フォト

軽井沢の花たち

  • ツリフネ
    軽井沢の庭に咲く花を集めてみました。東京では見られない花がたくさんあるのに、驚きます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 善光寺ご開帳 | トップページ | 善光寺ご開帳・・・3 »

善光寺ご開帳・・・2

さて、回向柱に触る人の列に
並んだ、ふうちゃんと私。
待つこと1時間・・・・
だいぶ進んだなあと思う頃に
マイクを持った、整理係の人が
この列が、柱に触る人の列だと
説明してくれて、
前立本尊をみる列ではないと
初めて知らされることになった。

もうちょっと早く、教えて欲しいわよ!

とにかく、もう、後少しで
回向柱にさわれるわけですから
今更、列を離れるわけにも行かず
そのまま、じっと待って
1時間半後に、なんとか
柱にさわれたというわけ。

触った時間は・・・・・
ほんの、10秒ほど・・・・・
うーん・・・・・・
何なのこの時間の差は・・・・

で、まあ、これでおわりかと
おもいきや・・・さにあらず・・・・

横を抜けると、
今度は、ご本尊を近くで見られる
という、内陣参拝をしようと
ふうちゃんが言うのです。

まあ、ここまでやってきたのですから
本尊を見ないで帰るのも
何とも寂しい、気がしますよね。
そこで、拝観料を払って
中に入ることにしたのです。

ところが、ところが・・・・
これもまた・・・
並んでいる・・・・
ながーーーい行列・・・・・

えーーーーまた待つの??

どうも、私は不信心でして、
仏様に怒られちゃうかもしれません。

あのね、
ご存知でしょうか?
「牛に引かれて善光寺参り」
という言葉があるのを。

境内にシッカリ説明が書いてあった。

なんでも、
今の小諸のあたりに
不信心で強欲なおばあさんが
いたんだそうです。
ある日、そのおばあさんが
川で布をさらしていたら
牛がやってきて、その布を
角に引っかけて持っていってしまった。
その布を追い掛けていったら
善光寺に着いたとか。
その牛は、仏様の化身だったそうで
以後、おばあさんは、信心深い
善良な人間になったんだと・・・・

Zenkoji3

なんだか、
私の事みたい・・・・

牛に引かれて、じゃなくて
ふうちゃんに引かれて、
善光寺参り・・・だものねえ。

え?
善良な信心深い人間に
成ったかって?
いえ、いえ、もちろん・・・・
そんなに、簡単に信心深くなんて
なるわけないでしょう・・・ホホホ・・・

さて、
ここで、少しばかり善光寺のお話を。

善光寺に何でこんなに人が
やってくるかというと、
このお寺、なんと宗派を問わない
のだそうです。

日本中に、それこそ、いろいろな
宗派の仏教がありますよね。
ふうちゃんの家は
日蓮宗ですし、私の実家は
浄土真宗です。
普通は、お寺さんは、それぞれの
宗派ごとに、門徒さんがいるわけで
違う宗派は、お参りにこない。

だけど、この善光寺さんは
違うんですって。
そういえば、母方の祖母も
一生に一度は善光寺参りに
行かなくちゃと、言って
出かけていったという話を聞きました。

要するに、
どんな宗派の人間も
このお寺さんには、お参りに
行かなくちゃと思うらしいのです。

だから、こんなに人が多いのねえ・・・

おまけに、今回は
7年に一度というイベントも
重なって、余計に多くなったということ
でしょうか。

その多い人が
全部本堂に入ろうとしたら
それこそ大変です。
そこで考えられたのが
この、おかしな(不思議な)回向柱
ということなのかも。
柱という手段を使って
人がいっぺんに入ってこないように
しているのでしょうね。

さて、さて、
その、善光寺の前立本尊ですけど、
実はね、これって、
レプリカなんですよ!!

えっ------!!
って、思っちゃいますよね。

本物の、本物の本尊様は
秘仏!!

出てこないんです!!

なにせ、ご本尊様は
欽明天皇の御代に、百済から
わたってきたという、
日本最古の仏像なんですから。

ですからね、
これは、絶対に人目にさらさない
秘仏!!なんですって!!

でね、
それじゃああんまりだと言うことで
その、ご本尊様のレプリカを
鎌倉時代に作ったんだそうです。
それで、
ご本尊様の前に立ってもらった
というわけ・・・・・
だから、名前が前立本尊・・・・
な-るほどねえ・・・
妙に納得出来る名前じゃありませんこと!

なんともまあ、
とんでもなく、ご大層な
仏様なんですよ。

その、前立本尊すら、
7年に一度しか見られないわけ
ですものねえ・・・・

それで・・・まあ、
その前立本尊を見るために
ふうちゃんと私は、
またしても長い行列に
並んだという話は、明日また。

« 善光寺ご開帳 | トップページ | 善光寺ご開帳・・・3 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

★たま吉さん、いらっしゃいませ。

楽しい連休をお過ごしだったのですね。
我が家も、軽井沢で遊んでいた・・・と言うより、実は、庭掃除をしていたというのが、本当のところです。ほとんど毎日、せっせと庭の草取りをしておりました。疲れたーーー
善光寺のご本尊様がレプリカというのを、落語の枕にしているんですか・・・そりゃまた、進んでいる落語ですね。志の輔さんも、やりますね。
本当に、レプリカを見るために、あんなに長い行列ができるなんて、本当に信じられない気持ちですね。ふうちゃんがどうしても見ると言わなければ、私だけだったら、さっさと帰って来ちゃっていると思います。何せ・・・信仰心が薄いもので・・・
なんて言うと、怒られちゃうかなあ・・・トラも帰ってきたことだし、御利益もしっかりあったんですものねえ。

★ばた子さん、いらっしゃいませ。

そうなんですよ、前立本尊って、レプリカ・・・というと、聞こえが悪いですけど、要するに身代わりなんですって。
それでも、鎌倉時代の作だそうですから、一応由緒ある仏様ではあるんですけどね。とにかく、本物のご本尊様は秘仏も、秘仏、全く出てこないご大層な仏様なんです。
それに関しては、縁起で、いろいろ書いてありましてね、これが結構面白かったです。
日光は何度か行ったことがあるんですが、レストランとはほとんど縁がなくて・・・というか、仕事で行くことが多かったものですから、(つまり、小学生のお供でして)「シェ・ホシノ」も行ったことがありません。素敵なレストランなんですか?
美味しいお料理食べてみたいですねえ・・・

お久しぶりですぅ。
ひとり気まま旅で遊び呆け、GWでまたまたぐっつり遊び、
やっときょうパソに向かっています。

善光寺ご開帳に行かれたのですね!
すごい人だったでしょう。
ご本尊さまがホンモノじゃないって話、
私は志の輔さんの落語の枕で聴いてましたよ(^^ゞ
あんなにありがたく長時間並んでいるのにねぇ(苦笑)

善光寺には何度も行っているのに、「前立本尊」が
レプリカとは知りませんでした!!
そうなのですか。だから、前立なのですね。
百済とはなんとも懐かしい歴史の授業を思いました(笑)

話は変わりますが、日光にある「シェ・ホシノ」という
レストランをご存知ですか。
すごくおいしいので、今度日光を訪れた際には是非(*^ー^*)ノ

http://shibuya.cool.ne.jp/chezhoshino/

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142268/44928837

この記事へのトラックバック一覧です: 善光寺ご開帳・・・2:

« 善光寺ご開帳 | トップページ | 善光寺ご開帳・・・3 »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ピーコのブログ仲間

  • ホタルと月の国
    絵をお描きになる、浜辺の月さんのブログです。 油彩、水彩、鉛筆、パソコンなど、何でも使って描かれた素敵な絵が、たくさん載っています。絵を描くことの楽しさや、感動が伝わってくる気がします。
  • 信濃はまほろば
    信濃追分に週末住宅をおもちの、ヘンゼルさんのブログ。 自然、ひと、美しい物すべてを、素敵な写真で表現されています。
  • ふうちゃんの軽井沢滞在日記
    ふうちゃんが軽井沢から滞在中の出来事を発信しています。さらに、東京からの発信もあります。
  • ひとりごと
    絵をお描きになる、ぴえろさんのブログです。 日々の暮らしを楽しんでいらっしゃる様子が、素敵な絵と文章で表現されています。表情豊かな人物の絵がとても魅力的です。
  • ひなたぼっこ
    いろいろなことに、興味津々のタムさんのブログ。 あちこちにいらっしゃって、素敵な写真がいっぱいです。名前通り、心がぽかぽか、ほっとするひとときが待っている場所ですね。

ピーコのおすすめ!

  • ピーコ&ふうちゃんの部屋
    ピーコと、ふうちゃんが最初に立ち上げたHP! さっぱり理解できないパソコンと格闘して、どうにか作った代物です。
  • P&F in Karuzawa
    ピーコとふうちゃんのお部屋からおいだされたふうちゃんが、独立!軽井沢の風景、内田康夫の名所案内、軽井沢滞在日記などがあるHPです。

acces