フォト

軽井沢の花たち

  • ツリフネ
    軽井沢の庭に咲く花を集めてみました。東京では見られない花がたくさんあるのに、驚きます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« おわら風の盆・・・4 | トップページ | 高峰高原から池ノ平へ »

高峰高原

この夏、一番の収穫は
高峰高原に出かけたことでしょう。

なにせ、
一夏に、4度も出かけたんですから。

高峰高原・・・・・・
ご存知でしょうか?
長野県小諸市にあります。

これまでにも、何度も書いていますけど
私は、出不精でして、
どこかへ行くのは、得意じゃありません。

軽井沢に滞在していても
殆ど、家にいるばかりで、
そこからどこか他へ、出かけようなんて
思う人間じゃないのです。

だけど、なにせ、ふうちゃんがねえ・・・・

「おい、行くぞ!」ですからね。

「おい、行くぞ!」の、人間は
自分で運転して、
勝手に行ってくれればいいのだけど
これが、また、困ったことに
運転しないんだから・・・・
巻き込まれる方は、
たまったものじゃありません。

それで、
私としては、妥協案を出すわけです。

「近場なら、行ってもいいかも・・」と。

軽井沢の近場・・・

それじゃあ、小諸あたりかな・・
てな、具合で
行くことになったのが、
高峰高原だったというわけです。

軽井沢の我が家から、
車で約30分。

山道を、上っていくと
広がっている、高原です。
軽井沢は標高1000メートルぐらいですが
高峰高原は、更に高く
約2000メートルでしょうか。

Kiri1

7月の始め、
軽井沢を早朝出発して
高峰高原を目指しました。

しかしながら、
この山道、とんでもなく急なんですよ。
つづら折れでして、
我が家の、おんぼろ車では
登るのも大変でした。

まったくねえ、
この、ちーっとも動かない車には
本当に、閉口しました。
なにせ、14年も乗っている車で
ナビも付いていなければ
カーステレオもない、
今時の車に普通付いているだろうと
思われる、便利な装置なんて、
全く付いてない、原始的な車なんです。
まあ、原始的でも、ちゃんと
走ってくれれば、私としては、
文句はないんですが、
こう、山道を登れないとなると
困ってしまいます。

その結果・・・・ちょっとした
サプライズに発展するんですけどね。
そのお話はまたこの次にでも。

早朝・・・・

そう、軽井沢を、早朝に出かけたんです
6時頃だったでしょうか。

Kisuge1

30分で着く場所に
何でまた早朝に行くのか?
と、言われそうですね。

でもね、この時間がなんといっても
一番なんです!!

だって、
だーれも、だーれも、いない
高原をみられるんですから。

人っ子一人いない高原
静かでいいですよーーーー

美味しい空気も、
美しい景色も、
広い、広い青空も、
一人占めできちゃうんですから!!

青空・・・・・・が・・・・
見えるはずだった・・・・・

だけど、この日は、
なんと、山の上は・・・・・霧だった!!

まあ、そんなこともありますよ。

しかしながら、
霧の高峰高原も素敵でした。
ニッコウキスゲが満開で
アサマフウロも咲いていて、
素敵な半日でした。

そう、半日・・・

人々が登ってくる昼頃には
私たちは、
お家にたどり着いていたのでした。

こんな贅沢が出来るのは
軽井沢に家があるお陰でしょうか。

Asamafuro1

写真は、ニッコウキスゲと
アサマフウロ、そして、
霧の高峰高原です。

« おわら風の盆・・・4 | トップページ | 高峰高原から池ノ平へ »

軽井沢から」カテゴリの記事

コメント

★浜辺の月さん、コメント沢山ありがとうございます。

そうですね、やっぱり、近いところに拠点があると、見られる物がたくさんあることになるようです。
でもね、写真はほんの一部です。このときの霧のニッコウキスゲの花達は本当に素敵でした。
霧の中に一本だけ立っている木も幻想的で、私は大好きでした。長谷川等伯の絵を彷彿させる感じで、「ああ、腕さえあったらなあ」としみじみ・・・・

高峰高原素敵ですね~~~。
いい感じの写真です。
特に、一枚目、これを撮れるのはやはり、ピーコさん
達が軽井沢に住んでいるからこそでしょうね。

★ヘンゼルさん、ご無沙汰いたしました。
コメントありがとうございます。

それに、早速お読み下さって、ありがとうございました。「風の盆」は・・・やっぱり、9月の3日間に行った方がいいみたいです。だけど、バスガイドさんの話では、ツアー客が一杯で、人だらけだそうです。
それこそ、真夜中になって、ツアー客がいなくならないと、本物の「風の盆」は、見られないと思った方がいいみたいですよ。一年中そのために、町の人たちは踊りやら、地方(唄)の練習をしているそうで、まさに、風の盆のためにある町と言っても過言ではないようです。
高峰高原は、素敵なところですね。すっかりお気に入りになりました。温泉・・ランプの宿だそうですね。
夜は星が綺麗なのではないかしら。一度泊まりたいとふうちゃんも、言っています。

ピーコさん こんにちは
風の盆のお話楽しく読ませていただきました。いつか機会があったら行ってみたいといつも思いながらだんだん遠くなってしまいそうです。
高峰の坂は急ですね。私も13年14万キロ走っているボロ車ですので結構大変です。がそれにもめげずに朝昼夜1年中機会があると登っていきます。先日は高峰温泉に泊まってすっかり気に入ってしまいました。晩秋にもう一度泊まってみたいと思っています。
高峰温泉は鳥や動物、星までも見せてくれます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142268/46295903

この記事へのトラックバック一覧です: 高峰高原:

« おわら風の盆・・・4 | トップページ | 高峰高原から池ノ平へ »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ピーコのブログ仲間

  • ホタルと月の国
    絵をお描きになる、浜辺の月さんのブログです。 油彩、水彩、鉛筆、パソコンなど、何でも使って描かれた素敵な絵が、たくさん載っています。絵を描くことの楽しさや、感動が伝わってくる気がします。
  • 信濃はまほろば
    信濃追分に週末住宅をおもちの、ヘンゼルさんのブログ。 自然、ひと、美しい物すべてを、素敵な写真で表現されています。
  • ふうちゃんの軽井沢滞在日記
    ふうちゃんが軽井沢から滞在中の出来事を発信しています。さらに、東京からの発信もあります。
  • ひとりごと
    絵をお描きになる、ぴえろさんのブログです。 日々の暮らしを楽しんでいらっしゃる様子が、素敵な絵と文章で表現されています。表情豊かな人物の絵がとても魅力的です。
  • ひなたぼっこ
    いろいろなことに、興味津々のタムさんのブログ。 あちこちにいらっしゃって、素敵な写真がいっぱいです。名前通り、心がぽかぽか、ほっとするひとときが待っている場所ですね。

ピーコのおすすめ!

  • ピーコ&ふうちゃんの部屋
    ピーコと、ふうちゃんが最初に立ち上げたHP! さっぱり理解できないパソコンと格闘して、どうにか作った代物です。
  • P&F in Karuzawa
    ピーコとふうちゃんのお部屋からおいだされたふうちゃんが、独立!軽井沢の風景、内田康夫の名所案内、軽井沢滞在日記などがあるHPです。

acces