フォト

軽井沢の花たち

  • ツリフネ
    軽井沢の庭に咲く花を集めてみました。東京では見られない花がたくさんあるのに、驚きます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

嫌われもの

このところすっかり、
トラに嫌われている。

トラ・・・・
メタボの、オス猫、我が家の王様です。

まあ、大体が・・・
私はトラに嫌われては、
いたんですけどね。

なにせ、
私は、トラをこね回す。
だって、可愛いんだもの。
つい、触りたくなるじゃないですか。

おまけに、
このところ、すっかりトラの
餌係を、廃業してしまった。
だって、
トラの餌係は母なのだから。

だけど・・・・
だけど・・・・
このところのトラは、
全く私に寄りつかない。

私の顔を見ると、
プイと、横を向いて、
さっさと、回れ右をするのだ。

そりゃないだろうが・・・・
こんなに、可愛いと思っているのにさ。
こんなに、愛しているのにさあ・・・

もっぱら、私の
片思いなのですよ。
すっかりこのところね。

何故か!!!

じつは、
ここ数日、私はトラの後を
追い回しているのだ。

「トラ、ちょっとここに座ってよ」

「トラ、こっち向いてよ」

「トラ、寝てないでよ」

「トラ、ダメだって、そっちじゃないよ」

フフフ・・・・
何やってると思いますか?

そうなの・・・・
トラの絵を描こうと、頑張ってるの。

描きたいトラの絵は
目がパッチリ開いた、
可愛い姿なんですよ。
ですからね、
トラに、眠られたら、ダメなの。

ところが、
トラは、お腹が一杯になると
すぐ、丸くなって寝込んでしまう。

たまたま、いい具合に
可愛い目を開けているときは、
とにかく、動く。

右を向いている絵を
描きはじめれば、
すぐに、顔を逆にしてしまう。

「おいおい、そりゃないだろうが・・・
右向きを描いているのよ。
ちょと、こっちに向いてよ」と
顔を、右に向かせると・・・・

「五月蠅いなあ・・・
僕は、こっちを向きたいのさ
あんたの、勝手にはならないよ」
ってな具合でして・・・

とにかく、トラの向きを
追い掛けて、私は
あっちへ、行ったり、
こっちへ行ったり・・・・

トラの顔を無理矢理
動かしたりしているものだから
トラにすれば、とんでもなく迷惑らしい。

すぐに、嫌気がさして、
逃げ出されてしまうのです。

私は、元々デッサンが苦手。
そこへ持ってきて、
相手が動くとなると、
本当に、描くのは難しいなあと
思うのであります。

そこで、先日、絵画教室で
先生に、聞いてみた。

「私、動くものをデッサンするのが
全く苦手なんですけど・・・」ってね。

そうしたら、先生曰く・・・・

「僕が昔、絵の予備校に行っていたときに
動物のデッサンをしたことがありましてね、
その時、二種類の人間がいましたよ」

「二種類の人間?」

「つまり、動物が動いても、全く気にせず
描いている人と、動く動物を追いかけ回して
同じ形を追い掛けている人間とね」

うーん・・・・・成る程ね。
そういうわけですか・・・・

どうやら、私は、追いかけ回す方らしい。

野球の名選手がよく
球が止まって見える、という。
動体視力というのだそうだけど、
動いているものが、
一瞬止まって見える人間がいる・・・
ってことらしい。
だから、いくら相手が動いても、
一瞬の姿を、描き出せるのだろう。

それって、凄い人だなあと、
おもいませんか?
結局のところ、それって、
練習なのかなあ・・・・

とにかく、
以来、トラは、全く私に寄りつかない。
寄りつかないトラを、
追いかけ回す日々が続いている。

さて、トラの絵は、
いつになったら、描けるのだろうか・・・

善光寺ご開帳・・・4

ご無沙汰でした・・・
すいません、ご開帳の話・・すっかり
きが抜けた山葵状態ですね。

実は、昨日から軽井沢におります。
すっかり緑になってしまった景色。
新緑の緑って、本当にきれいです。

庭には、チューリップや芝桜などが
まだまだ、満開です。
こちらは、花の咲いている期間が
本当に長いですね。

花壇を作ろうと
思い立ちました・・・・
その話をする前に・・・・

やっぱり、善光寺の話の結末を!

えーっとなんだったっけ・・・・・
そうそう、
戒壇巡りをしようと、
またしも、行列に並んだのでした。

待つことやはり2時間・・・・
ぐるっと、善光寺の本堂の周りを
一周している行列なんです。

本堂の周りに
物語が書いてあった。
善光寺縁起といわれる
もののようでした。

これが結構面白かった。
何しろ、2時間待つんですからね
暇なんですよ。
ついつい、しっかり読んでしまった。

なんでも
この仏様が、川の中から
本田善光(ほんだよしみつ)
って言う人が通ったときに
「よしみつ、よしみつ」って
呼んだんだそうです。
でまあ、善光寺なのよ。

え?何の話かさっぱり分からないって?
そりゃ、そうかも、
ずいぶん、省略しちゃったものね。
詳しく知りたい方は、
こちらを見てくださいませ。

善光寺縁起です。
http://www.zenkoji.jp/about/index3.html

さて、
2時間待って、戒壇めぐりを
やったのです。

真っ暗なんですよ。
本当に真っ暗!!

なーーーんにも見えないの。
右手の壁を触りながら、
そろそろ、恐る恐る、進むんです。
まあ、前に人がいるわけで
ぶつかると、とまる、また進む・・
その繰り返しでして。

以前、ふうちゃんが来たときには
人なんか全然いなかったので
すごく怖かったそうです。
前に誰もいないわけですからねえ、
真っ暗な中を行くとなると、
そりゃ、怖いかも・・・。

入り口に、注意書きがあった。
「バックや、懐中にご注意!」

なるほどね、
すりや、泥棒には、
絶好のチャンスかも。
だって、
なーーんにも見えないんだもん!
盗まれたって、わかりゃしない。

だけど
泥棒も、見えないんだよねえ・・
どうやって盗むんだろう?

とにかく、
バックをしっかり、握って、
腕の中に抱えて、
そろそろ、恐る恐る、進んだわけ。
すると・・・・
そのうち、人々の声が・・

「ここよ、ここ!
あるわよ、これよ!」

そうなんですーーー
例の、錠前ですね。
どうやら、真ん中にたどり着いたらしい。

私も、ガチャ、ガチャと
錠前に触ってみました。
これが、秘仏中の秘仏の
ご本尊様につながってる錠前なのか
と、しみじみ思いながらね。

で・・・・・
まあ、戒壇巡りは、これでおしまい。
2時間待って、
触った時間は、またしても、
ほんの1分程度。

終わってみれば、
もうすっかり、午後・・・
おなかはすくし、
足は棒のようだし・・・・・
疲れだけが、どっと押し寄せて
きたわけなんです。

善光寺さんって、
賢いお寺だなあと、
しみじみ思いましたね。

だって、
7年に一度しか、出てこない
秘仏を、見せるわけですよ。
そりゃ、見たいという人が
わんさかやってくるじゃないですか。

おまけに、秘仏中の秘仏に
つながる錠前なんて、作っちゃって
触りたいって、思うじゃないですか。

人間の心理をうまーーく
利用しているなあ・・・
って、思いませんか?

それにしても、
この日のテレビ・・・
しっかり、善光寺ご開帳を
やっていた。
人が、わんさかやってきたという
ニュースをね。
この日一日で何人の人が
やってきたのだろう?
一人500円の拝観料で
いくら儲かっちゃったのかなあ・・・

え?
そんな、不謹慎な計算なんかやったら
罰が当たるって?

すいません!!
罰が当たるわよねえ・・・
でも、今回は・・・・
ご利益のほうがしっかりあった。
なにせ、トラが、
ご帰還だものね。

善光寺の仏様
ありがとうございました。

善光寺ご開帳・・・3

回向柱にさわった私たちは、
拝観料を払って、
本堂内の前立本尊を
拝観することにしたのです。

だけどね、
本堂にある本尊を見るために
並んでいる行列は
本堂を出て、境内の
庭をぐるっと回って
いるんですよ。

その最後尾についたら
そこにいた、整理の方が
おっしゃるには、
「2時間待ちでしょう」とのこと。

回向柱に1時間半まって
やっとさわったばかりなのに
また2時間・・・・・

もう、半分、あきらめの
心境でただ、ただ、ぼんやりと
待っておりました。

ひたすら待っていると
そのうち、どうにか本堂の中に
入ることができて
まず見たのは、
例の、回向柱からつながっている
善の綱です。

虹色に染められている
細い糸みたいな綱でして
それが、お堂のなかを
真っ直ぐ前立本尊に向かって
走っているのです。

でも、お堂の中は
あんまり明るくないので
実際に、その綱が本尊の指に
つながっているか、どうかまでは
確認できなかったんですけどね。

さて、
7年に一度しか見られないという
前立本尊ですけど、
これが・・・・・
実際に見ると、小さいんです。
本尊の両脇に控えている
地蔵菩薩も、弥勒菩薩も
結構大きい立派な仏像なんですが
肝心の本尊さまは、
小さい、可愛い仏様なんですね。

一光三尊阿弥陀如来像・・・・
と言うのが正式の名前だそうで・・・
まあ、仏像に関心のない
私としては、そういわれても
どうもぴんと来ません。

拝観の説明書によれば、
要するに、
光背を一つにして、一緒に
3体の仏様がくっついている
という、仏像なんです。

でまあ、ここで私は
しっかりお祈りをしたわけです。

一つは、母の長寿ですが
もう一つは、何と言っても
あれですよ。
我が家の脱走トラの
早いご帰還!!

正直言えば、不信心な私は
この仏様の御利益が
本当にあるなんてことは、
あんまり、
考えていなかったんですけど・・・・

そんなこんなで、
内陣参拝を終えてみれば、
すでに、もう時間は昼を過ぎていた。
そりゃ、そうよねえ、
朝、8時に長野駅についてから
すでに、4時間以上は経っている
わけなんですから。

お腹もすいてきたから
そろそろ、帰ろうかと・・・・
私は、思っていた・・・・・

4時間の立ちっぱなしは
こたえますよね。
最近すっかり足腰が
弱ってきたし、
なにせ、椎間板ヘルニアの
持病以来、右足が疲れてくると
つる癖がついていしまって、
立っているのが、大変なんです。

しかし・・・・・
仏様の好きなふうちゃんは
また言うのです。

「どうせ来たのだから、
『お戒壇巡り』もやろうじゃないか」と。

『お戒壇巡り』????

お寺に詳しい方や、
仏教に詳しい方は、ご存じかも
知れませんね。
でも、私は、全くそういったことは
門外漢でして、
いったい何のことだろうと、
不思議に思っておりました。

『お戒壇巡り』とは、
本堂の下の真っ暗な回廊を歩いて
本当に秘仏になっている
ご本尊様の真下にある
「極楽の錠前」なるものに
触ってくることなんですって。

つまり、
秘仏のご本尊様と
錠前を通して、結縁するって
ことなんだそうです。

なんだか、わかったような
わからないような、不思議な
儀式ですよね。

ふうちゃんは、昔善光寺に
来たことがあるそうで、
その時に、
戒壇巡りをやったことがある
そうなんです。

私は・・・・・・
実は、一度だけ、学生時代に
善光寺に来たことがあるんですが、
仏様にはほとんど関心もなかったので
お参りぐらいはしたと、思うんですが
そんな、儀式をやった記憶がない・・・
覚えているのは・・・・

善光寺の裏手にいた
おばさんが売っていた
リンゴを買ったことだけです。
あれは美味しかった!!!

さすが、信州はリンゴの産地だと
しみじみ思ったのを
何故か今でも覚えているんです。

え?
あなたの記憶は、
食べ物ばかりだって?!!
そういや、そうだなあ・・・
木曽路も、五平餅のことだったし・・
私って、食べ物の記憶だけが
鮮明な人間だったのねえ・・・

あらら・・・また脱線した・・・

すいません、
話を戻しまして
ふうちゃんが、『戒壇巡り』を
やろうというので、
それじゃあと、外に出てみると・・・

なんと・・・・
なんと・・・・

そこにもまたしても・・・・
ながーーーい、行列が・・・・・・・

ああ・・・・
善光寺ご開帳は、
行列することだったのねえ・・・

と言うわけで、
またしても、行列の尻尾に
つながることになった
私たちなのでした。
それでは、最後のお話は
また明日。

善光寺ご開帳・・・2

さて、回向柱に触る人の列に
並んだ、ふうちゃんと私。
待つこと1時間・・・・
だいぶ進んだなあと思う頃に
マイクを持った、整理係の人が
この列が、柱に触る人の列だと
説明してくれて、
前立本尊をみる列ではないと
初めて知らされることになった。

もうちょっと早く、教えて欲しいわよ!

とにかく、もう、後少しで
回向柱にさわれるわけですから
今更、列を離れるわけにも行かず
そのまま、じっと待って
1時間半後に、なんとか
柱にさわれたというわけ。

触った時間は・・・・・
ほんの、10秒ほど・・・・・
うーん・・・・・・
何なのこの時間の差は・・・・

で、まあ、これでおわりかと
おもいきや・・・さにあらず・・・・

横を抜けると、
今度は、ご本尊を近くで見られる
という、内陣参拝をしようと
ふうちゃんが言うのです。

まあ、ここまでやってきたのですから
本尊を見ないで帰るのも
何とも寂しい、気がしますよね。
そこで、拝観料を払って
中に入ることにしたのです。

ところが、ところが・・・・
これもまた・・・
並んでいる・・・・
ながーーーい行列・・・・・

えーーーーまた待つの??

どうも、私は不信心でして、
仏様に怒られちゃうかもしれません。

あのね、
ご存知でしょうか?
「牛に引かれて善光寺参り」
という言葉があるのを。

境内にシッカリ説明が書いてあった。

なんでも、
今の小諸のあたりに
不信心で強欲なおばあさんが
いたんだそうです。
ある日、そのおばあさんが
川で布をさらしていたら
牛がやってきて、その布を
角に引っかけて持っていってしまった。
その布を追い掛けていったら
善光寺に着いたとか。
その牛は、仏様の化身だったそうで
以後、おばあさんは、信心深い
善良な人間になったんだと・・・・

Zenkoji3

なんだか、
私の事みたい・・・・

牛に引かれて、じゃなくて
ふうちゃんに引かれて、
善光寺参り・・・だものねえ。

え?
善良な信心深い人間に
成ったかって?
いえ、いえ、もちろん・・・・
そんなに、簡単に信心深くなんて
なるわけないでしょう・・・ホホホ・・・

さて、
ここで、少しばかり善光寺のお話を。

善光寺に何でこんなに人が
やってくるかというと、
このお寺、なんと宗派を問わない
のだそうです。

日本中に、それこそ、いろいろな
宗派の仏教がありますよね。
ふうちゃんの家は
日蓮宗ですし、私の実家は
浄土真宗です。
普通は、お寺さんは、それぞれの
宗派ごとに、門徒さんがいるわけで
違う宗派は、お参りにこない。

だけど、この善光寺さんは
違うんですって。
そういえば、母方の祖母も
一生に一度は善光寺参りに
行かなくちゃと、言って
出かけていったという話を聞きました。

要するに、
どんな宗派の人間も
このお寺さんには、お参りに
行かなくちゃと思うらしいのです。

だから、こんなに人が多いのねえ・・・

おまけに、今回は
7年に一度というイベントも
重なって、余計に多くなったということ
でしょうか。

その多い人が
全部本堂に入ろうとしたら
それこそ大変です。
そこで考えられたのが
この、おかしな(不思議な)回向柱
ということなのかも。
柱という手段を使って
人がいっぺんに入ってこないように
しているのでしょうね。

さて、さて、
その、善光寺の前立本尊ですけど、
実はね、これって、
レプリカなんですよ!!

えっ------!!
って、思っちゃいますよね。

本物の、本物の本尊様は
秘仏!!

出てこないんです!!

なにせ、ご本尊様は
欽明天皇の御代に、百済から
わたってきたという、
日本最古の仏像なんですから。

ですからね、
これは、絶対に人目にさらさない
秘仏!!なんですって!!

でね、
それじゃああんまりだと言うことで
その、ご本尊様のレプリカを
鎌倉時代に作ったんだそうです。
それで、
ご本尊様の前に立ってもらった
というわけ・・・・・
だから、名前が前立本尊・・・・
な-るほどねえ・・・
妙に納得出来る名前じゃありませんこと!

なんともまあ、
とんでもなく、ご大層な
仏様なんですよ。

その、前立本尊すら、
7年に一度しか見られないわけ
ですものねえ・・・・

それで・・・まあ、
その前立本尊を見るために
ふうちゃんと私は、
またしても長い行列に
並んだという話は、明日また。

善光寺ご開帳

5月3日の日に
こちら軽井沢から、長野の
善光寺に出かけた。

なにしろ、どこかへ行きたいふうちゃんの
お付き合いも大変です。
私は、家にいて、庭の掃除でも
している方が好きなんですけどね。

早朝、6時37分信濃追分を出る
始発のしなの鉄道に乗って、
長野に着いたのが、7時55分。
一時間半ほど、電車に乗っていた
ということになります。
何のことはない、東京から
軽井沢に行くよりも
遠かった・・・・・・・・

朝8時についたんですよ。
そこから歩いて、30分で
善光寺に着きます。
とすれば・・・・・・・
普通だったら、お参りして
お土産やさんをのぞいて
おどんなにゆっくりしていても
お昼には、帰れるはずですよねえ・・・・

ところが、ところが・・・・
そうはとんやがおろさない・・・・

朝の8時にもかかわらず
人がぞろぞろ歩いている・・・・
多いなあ・・・と思いつつ・・・・
歩いていけば・・・・・・
お寺に近づくにつれて・・・・
ますます、人が増えていく・・・・

でもね・・・・・・
善光寺の仁王門(あうんの像のある場所)
あたりまでは、なんとか、すんなりたどり着いた。

Zenkouji5

しかし、ここからがねえ・・・・
ちっとも先へ行かなくなったのだ。

道にはいっぱいの人、人、人
その人たちが、みんな善光寺を向けて
歩いている・・・・・・
いや、歩いていない・・・・
止まっているのだ・・・・・・

とにかく、列がずっと続いている。
その先には、何があるのか?
さっぱり、私たちには見えないのですよ。

だけど、人が並んでいるということは
この先に、何かあるわけで・・・
とにかく並ばなくちゃ、という
そういう意識が働くんですよ。

あとで、マイクを持った人がいうには
ご開帳の仏像を見るには
この列に並ばなくても、
よかったのだそうです。

この列は、何のための列かというと
回向柱に触る人の列だったのです。

回向柱・・・・・って、何だと思います?

あのね、
善光寺の本堂の前に、
1本の柱が立っているのです。
その柱に、白い善の綱が巻いていある。
その綱がずっと本堂内に
つながっていて、
ご開帳の前立本尊の指に巻かれている
のだそうです。

で・・・・まあ、つまりですね
この柱に触れば、本尊に触ったのと
同じご利益がある・・・と
いわれているのだそうです。

Zekouji4

うーん、それにしてもねえ・・・・
柱に触るだけなのに、この長い行列
ですからねえ。
驚くべき、というか・・・
不思議というか・・・・
不信心な私としては、
なんでまた、こんなに人がいるのかと
ただ、ただあきれておりました。

続きは家に帰ってから
また書きます。

ふうてんのトラ

軽井沢におりますが、Tora4_2
東京のお話をすこしばかり。

実は、わが家の家出猫のトラは
10日ほど前から、またしても
母のちょっとの油断を、見逃さず
飛び出していったままだったのです。

いつもだと、そうなると
わが家は、暗い日々が
続いているはずなのですが・・・・。
そう、毎度家中が暗くなるのも
困りものですし、というか、
トラの家出に慣れてしまった
わが家は、

「そのうち帰ってくるさ」と
今回は、あんまり心配もせずに
いたのです。

なにせ、
去年の二週間の家出が
まだ記憶に新しい。
つまりね、2週間ぐらいは
何も食べなくても、トラは元気で
どこかで上手くやってるという
変な安心感が、出来てしまったというわけ。

ですから、
今回は、ブログでも
「トラがいない」と騒ぐこともなく
母も、娘も、私も
なんとかなるさ・・・と
思っていた訳なんです。

でまあ、私たちは
トラのいない東京を離れ、
軽井沢にきているんですが、
それでも、一応、気になるので
毎日、母に、電話をして聞いていた。

「トラは、帰ってきた?」と。

しかしながら、5月3日までは
「まだ帰ってないよ」という返事でして、
家を出てから、すでに、
10日を過ぎてしまったのでした。

期限の2週間も、近づいていると
おもうと、そろそろ、どうしているのかなあと
心配になってきていた。

そこで、
5月3日に、軽井沢から
どこか行きたがりやのふうちゃんに
連れられて、善光寺へ出かけた
ついでに、
「トラのご帰還の願」を掛けてきたのでした。

それにしても、
善光寺は、本当に凄い人でしたよ。
7年に一度のご開帳で、
早朝に出かけたにもかかわらず、
全部回って、帰ってきたのは
夕方でした。
人、人、人、で、東京で人には
慣れている私たちですが、
それでも、行列に並んでいること
およそ、5時間半。
それくらい、善光寺ってすごい
お寺だったんですねえ・・・・・・・・・・

そうなの、
善光寺って、凄いお寺なのよ!!!

だって、
だって、
だって、

願を掛けたその日の夜半・・・・・

ふうちゃんの携帯電話に
一通のメールが届いた、

娘からのメール・・・・
(娘は、このときまだ東京だった)

「トラがご帰還しました!!」

11日ぶりのご帰還・・・・
いったいどこへ行っていたのやら、
それにしても、
善光寺の御利益は、偉大ですね。

例によって、
5月3日の夜中に
母の寝ている部屋の窓の前で
「ニャーゴ」と鳴いたそうな。
今回は、前の家出の時のように
痩せてもいず、元気で、
ご帰還したそうな。

どうやら、トラは、
「ふうてんの寅」になったようです。
いえ、「ふうてんのトラ」ですかしらね。

どこかに、
妾宅をもったのではないか・・・
というのが、わが家の家族の
一致した意見です。
だって、10日以上も食べないで
いるわけないですものね。

「お前ねえ、どこかに2号さん
いるんじゃないの?いいご身分だわねえ」と
帰ったら、言ってやろうと
思っている・・・・私です。

軽井沢から

花が咲いている軽井沢です。Tupip_3

チューリップが咲き出した。
芝桜も、真っ盛りです。

ヒトリシズカも咲いています。
クロユリも花芽が出ています。

オオヤマザクラは、
残念なことに、もう終わりかけています。

軽井沢は
春真っ盛りですHitori

モミジの葉が出かかっています。
淡い緑色になるのも
もうすぐででしょう。

いつも思うのですけど
なかなか、ピッタリの時期に
こちらにいられないので
見られないものがたくさん
あるんです。
今年は、どんな春をみることが
できるのでしょう。
とっても楽しみです。

« 2009年4月 | トップページ | 2009年6月 »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ピーコのブログ仲間

  • ホタルと月の国
    絵をお描きになる、浜辺の月さんのブログです。 油彩、水彩、鉛筆、パソコンなど、何でも使って描かれた素敵な絵が、たくさん載っています。絵を描くことの楽しさや、感動が伝わってくる気がします。
  • 信濃はまほろば
    信濃追分に週末住宅をおもちの、ヘンゼルさんのブログ。 自然、ひと、美しい物すべてを、素敵な写真で表現されています。
  • ふうちゃんの軽井沢滞在日記
    ふうちゃんが軽井沢から滞在中の出来事を発信しています。さらに、東京からの発信もあります。
  • ひとりごと
    絵をお描きになる、ぴえろさんのブログです。 日々の暮らしを楽しんでいらっしゃる様子が、素敵な絵と文章で表現されています。表情豊かな人物の絵がとても魅力的です。
  • ひなたぼっこ
    いろいろなことに、興味津々のタムさんのブログ。 あちこちにいらっしゃって、素敵な写真がいっぱいです。名前通り、心がぽかぽか、ほっとするひとときが待っている場所ですね。

ピーコのおすすめ!

  • ピーコ&ふうちゃんの部屋
    ピーコと、ふうちゃんが最初に立ち上げたHP! さっぱり理解できないパソコンと格闘して、どうにか作った代物です。
  • P&F in Karuzawa
    ピーコとふうちゃんのお部屋からおいだされたふうちゃんが、独立!軽井沢の風景、内田康夫の名所案内、軽井沢滞在日記などがあるHPです。

acces