フォト

軽井沢の花たち

  • ツリフネ
    軽井沢の庭に咲く花を集めてみました。東京では見られない花がたくさんあるのに、驚きます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 記念旅行・・・3 | トップページ | 兄の腕前 »

ルーブル展

久しぶりで上野に出かけた。
ルーブル展を見に行ったのです。

実はね、困ったことが一つ
起こっております。

それは・・・・
わが夫、ふうちゃんが、仕事を終えて
家にいる・・・・
世の中、よく言われるのは
「亭主元気で留守が良い」
だそうだけど、我がふうちゃん、
家にいないのです。

今まで、仕事で行きたいところに
自由にいけなかった思いが
制約がなくなって、吹き出したらしい。

家にいるより、
どこかに行きたい人なのだ、彼は。

私はというと、
これが全く正反対でして
家にいるのが大好きなの。
出かけると、疲れる・・・
花粉症で、目も鼻もおかしくなる
おまけに、人混みが苦手。
とくれば、家が一番ですよねえ。

ふうちゃんが、仕事を辞めて
一週間ほど経つが
毎日のように出かけている。
やれ、今日は、友達と会う
旅行の計画だとか、
やれ、飲み会だとか・・・・
全く家に居着かない。

で・・・・・
それでも、家にいる日があると

「上野で、興福寺の阿修羅が来ている
見に行こう」と、誘ってくるのだ。

もう、とってもじゃないけど
つきあっていられない・・・

大体、私はまだこの世に未練がある。
仏様にはまだまだ、ご縁が薄いのだ。
阿修羅なんぞ、どうでもいい
と言うと、怒られちゃうけど・・・
とにかく、阿修羅はゴメン被ることにした。

それで、ルーブル展になったのです。

ふうちゃんは、同じ日に
興福寺の阿修羅を見に、
私は、西洋美術館でルーブル展に
出かけたというわけ。

時間を決めて、
終わったら落ち合って、
食事をしようということになった。

しかしながら
上野に着いてみたら
人だらけ・・・
いつも思うのだけど、
この人間、いったい何処から
湧いてくるのだろう。
(といいつつ、私も湧いてきた一人だけど)

ルーブル展は20分待ち
阿修羅は、1時間待ち・・・

この差が結局最後までひびいて
私は、美術館の前でふうちゃんを待つこと
30分ということになった。
まあ、お寿司を食べて
帰ってきたんだけど・・・・
今日もふうちゃんは、
世田谷美術館に出かけるという。

「お前も行こう」と誘われるけど
今回は逃げの一手!

中尊寺・・だものねえ
仏様は、もう一寸年をとってから
にして欲しいわよ。

しばらく、
この出かけたがり屋のふうちゃんが
お困りの原因になりそうだ・・・
どうしたものだろうか。

え?
肝心のルーブル展はどうだったかって?

そういえば、一言も書いてなかった。
あらららら・・・・・

もちろん素敵でしたよ。
画家の描く絵は、
本当にうまいなあと思います。
デッサンもだけど
表現力が違いますね。

でもね、私がじっと見ていたのは
作者不明の風景画
「襲撃」と言う題名だったかなあ
一番のお気に入りになりました。
絵を描くときには、妥協してはいけないのね
最後まで、ちゃんと見て、
丁寧に描くことが大切
と言うことが分かった!
当たり前の話なんだけどね。

« 記念旅行・・・3 | トップページ | 兄の腕前 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

★ぴえろさん、いらっしゃいませ。

一緒に出かける・・ねえ・・確かに、それもいいかもしれないけど、この季節どうしても花粉症の私は、出不精になります。
だって、どんなに予防しても、色々手を施しても、出かけた後は、とにかく鼻水と目の痒みに悩ませられることになるんですから・・・おまけに、そうそう出かけてばかりでは、母がねえ一人ですし・・・
今のところ3度に一度ぐらいの予定で、なんとか折り合いを付けております。しかしながら、要するに、私は家にいた方が好きなんですよ、たぶんね・・・
さて、ルーブルの美術、素敵でしたね。レンブラントなんか、本当にどうやったら、こんな風に出来るんだろうと思いながら、じっと見てましたけど、人間業とは思えない感じですね。
フェルメールの刺繍をしている女に人の絵は、思ったより小さい絵だったんですね。だけど、本当にリアルで、本物よりも本物らしい感じがして、驚きます。結局のところ、そのものをどのくらいちゃんとシッカリ見ているか、と言うことなんだなあと、思いました。後は、それを表す表現力、腕ですが、これはもう、画家の力量としか言えないですね。だけど、それを追い掛けていこうという、やる気だけは負けないでおこうと思いました・・・ハハハ、ちょっと、偉そうに書いちゃった。

ピーコさん、こんにちわ。

出たがりやのフーちゃんと出不精のピーコさんというわけですね。
フーちゃんは時間を得、嬉々として楽しんでいらっしゃる様子ですね。ピーコさんもどんどんご一緒されたらきっと楽しいのではないかしら。

上野公園は私の家から一駅なので、上野美術館はよく行っています。
博物館、音楽堂、動物園もありますから週末はもちろんですが普段でも混んでいます。

16世紀から17世紀にかけてのルーブル展はよかったですね。
私は開催されて直ぐ、待つことなく入れましたが、会場は大変混雑していましていました。画家の名前はなかなか覚えられないのですが、ルーペンスやレンブラント、ベラスケスなどの作品を見ていると、この人たち知っている!などと何とも幼稚な感じで見ていました。
どの絵もストーリーがあり、想像をかきたてられる作品ばかりでした。
フェルメールはガラスケースに入って特別でしたが、日本人が最も好きな画家だそうですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142268/44633843

この記事へのトラックバック一覧です: ルーブル展:

« 記念旅行・・・3 | トップページ | 兄の腕前 »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ピーコのブログ仲間

  • ホタルと月の国
    絵をお描きになる、浜辺の月さんのブログです。 油彩、水彩、鉛筆、パソコンなど、何でも使って描かれた素敵な絵が、たくさん載っています。絵を描くことの楽しさや、感動が伝わってくる気がします。
  • 信濃はまほろば
    信濃追分に週末住宅をおもちの、ヘンゼルさんのブログ。 自然、ひと、美しい物すべてを、素敵な写真で表現されています。
  • ふうちゃんの軽井沢滞在日記
    ふうちゃんが軽井沢から滞在中の出来事を発信しています。さらに、東京からの発信もあります。
  • ひとりごと
    絵をお描きになる、ぴえろさんのブログです。 日々の暮らしを楽しんでいらっしゃる様子が、素敵な絵と文章で表現されています。表情豊かな人物の絵がとても魅力的です。
  • ひなたぼっこ
    いろいろなことに、興味津々のタムさんのブログ。 あちこちにいらっしゃって、素敵な写真がいっぱいです。名前通り、心がぽかぽか、ほっとするひとときが待っている場所ですね。

ピーコのおすすめ!

  • ピーコ&ふうちゃんの部屋
    ピーコと、ふうちゃんが最初に立ち上げたHP! さっぱり理解できないパソコンと格闘して、どうにか作った代物です。
  • P&F in Karuzawa
    ピーコとふうちゃんのお部屋からおいだされたふうちゃんが、独立!軽井沢の風景、内田康夫の名所案内、軽井沢滞在日記などがあるHPです。

acces