フォト

軽井沢の花たち

  • ツリフネ
    軽井沢の庭に咲く花を集めてみました。東京では見られない花がたくさんあるのに、驚きます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 鬼の霍乱? | トップページ | 鬼の霍乱・・・3 »

鬼の霍乱・・・2

トラは、病気です。

昨日から、もう、何度も戻している。
こんなトラの姿を見るのは、初めて。

娘も母も、私も、オロオロ・・・

私もオロオロするのだから、
これはもう、本物の病気です。

昨日の朝、前の晩一寸食べさせた食事
(パックの柔らかい鮪の餌)を
何とか戻さないでいたので
治ったのだろうと、一安心していた。

ところが、
9時頃(食べてから2時間ほど経って)に
また、食べたものをすっかり戻してしまった。

そこで、これはもう病気に違いないと
医者に行くことにしたのです。

出かけた先は、
トラをもらってきた、動物病院。
自転車で5分ほどの、駅前の
病院です。
なにせ、元気が取り得のトラ
もう、それこそ、前に行ってから
5年以上は経っている。
先生も、助手さんも、トラのカルテを
探すのが大変だった。
なかなか出てこないのだ。

やっと出てきたカルテを見ながら、
「どんな具合ですか」と先生が聞くので
いままでの状態を話しました。

それからが、大変だった・・・・
何が大変か・・・・
実はね、私、こんなに色々聞かれるとは
思っていなかったんです。

だいたい、
人間の病院に行っても、
問診はこんなに聞かれない気がする。

「今までと変わったことはないか」
「食べ物は、どんなものを食べてるか」
「家の中は、変わったことはないか」
「どこかで、ゴミあさりをしないか」
「食べてからどのくらいで戻すか」
「便の状態はどうか」
「尿はどのくらいの頻度で出るか」
「水を飲みすぎないか」
「餌を変えていないか」
などなど・・・・・

正直言えば、私・・・あんまりトラを
シッカリ見てないのよね。
一つには、トラは下の母の所にいる猫で
我が家にいるわけじゃない、という
言い訳も成り立つんだけど
それより何より、
私たち、トラが元気なのが当たり前でして
病気になることを想定していない。

だから、とにかくトラを
そんなにきちんと、見てないし
管理もしていなかったのです。

仕方がないので、
私が見ている範囲のことを
述べていたのだけど、
どうやら、それが先生には
お気に召さなかったらしい・・・

「猫は、口を利けないのですから
ちゃんと飼い主が、観察してしっかり
見ていなくては行けません」とまあ、
しっかり、お説教をされてしまった。

この先生、
とにかく、蘊蓄が長い・・・
(開院最初の患者で
しかも、他に誰もいなかったのが
長くなった原因かもしれないけど)

じつは、
このところ太り気味なトラのために
餌を、2週間ほど前から
ダイエット餌にしたのだった。
その話をしたところ、

「餌を変えるときには、
急に変えては行けません、
少しずつ、これは大丈夫かなと
様子を見ながら、
一寸ずつ、一寸ずつ変えるのが
常識です」

はあ、常識ねえ・・・確かに
確かに、餌の表示にもそんなことが
書いてあった・・・
(と言っても、それに気がついたのは
帰って、餌の袋を初めて
真面目に読んでみて気がついたのだけど)

何しろ、今まで
トラは、何でも食べる、それこそ、
どんな餌に変えようと、
全然気にせず、好き嫌いもせず
何でも、パクパク食べちゃう
大食らいの猫だったんですからね。

そのトラが、
まさか、餌を変えたぐらいで
戻したりするはずがないと、
我が家の誰もが、
思いこんでいたわけです。

「この頃、猫の食物アレルギーが
よく起こっているのです」と
先生がおっしゃる。

はあ?猫の食物アレルギー?
そんなのあるの?って、思っちゃいますよね。

それからが長かった・・・(話がね)

「猫は本来、ネズミやら、バッタやら、
何でもそこいらにある動物を食べて
暮らしていたンですよ。
それがね、人間の都合で
簡単な、キャットフードに変えられて
人間の方も、楽だし、作る方は
売れて儲かるしで、お互い都合がいいから
食事が変えられた訳です。
だけど、人間の作ったフードは
自然じゃないからね・・・」
とまあ、つまり、先生がいつも
思っておられる自論を述べられた・・・・
(のだろうと、私が思っている)

確かに・・・・
人間のアレルギーも
今まであった、蚤やら、回虫やらが
清潔ということのために
なくなったことによって
起きてきたという、話を聞いたことが
あります。

人間の免疫が、
おかしくなったように
猫の免疫も、
人間の都合で、勝手に
弱められているのかも・・・

トラも、綺麗に清潔にということで
猫は水嫌いにもかかわらず
お風呂に入れたり、
綺麗に洗ってやったりして
どんどん、弱くなっているのかなあ
と、思ったりもします。

私としては、
てっきり、風邪を引いたぐらいにしか
思っていなかったんですが、
どうやら、食事が悪かったらしい。
勝手に変えた、ダイエットフード
これが原因らしいのです。

でも、それって本当だろうか?

だって、トラは、
そのフードをもう、一パック食べちゃってる。
そのくらい、食べた後で
おかしくなるなんてことあるかしら?

疑問は残るんですが
まあ、今回は、そのあたりで
結論になった。

ただし・・・
これで治らなかったら、
もっと悪い病気かもしれない
そうなると、血液検査になるそうな・・・

だけど・・・
だけど・・・
3本も注射されて
3本目は、もの凄くいたかったらしく
それまで、おとなしかったトラが
急に「ニャン!」と叫び声をあげて
飛び跳ねた。
以来、先生を見れば
「フーーーッ」と叫んで、
威嚇して、怒りまくっていた。

「ゴメンね・・・痛い思いさせて」
震えているトラを、しっかり
押さえながら、何度も何度も
トラに謝っている私。

きっと、益々、私が嫌いに
なっているだろうなあ・・・
もう、あのケージには
おとなしく入ってくれそうもない。
まあ、今までも、あのケージには
よい思い出がないから、
入りたがらない、トラでしたが
この一件で、今までにもまして
嫌いになったことでしょう。

さて、
どうしよう、・・・・・
あれから1日、
いまだに、トラは
戻しております。

「猫が戻したときには
一日半以上は、食事を
やめさせるべきです」
という、先生のお言葉。

それによると、
とらは、まだまだ、ずっと
絶食しなくてはだめのよう・・・
可哀想だなあ・・・
でも、先生のおっしゃることだし・・・
守らないとね。

この先生、蘊蓄は長いけど
本当に、動物のことを
心配していらっしゃる様子は
シッカリ感じ取られます。

立派な先生みたいです。

家に帰って・・・・
トラに声をかけるのだけど
どうやら、
私は、嫌われた・・・・
「この人、信頼できない」という
顔で、見られている・・・
相変わらず、私の片思いなんだなあ・・・

「トラよお・・・そんな、怖い顔で
にらまないでよ・・・
病気早く治してあげたいだけなんだからね」

さて、この思い、
通じるだろうか?

« 鬼の霍乱? | トップページ | 鬼の霍乱・・・3 »

ペット」カテゴリの記事

コメント

★たま吉さん、何度もお越し下さってありがとうございます。

ご心配おかけしました。なんとか元気になりつつあります。
いまのところ、あれからもう、おう吐しないので、だいじょうぶかなあと、思っております。
猫も高齢になると、大変なんだなあと、しみじみ思います。
今日、娘のお友達が遊びに来て、13才の猫の話をしておりました。あちこちに、糞をするのでこまると・・・猫も、おむつが必要になるのでしょうか・・・だんだん、大変になるんですね。
でも、飼った以上、ちゃんと最後まで面倒見てあげなくちゃね。トラを見ているだけで、とにかく私は幸せをもらっているのですから。

トラちゃんが気がかりで、またのぞきにきました(^^ゞ
どうやら嘔吐は止まったのですね!ホッ
普段から吐しゃ物は観察したほうがよいですよ。
どんなものを吐いているか。
とにかくいろんな場合がありますから。

いつも元気なトラちゃんが元気ないとオロオロしますよね。
10歳を過ぎたらちょっと注意してみててあげてください。
高齢猫さんですから(=^-^=)/
フードを前にしてじっとしていたり、
フードを食べるとき、頭を振ったり痛がるようならお口のトラブルも考えられます。
口内炎や歯槽膿漏…
こちらも人間と同じです(^^ゞ

まずは嘔吐が止まって食べ始めた様子。
一安心ですね。


★たま吉さんありがとうございます。

そうなんですか・・猫の診断も色々必要物があるんですね。
何しろ昔の飼い方しか知らないものですから。おまけに、トラが今までとにかく元気で、医者とは殆ど縁がなかった。
病気のトラなんて、全く想像もしていなかったのです。
10歳を過ぎましたから、やっぱり注意してあげないといけないんですね。どうにか、おう吐は治りました。何となく元気がないですが、今のところ少し与える餌を食べても大丈夫みたいです。治ったかなあと、ほっとしております。

おぉ…
まだ嘔吐は続いているのね(=xェx=)
トラちゃんげっそりするじょ。

確かに、フードでアレルギーが出ることはあるのです。
人間と同じように。。。
いつもお刺身を食べてアレルギーを起こす子もいます。
ドクターが仰るように急に替えないでいままでのものと混ぜて少しずつ新しいフードに慣らします。
お風呂は入れなくても蒸しタオルで拭いてやるだけでもいいですよ。
ブラッシングはしたほうがいいです。
特にいまは換毛期でいっぱい毛が抜けるますからね。
その毛を毛繕いして
食べて胃に溜って吐く場合もありますし。

しかし、嘔吐がまだ続くというのは心配です。
お薬もらいましたか?
病院に、吐しゃ物とおしっこやうんちを持っていったほうがいいですよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142268/44498805

この記事へのトラックバック一覧です: 鬼の霍乱・・・2:

« 鬼の霍乱? | トップページ | 鬼の霍乱・・・3 »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ピーコのブログ仲間

  • ホタルと月の国
    絵をお描きになる、浜辺の月さんのブログです。 油彩、水彩、鉛筆、パソコンなど、何でも使って描かれた素敵な絵が、たくさん載っています。絵を描くことの楽しさや、感動が伝わってくる気がします。
  • 信濃はまほろば
    信濃追分に週末住宅をおもちの、ヘンゼルさんのブログ。 自然、ひと、美しい物すべてを、素敵な写真で表現されています。
  • ふうちゃんの軽井沢滞在日記
    ふうちゃんが軽井沢から滞在中の出来事を発信しています。さらに、東京からの発信もあります。
  • ひとりごと
    絵をお描きになる、ぴえろさんのブログです。 日々の暮らしを楽しんでいらっしゃる様子が、素敵な絵と文章で表現されています。表情豊かな人物の絵がとても魅力的です。
  • ひなたぼっこ
    いろいろなことに、興味津々のタムさんのブログ。 あちこちにいらっしゃって、素敵な写真がいっぱいです。名前通り、心がぽかぽか、ほっとするひとときが待っている場所ですね。

ピーコのおすすめ!

  • ピーコ&ふうちゃんの部屋
    ピーコと、ふうちゃんが最初に立ち上げたHP! さっぱり理解できないパソコンと格闘して、どうにか作った代物です。
  • P&F in Karuzawa
    ピーコとふうちゃんのお部屋からおいだされたふうちゃんが、独立!軽井沢の風景、内田康夫の名所案内、軽井沢滞在日記などがあるHPです。

acces