた絵です。

題は・・・・・・「初雪」・・・・・・

なんですけどねえ・・・・・・・・・・・・・

それがねえ・・・・・・・・・・

ちょっと、題にかんして、一悶着ありまして・・・

まあ、ご覧くださいませ!!

Hatuyuki1_2 

さて、雪景色に見えますでしょうか?

本当のことを申しますと、例によって、

これは、ふうちゃんの写真が元になっております。

で・・・・・・・・・

その写真は、雪じゃないんです。

「木漏れ日」だったのです。

ですから、描き始めた当初は、題も「木漏れ日」だった。

ところが・・・・・・描いているうちに・・・・・・

先生が・・・・・ボソッと、おっしゃった・・・・

「雪景色みたいですねえ・・・・」

「そうですか?そういえば、そんな感じかなあ?」

という具合で、それじゃあ、そうしますか・・・・・

と、なったわけ。

どうでしょう?雪の方がぴったりくるでしょうか?

いかが思いますか?

軽井沢・・・3

軽井沢の話・・・・・

と、いきたいところなんだけど・・・・

今回は、何もない軽井沢です。

寒いだけの・・・・・

霜が降りて、一面真っ白の世界。

Dsc_0017

木も、車も、真っ白の花が咲いていた。

Dsc_0020

トラも、寒がって、コタツで丸くなってました。

とまあ、何事もなく、日は過ぎ・・・・・

何事もなく・・・・・ね・・・・・

帰ってきたんですよ・・・・・・・・

トラと一緒にね。無事に東京に着いた!!

ふうちゃんの運転は、完璧だった!!

この前は、赤信号で出て、パトカーに怒られそうだったけど、

今回は、そんなこともなく、何事も起こらず、

トラが、車の中で、相変わらず、

「ニャーゴ、ニャーゴ・・・こわいよーー」と

鳴いて、騒いだぐらいで・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

トラも無事だったし、・・・・・・・

問題のない、帰還だった・・・・・はずだった・・・・

たどり着いて、買い物に行こうと思うまではね・・・・

「ねえ、私のバックはどこ?」

すると・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「・・・・・・・・・・・へ?」と、娘・・・

「・・・・・・・・、俺は、知らないぞ・・・」と、ふうちゃん・・・・・

あらららら・・・・・・そんなあ・・・・・・

そういえば、私、トラに、頭が集中してました・・・・

他のことはさっぱり・・・考えもしなかった。

自分のバックが、どこにあるのかも、忘れ果てていた。

バックがなければ、お金もない。

バックがなければ、カードもない。

バックがなければ、保険証もない。

バックがなければ・・・・要するに、なあんにもできない。

まあね、盗まれた訳じゃない、

軽井沢に戻れば、あるんですけどね・・・・

でもねえ、今帰ったばかりで、また、取りに行くのもねえ・・・・

このところ、こんなことばっかりなのです。

頭が、悪くなった?

いえいえ、物忘れ?

それって、アルツハイマー?

最近、本当に私は、おかしいのだ!!

どうしたらいいのか、真剣に考えなくちゃ!!

軽井沢・・・2

話が、ふうちゃんの車のことになってしまって、
軽井沢の話が、できなかった・・・

相変わらず、
話がどこかへ、いってしまうのです、私って。

さて、さて、話を戻しまして
軽井沢へ行ったお話です。

今までは、家に母がいたので、
軽井沢へ行くのに、猫はお留守番だった。

しかしながら・・・・・

母が、あの世へ旅立ってしまったので・・・・

これからは、どこへ行くのにも、
猫付きなのです!

トラ・・・・・猫、かつて雄だった猫、

お年は13歳!!

これがねえ、車嫌いの、臆病猫なのよ。

困ったことに、車に乗せると、酔うらしい。

必ずと言っていいぐらい、戻してしまう。

気分が悪いらしく、鳴いてばかりいる。

仕方がないので、動物病院で、酔い止め薬をもらって

出かける30分前に、飲ませているのだけど

それでも、効いているのは、1時間ぐらいなもの。

それ以上たつと、やっぱり、目が覚めるらしく
(どうやら、睡眠剤みたいなのです)

また、鳴き出すのだ。

そこで、今回は、ふうちゃんが運転なので、

私は、猫の子守係になった。

まあね、私は、猫の扱い方が上手ってことになってるのよ。

我が家には、もう、私ぐらいしか、

トラを上手に抱ける人間が、いなくなってしまった。

母はとっても上手だったの・・・

なにせ、トラにとっては、一番の人間でしたもの。

トラのいやがることは絶対に、やらない人でしたから・・・・・

それにしても、我が家の、残りの二人・・・

娘も、ふうちゃんも、トラを上手に抱けないのよ。

ふうちゃんときたら、トラを前にすると、

へっぴり腰になる・・・・・

引いちゃうのです・・・・・

娘も、顔を合わせて抱けないのです。

いつも、トラの顔は向こう向き・・・・

「怖いんだもの・・・引っかかれたら痛いし・・」

というのが、理由らしいが、猫ぐらいひっかいたとしても

たかがしれていると、思うんですけどね。

とにかく、そういうわけで、

私がトラを抱いて、軽井沢へ行ったというわけ。

ああ・・・・・今日も、話が軽井沢に行かなかった・・・・

ちっとも、先へ行かないなあ・・・・

実はね、トラのおかげで、この後、ちょっとした事件になるのです・・・

その話はまた明日。

軽井沢・・・・その1

先週軽井沢にいた。

久しぶりに、ゆっくり滞在できた。

木曜の夕方、ついたときには、マイナス5度だった。
ちょうど、寒さの頂点だったせいか、とにかく寒かった。

とにかく寒いので、家の中で過ごすことが多い。
外は、凍っていて、歩くのも危ないのだ。

ふうちゃんが、去年の春、運転免許を取ったので・・・・

そういえば、そんなこともあったのだけど・・・・
忘れていた・・・・

一人で運転しなくてよくなった。

いえいえ、この頃はすっかり、運転はふうちゃんまかせ。

私、運転好きじゃないのものですからね。

最初は、
ちょっぴり心配だったの。

「大丈夫かしら?ぶつからないかしら?」ってね。

でもね、ふうちゃんは、どうやら、運転が好きらしい。

最初の頃、とにかく毎日のように、車に乗りまくって、
用もないのに、出かけてばかりいた。

そのおかげで、最近は、あまり、ドキドキしなくても
乗っていられるようになりました。

で・・・まあ・・・・この頃は、
軽井沢行きは、ふうちゃん任せになってしまった。

それにしても、ふうちゃん、
よく、運転免許がとれたなあと、驚いています。

普通、そろそろ、免許を返上する年頃ですからね。

「やればできるのさ!!」と・・・
本人は、いたく、ご満悦だった。

それでね、我が家の車・・・緑のデミオちゃん・・・・

二つばかり、マークがついている!!

初心者マークの若葉マークは当然としても、

もう一つ、ついているんですよ!!

70歳以上がつける、例の紅葉マークがね。

ハハハ・・・

ちょっと、時期尚早ではありますが、

言ってみれば、安心のための

過剰防衛策とでも言いましょうか。

ちょっと、探しても、どこにもいないでしょうな。

二つもつけている車なんてね。

おかげで、周りの車は、あきらめの心境らしい。

どんどん、抜いていく・・・

そのなか、ふうちゃんは、今日も
悠々と運転しているのでありました。

大相撲

生まれて初めて大相撲を見に行った。

どうも、このところ生まれて初めてが多い気がする。

どうやら、ふうちゃんが、
私のことを心配してくれているようです。

家にいると、つい・・・・つい・・・
余計なことを考えちゃうのでね・・・・

まあ、外に連れ出して、忙しくさせておこう
という作戦らしい。

私の思い過ごしかもしれないんだけどね。
単に、ふうちゃんが行きたいだけなのかもね・・・

というわけで、生まれて初めての大相撲!!

Img_6151

西の結構いい席だったので、よく見えました。

それにしても、あの雰囲気は一種独特ですね。

呼び出しさんの澄んだ声、
行事さんの素敵な装束、
そして、お相撲さんの、風格ある姿

それより何より、、テレビでは感じられない
館内の、ごひいきさんのかけ声やら、
場内の案内の声など、

ああ、これが大相撲なのかと、
ちょっと、感慨深いものがありました。

Yokoduna1

ただねえ・・・・・・・

今日が、3日目の平日だったせいか・・・・

場内はガラガラだった・・・・・・

ふうちゃん曰く

「昔だったら、考えられないなあ、2日前にネットで枡席が
取れるなんて、あり得なかったよ」

そうなのよね、ふうちゃんは、
昔から大相撲を見に行っていたの。

若貴の頃には、当日席しか売ってなかったらしい。
それも、並んで買ったのだとか。

当日席というのは、二階の一番後ろで立ち見だったんだと!

それだけ、相撲の人気が落ちているということでしょうか。

日本の国技なのにね・・・・
伝統文化なのにね・・・・・

相撲の復興、再建を、本当に真剣に考えて欲しいですね。

それには、なにより、日本人の横綱が必要でしょう!!

頑張って!稀勢の里、琴奨菊!!

オペラ座の怪人

生まれて初めて、ミュージカルを見に行った。

オペラ座の怪人です。

たまたま申し込んだ、共済会のくじに当たって
ご招待されたのです。

これまで、本物にはあんまり縁がなくて、
劇もあまりいったことがないのだけど、
それが、ミュージカルとなると・・・・

もう、前に見たのは、子供だましのような
素人劇ぐらいなものでして、
つまるところ、これが生まれて初めて、
といってもやぶさかではないと思う。

結論から言うとですね、

すごーーーい、迫力だった!!

やっぱり、高いお金を出してまで見る
(9800円の席だったの)
というのは、それだけのことがあるということですね。

主人公の怪人を演じていた方の
声量が、とっても素晴らしかった!

まあ、私は全くの素人ですから、
もっと上には上があるのでしょうけど、
オーケストラをバックに、あれだけ歌えるというのは、
やっぱりすごいなあと思ってしまいます。

家路につく間中、ずっと、
最初の序曲・・・

ほら、例の・・・・ジャジャジャジャーーーンていう
有名な、曲が耳に残って、仕方がありませんでした。

ほかにも、何曲か、気になる曲が
あるにはあったのですが、
私たちが、歌えるような、簡単な曲ではないような気がします。

そのあたりがちょっと、残念だったかなあ。

もうすこし、誰の耳にも、わかりやすくて
歌いやすいような曲が、あればもっと
よかったようにも、思うんですけどね。

それに、ミュージカルですけど、
これはもう、オペラという感じでした。
ほとんど歌ばかりで、台詞を言う場面は
ほんの少しでしたから。

ちょっと、これは、私の一方的な意見ですけど
日本語の言葉って、歌にすると、ちょっと
違和感を感じます。

日本語が美しく聞こえるのは
五七調ですよね、やっぱり。
普通の話し言葉を、歌にして歌うと
なんだか、ぴんとこない感じです。

ミュージカルを、あちらの言葉で
聞けば、美しく聞こえるのかもしれません。

・・・・・・
といったら・・・・・・

ふうちゃん曰く・・・・・

「ブロードウエイでキャッツを英語で聞いたが、
意味がわからず、眠くなったぞ」

・・・・・

確かにね・・・そりゃ、私も眠くなりそう・・・

まあ、英語をしっかり勉強して
わかるようになったら、
あちらで聞いてみたいものです。

いつのことやら・・・・そんな時が
くるといいですけど・・・

それにしても、日曜日のせいでしょうか、
昼の1時からの公演、満席でしたね。

もうずっとやってるのに、それでも、
こんな状態ともなれば、劇団四季は、
すごいですね。

帰ってきたふうちゃん、

次は、「キャッツ」へ行くぞ!
と、宣言して、さっさとネットで
券を予約しておりました。

今まで、どこへも行けなかった分を
取り戻すつもりのようです。

ハングル文字

実は、最近韓国語を娘と一緒に習っている。

何で今更、、韓国語なのか?

といわれそうだけど、別段特に意味があるわけじゃないのです。

このところの人気の、韓国ドラマにはまったから
というわけでもないのです。

確かに、韓国ドラマはおもしろいけど・・・

娘のお友達に、韓国人とのハーフの方がいて、
高校時代から、とても仲良し。

その方が、ご家庭の事情で韓国に帰ってしまった。

それで、娘はそのお友達に会いに行きたいのです。

珍しく、娘の方から、

「韓国語の勉強がしたい」といわれて、ちょっとびっくり!

それで、ネットで探してみたら、ありましたね。

「無料で韓国語を教えます」という場所が。

その普及講座に行ってみたのが、きっかけです。

1ヶ月の普及講座で、ハングル文字の基礎を習ってみた。

そうしたら、あの、不思議な、なぞめいた文字が
読めるようになったのです。

ちょっと驚きでした!!

まあ、単に読めるだけですけど・・・・・

意味の方はさっぱり、ちんぷんかんぷんなんですけどね。

でも、それってすごく感激するんですよ。

ハングル文字が読める!!ってね。

それで・・・・・・・

結局、つまるところ、習う羽目になっちゃった。

「せっかく覚えたんだから、もう少しやってみたら」

「語学は、一人でやるより、二人の方が楽しいし、やりやすい」

という、ふうちゃんのお言葉に甘えて。

今度はしっかり、お金を払って、二人して習っております。

アンニョンハセヨ!(こんにちは!)

セヘポック、マニ、パットゥセヨ!(明けましておめでとう!)

源氏物語・・千年の謎

久しぶりに家族で映画に出かけた。

久しぶりです、3人で映画に行くのは。

これからは、どこへでも行ける・・・・

不思議な感じがします。

今までは、母のことが頭から離れなかったので

何をするにも、どこへ行くにも、まず母でしたから・・・

門限6時の人間・・・

ずっとそんな状態でしたから、

何でもできる、いつでもOKという感覚に違和感を感じます。

さて、久しぶり見たのが、「源氏物語」というのは、ちょっと、不思議。

ふうちゃん(主人)が、私の好みに合わせてくれた
というわけですの。

源氏物語大好き人間の私です。

さて、それが映像になるとなると・・・ちょっと不安でした。
光源氏がどんなふうになるかなあと・・・

生田斗真主演・・・・・

正直言えば、期待しておりませんでした。

ところがねえ、これがちょっと期待以上でしたの。

かっこよかった、似合ってましたね、不思議と。

それに、六条御息所への見方が変わりました。

これも、年のせいかしらね・・・・

今までは、私の好みはひとえに、紫の上でしたから。

女人の持つ怨念みたいなものは、確かにあると
思えるようになりました。

人間、多種多様、善人ばかりじゃないのが
世の中というもの・・・・・

誰の中にも、あるものではないかと思いますものね。

娘は、ひたすら、生田斗真に魅せられておりました。

「かっこいい!!」

ふうちゃんはね、・・・・・

「紙は、当時貴重品だったのだろうな」

というのが、感想だそうです。

それぞれ、同じものを見ても、考えることは
三者三様・・・・

我が家は、それでも仲良し家族です。

お久しぶりです

本当に、お久しぶりです。

皆様お元気でいらっしゃいましたか?

なんといったらいいのか・・・・・

あんまりごぶさたしたので、きっと、皆さんに忘れられちゃってますね。

まずはじめに、ご報告を・・・・・

新年早々ですが、おめでたくないお話をして申し訳ないですが・・・・

母が、父の元に旅立ちました。

去る12月12日のことでした。

私の介護も、終わりを告げたというわけです。

というわけで、今年は「おめでとう」は省略いたします。

いろいろあった去年、私も本当にいろいろありました。

思い出しながら、少しずつ、本当のお話をしてみたいと思っております。

どうぞ、今年が皆様にとって、よい年でありますよう、

心からお祈りしております。

« 2011年1月 | トップページ | 2012年2月 »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ピーコのブログ仲間

  • ホタルと月の国
    絵をお描きになる、浜辺の月さんのブログです。 油彩、水彩、鉛筆、パソコンなど、何でも使って描かれた素敵な絵が、たくさん載っています。絵を描くことの楽しさや、感動が伝わってくる気がします。
  • 信濃はまほろば
    信濃追分に週末住宅をおもちの、ヘンゼルさんのブログ。 自然、ひと、美しい物すべてを、素敵な写真で表現されています。
  • ふうちゃんの軽井沢滞在日記
    ふうちゃんが軽井沢から滞在中の出来事を発信しています。さらに、東京からの発信もあります。
  • ひとりごと
    絵をお描きになる、ぴえろさんのブログです。 日々の暮らしを楽しんでいらっしゃる様子が、素敵な絵と文章で表現されています。表情豊かな人物の絵がとても魅力的です。
  • ひなたぼっこ
    いろいろなことに、興味津々のタムさんのブログ。 あちこちにいらっしゃって、素敵な写真がいっぱいです。名前通り、心がぽかぽか、ほっとするひとときが待っている場所ですね。

ピーコのおすすめ!

  • ピーコ&ふうちゃんの部屋
    ピーコと、ふうちゃんが最初に立ち上げたHP! さっぱり理解できないパソコンと格闘して、どうにか作った代物です。
  • P&F in Karuzawa
    ピーコとふうちゃんのお部屋からおいだされたふうちゃんが、独立!軽井沢の風景、内田康夫の名所案内、軽井沢滞在日記などがあるHPです。

acces