フォト

軽井沢の花たち

  • ツリフネ
    軽井沢の庭に咲く花を集めてみました。東京では見られない花がたくさんあるのに、驚きます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 善光寺ご開帳・・・2 | トップページ | 善光寺ご開帳・・・4 »

善光寺ご開帳・・・3

回向柱にさわった私たちは、
拝観料を払って、
本堂内の前立本尊を
拝観することにしたのです。

だけどね、
本堂にある本尊を見るために
並んでいる行列は
本堂を出て、境内の
庭をぐるっと回って
いるんですよ。

その最後尾についたら
そこにいた、整理の方が
おっしゃるには、
「2時間待ちでしょう」とのこと。

回向柱に1時間半まって
やっとさわったばかりなのに
また2時間・・・・・

もう、半分、あきらめの
心境でただ、ただ、ぼんやりと
待っておりました。

ひたすら待っていると
そのうち、どうにか本堂の中に
入ることができて
まず見たのは、
例の、回向柱からつながっている
善の綱です。

虹色に染められている
細い糸みたいな綱でして
それが、お堂のなかを
真っ直ぐ前立本尊に向かって
走っているのです。

でも、お堂の中は
あんまり明るくないので
実際に、その綱が本尊の指に
つながっているか、どうかまでは
確認できなかったんですけどね。

さて、
7年に一度しか見られないという
前立本尊ですけど、
これが・・・・・
実際に見ると、小さいんです。
本尊の両脇に控えている
地蔵菩薩も、弥勒菩薩も
結構大きい立派な仏像なんですが
肝心の本尊さまは、
小さい、可愛い仏様なんですね。

一光三尊阿弥陀如来像・・・・
と言うのが正式の名前だそうで・・・
まあ、仏像に関心のない
私としては、そういわれても
どうもぴんと来ません。

拝観の説明書によれば、
要するに、
光背を一つにして、一緒に
3体の仏様がくっついている
という、仏像なんです。

でまあ、ここで私は
しっかりお祈りをしたわけです。

一つは、母の長寿ですが
もう一つは、何と言っても
あれですよ。
我が家の脱走トラの
早いご帰還!!

正直言えば、不信心な私は
この仏様の御利益が
本当にあるなんてことは、
あんまり、
考えていなかったんですけど・・・・

そんなこんなで、
内陣参拝を終えてみれば、
すでに、もう時間は昼を過ぎていた。
そりゃ、そうよねえ、
朝、8時に長野駅についてから
すでに、4時間以上は経っている
わけなんですから。

お腹もすいてきたから
そろそろ、帰ろうかと・・・・
私は、思っていた・・・・・

4時間の立ちっぱなしは
こたえますよね。
最近すっかり足腰が
弱ってきたし、
なにせ、椎間板ヘルニアの
持病以来、右足が疲れてくると
つる癖がついていしまって、
立っているのが、大変なんです。

しかし・・・・・
仏様の好きなふうちゃんは
また言うのです。

「どうせ来たのだから、
『お戒壇巡り』もやろうじゃないか」と。

『お戒壇巡り』????

お寺に詳しい方や、
仏教に詳しい方は、ご存じかも
知れませんね。
でも、私は、全くそういったことは
門外漢でして、
いったい何のことだろうと、
不思議に思っておりました。

『お戒壇巡り』とは、
本堂の下の真っ暗な回廊を歩いて
本当に秘仏になっている
ご本尊様の真下にある
「極楽の錠前」なるものに
触ってくることなんですって。

つまり、
秘仏のご本尊様と
錠前を通して、結縁するって
ことなんだそうです。

なんだか、わかったような
わからないような、不思議な
儀式ですよね。

ふうちゃんは、昔善光寺に
来たことがあるそうで、
その時に、
戒壇巡りをやったことがある
そうなんです。

私は・・・・・・
実は、一度だけ、学生時代に
善光寺に来たことがあるんですが、
仏様にはほとんど関心もなかったので
お参りぐらいはしたと、思うんですが
そんな、儀式をやった記憶がない・・・
覚えているのは・・・・

善光寺の裏手にいた
おばさんが売っていた
リンゴを買ったことだけです。
あれは美味しかった!!!

さすが、信州はリンゴの産地だと
しみじみ思ったのを
何故か今でも覚えているんです。

え?
あなたの記憶は、
食べ物ばかりだって?!!
そういや、そうだなあ・・・
木曽路も、五平餅のことだったし・・
私って、食べ物の記憶だけが
鮮明な人間だったのねえ・・・

あらら・・・また脱線した・・・

すいません、
話を戻しまして
ふうちゃんが、『戒壇巡り』を
やろうというので、
それじゃあと、外に出てみると・・・

なんと・・・・
なんと・・・・

そこにもまたしても・・・・
ながーーーい、行列が・・・・・・・

ああ・・・・
善光寺ご開帳は、
行列することだったのねえ・・・

と言うわけで、
またしても、行列の尻尾に
つながることになった
私たちなのでした。
それでは、最後のお話は
また明日。

« 善光寺ご開帳・・・2 | トップページ | 善光寺ご開帳・・・4 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

★たま吉さん、いらっしゃいませ。

そうなんですか、志の輔さんは、善光寺近くで落語会をなさっているんですか。それなら、ご存知でも不思議はないですね。おいしい焼き鳥屋さん・・・いいですねえ。
おいしい蕎麦を食べようと、ふうちゃんは思っていたらしいのですけど、何せ、終わったのが午後の3時近くでして、おいしい場所を探す、気力がなくなっちゃってましたね。
ただもう、何でもいいから食べようと思うばかりでして。
その後、東山魁夷美術館に行く予定でしたので、近くのレストランで食べました。あんまりおいしくなかったようですよ。
結論は・・・・連休には静かに家にいるべし・・ですね。

志の輔さんがどうしてそんなコト知ってるかとお思いでしょう。
あのね、志のさんは毎年善光寺近くで落語会しているのですよ。
で、いろいろ知ってるみたいです。
レプリカも善光寺の住職から聞いたそうですよ(笑)
枕で、
美味しい焼き鳥屋さんがあることも教えてくれました~~

★ちゃぐままさん、いらっしゃいませ。

御利益は・・・しっかりありましたよ。
だって、放蕩トラが、帰ってきましたもの。フフフ、
本当に信じられない気持ちですの。だって、ちょうど、お参りしたその晩、東京の母に電話したところ、飛び出してから10ぶりに帰ってきたんですから。帰ってきたトラに、言っているんです。「おまえねえ、夢枕に仏様が立ったんじゃないの、家族が心配しているから、もうお帰り」ってね。
芸大美術館ですか、一度だけ行ったことがあります。
夕方でも並んでいるなんて、すごいですね。このところ、仏像が人気だそうで、阿修羅も○時間待ちとか、良く聞きます。
なんでも、並ばないと、見られない時代なんですねえ。

こんにちは!
ご開帳のニュースはテレビで見ました。
並んで、待って、待って、御利益のほどはいかがでした?
人出の多い連休に、苦労したことだけでも、やはり努力した充実感はあると思います。

並んで、並んで・・は、上野の芸大美術館のリニューアルオープンの12月に、夕方2時間半も並びました。
延長時間の8時に外に出たときは真っ暗。
一人で上京していたので、とても心細かったのです。
その時は我が家の「ふうちゃん」はいなかったものですから。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142268/44946052

この記事へのトラックバック一覧です: 善光寺ご開帳・・・3:

« 善光寺ご開帳・・・2 | トップページ | 善光寺ご開帳・・・4 »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ピーコのブログ仲間

  • ホタルと月の国
    絵をお描きになる、浜辺の月さんのブログです。 油彩、水彩、鉛筆、パソコンなど、何でも使って描かれた素敵な絵が、たくさん載っています。絵を描くことの楽しさや、感動が伝わってくる気がします。
  • 信濃はまほろば
    信濃追分に週末住宅をおもちの、ヘンゼルさんのブログ。 自然、ひと、美しい物すべてを、素敵な写真で表現されています。
  • ふうちゃんの軽井沢滞在日記
    ふうちゃんが軽井沢から滞在中の出来事を発信しています。さらに、東京からの発信もあります。
  • ひとりごと
    絵をお描きになる、ぴえろさんのブログです。 日々の暮らしを楽しんでいらっしゃる様子が、素敵な絵と文章で表現されています。表情豊かな人物の絵がとても魅力的です。
  • ひなたぼっこ
    いろいろなことに、興味津々のタムさんのブログ。 あちこちにいらっしゃって、素敵な写真がいっぱいです。名前通り、心がぽかぽか、ほっとするひとときが待っている場所ですね。

ピーコのおすすめ!

  • ピーコ&ふうちゃんの部屋
    ピーコと、ふうちゃんが最初に立ち上げたHP! さっぱり理解できないパソコンと格闘して、どうにか作った代物です。
  • P&F in Karuzawa
    ピーコとふうちゃんのお部屋からおいだされたふうちゃんが、独立!軽井沢の風景、内田康夫の名所案内、軽井沢滞在日記などがあるHPです。

acces