フォト

軽井沢の花たち

  • ツリフネ
    軽井沢の庭に咲く花を集めてみました。東京では見られない花がたくさんあるのに、驚きます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

人は見かけ?

遊び人の話はさておき
このところ、我が家では車が話題になっている。

というのも、
我が家の車・・日産のマーチなんだけど
何しろ、もう、かれこれ15年近く乗っているのだ。
それこそ、なーんにも便利な装置は
ついておりません。

道案内のナビもなければ
音楽を聴くステレオもついてない。

ライトをつけっぱなしにしても、
警告だてしてくれない・・・・
(これが一番困る・・・何度かバッテリーを
上げちゃった経験者なの)

で・・・とうとう、わがやも、そろそろ
車の買い換え時かなあ・・・と
思ったりしているのです。

ところがねえ・・・
私、車の運転はするんだけど
車の事なんて、さっぱり分かってない
機械音痴なんですよ。

15年乗ってる車で、使っていない
部分があると思うんだけど、そこがどこだか
それも分かっていない・・・
(押したことのないボタンが付いているってこと)

時々、車がおかしくなると・・・
修理屋さんに、お任せの人間なんです。
時には、どこかおかしな場所を押してしまって
さて、どうしてだろう?と
修理屋さんに聞いたこともあるの・・・

要するに、ドライブのレバーと
ハンドルしか使ったことがない人間。
もちろん、エンジンのあたりなんて
覗いたこともない・・・
車大好き人間の、兄からはよく怒られ
「乗車前点検ぐらいしろ!」とね。
だけど、下手に触って、壊したらこわいものねえ。
それでまあ、よく運転しているものだと
自分でも、呆れております。

おまけにふうちゃんは、
運転そのものも出来ないんです。
免許持ってないんですから・・・

そんな二人が、車を買い換えようと言うのだから
これはもう、考えただけで
どうなるかわかろうってもんよ。

まあ、ともかく
車を売っている店に行こう・・・と
思ったのです。

ふうちゃんは忙しいので、
まずは私が、情報集めを仰せつかった。

近くの、車やさん・・・・
最初に行ったのが、ホンダでした・・・・

「あのーーーー
車を、そろそろ、買い換えようと
おもうんですけど・・・
資料とか、お話とか、きけたら・・・・」

車が売れないこの時期・・・
ひょっとして、お店に行ったら
人もいなくて、お客さんは大切にしてもらえるかなあ・・・
なんて、あまーーい考えを抱いて
のぞいてみたんですけどね・・・
これがねえ、
世の中、そうは、甘くなかった・・・

受付の案内のお若いお嬢さんは
ニッコリ笑って、
丁寧に、お茶を出してくれて
良かったんだけど・・・

その後出てきた
販売担当の、お兄さん・・・・

私が、ハイブリットに、関心があると
話したのが悪かったのか・・・
それとも、走行距離がまだ少ないと
言ったのがまずかったのか・・・

ホンダの車の頑丈さと
良いところを、シッカリ説明してくれたのだけど
最後に一言

「今度、ハイブリットの小型車が
出ますので、その時お越し下さい」
といわれて、
名前も聞かれず、追い出されてしまった・・・・

ああ・・・・・
私って、車を買う人間には
見えなかったんだろうなあ・・・・・

そうかもねえ・・・
まず、カッコウが悪かったのかも・・・
おんぼろの普段着と、
買い物の袋を下げて
ついでに寄った、ってな姿だったものねえ・・・

やっぱり、車を買うときには
それなりの、格好で、ビシッと決めて
どこかのマダムっていう姿で行かないと
相手してもらえないのかなあ・・・

そう言えば、
2日ほど前に、同じ格好で
JTBに、旅行相談に行ったときも
相談員のお姉さんが
やたらに、お安めの旅行ばかり
紹介してくれたっけ・・・

どうやら、人間って、
見かけが大切なのかもねえ・・・

私って、お金のない、
寂しげなおばさんに見えるみたい。
まあ、それも仕方がないかも・・・
このところ、すっかり
格好かまわず、飛び回っているものね。

たまには、ちゃんとお化粧して
セレブのおばさんに変身しないと
いけないかも・・・
今度、車やさんに行くときは
背広でシャキッとした、ふうちゃんを連れて
私も、毛皮のコートでも着て
行こうかなあ・・・

人間、中身はみえないもの
見かけだけでも、
格好良くしなくちゃね!

ゲームの功罪

すいません・・・・またしても
あれから、日にちが過ぎてしもうた・・・

気がつけば、ブログにコメントが・・・
申し訳ありません。
お返事遅くなってしまいました。

そうなんですーーーー
まだ、まだ、ゲームにはまっております。
娘と二人・・・ああでもない、こうでもないと
交代で,DSの奪い合いをしている。

なんて事でしょうねえ、全く。

DSの一番のいいところはですね
何処へでも、持ち運んでやれる
と言うことでしょうか。

今までのゲームですと
テレビの前に陣取って
やるぞー!となるんですが
今回は、その必要がない。
台所で、食事の支度をしながらでも
ちょこっと出来ちゃう。

ちょっと想像してみてよ・・・
片っ方で、野菜を刻みながら
煮物をしながら、DS・・・・
何ともかんとも、呆れたお話でして。

まあ、そこまでやるのは、
たまに・・・ですけどね。

殆どは、私が食事の支度中は
娘に取られて、おります。
娘がテレビを見ているときは
私が、やってる・・・

「どうなってるんだ!」と
横でふうちゃんが・・・・・・

(まあねえ、彼は・・・
私と娘の会話に入ってこれない
その、腹いせかも。)

そう言いますけどね、
何を隠そう、その昔、
ドラクエで教育論を
展開したのは、ふうちゃんなんですよ。
(そのあたりをお読みになりたい方は
HPをご覧下さいませ)

言い訳する訳じゃないんですが
ドラクエが、面白いのは
それなりに、理由があると思っております。

やっぱり、一番は
自分が主人公になって
話を進められると言うことでしょうか。
結論は、決まっているにしても
その課程は、やる人それぞれで
違ってくる・・その楽しさでしょうかしらね。

前にも書いた気がするんですが、
ゲームをやっていると、
やっている人の性格がすごくよく出るんです。

私がやると、
どうしても慎重に、慎重にゲームが進む。
命大事に、お金大事に・・・
(特にお金がねえ・・何せ、ケチなもので)

娘がやると、怖い相手が出てくると
逃げちゃう傾向がある。
ふうちゃんがやると・・・
もう、行き当たりばったり、とにかくガンガン
やっちゃえタイプです。
お金が無くなろうが、命がなくなろうが
それ、いけー!てな具合でして。

そのやり方だけを見ていても
面白い気がします。

さて、
そうは言っても、ドラクエに
問題がある、とも思っております。

何と言っても、気になるのは
「死んでしまっても、生き返る」という
考え方でしょうか。

教会で牧師さんにお祈りしてもらうと
死んだ主人公が、
生き返ってしまうんですよ。

この設定は、ドラクエの最初の頃から
ずっと同じでして、
私はどうしても、気になって
仕方がありませんでした。

だってねえ・・・
人間は、一度死ねば、もうそれこそ
どうやったって、生きて返ってくることは
無いんですからね、現実には!

教会でお祈りしたって、
お寺でお経を唱えたって
絶対に、現実の世界では
死んだ人は、戻っては来ません。
絶対に、あり得ないお話なんです。

それが、
ドラクエの世界では、
生き返っちゃう。

それって、すごーーーく問題だと
思うんです。

だってね、
小さい子供の頃から
これで遊んでいると、
いつの間にか、現実も生き返っちゃうと
思っちゃうと思うんです、子供はね。
人間の死が、もの凄く軽い感じになってしまう。

最近よくある、
「誰でもいいから、殺したい」と言う事件。
ひょっとして・・・もしかして・・・
これの影響じゃないかと・・・・
(考えすぎかもしれないけど・・)
つい、つい、思ってしまうのです。
安易に、人間の死を扱いすぎてる
そんな気がしてなりません。

なんて、あれこれ考えておりますが
そうは言っても・・・
面白いものは面白い・・・
結局、やめられない私って・・・
作り手の思惑にしっかりはまって
いるのですよ・・・

ああ・・・・・・私の人生って・・・

遊び人

ご無沙汰しました・・・
一週間ぶりになっちゃいましたね・・・・

何をしていたかって・・・・

今頃は、アメリカでは新しい歴史が
書かれようとしているっていうのに・・・
(146年経つんですって、奴隷解放から
まさに、新しい1ページが開こうという
時でしょうか、黒人初の大統領ですって!)

そんなときに
私がはまっているのは
またしても、ゲーム。

昨年の暮れに、娘に任天堂のDSを
買ったんですよ。
名目は・・・漢字の練習でもすればとか
大人の頭のトレーニングとか・・・
まあ、勝手に付けていたんですけどね。

実際のところ
ちゃんと、お勉強もやった。
漢字のソフトも買ったし、
英語のソフトも買った・・・・・

まあ、しばらくは真面目に
お勉強もやっていた、はずだったのだ!!

しかしねえ・・・
そこは、それ、どうせ、DS買ったんだから
ちょっと、ゲームもやってみようか・・とまあ
そう・・・ついでに、思ったのが
運の尽き!!

新しいゲームとなると
この、年寄りの頭じゃ、なかなか
取っつきにくいのよ。
そこで、見つけたのが、あれ!!

唯一我が家で、出来るゲーム!
ドラクエだったのだ。
(誤解のないように申し上げますが
新しいドラクエはまだ、発売されておりません
私が買ったのは、古い昔のバージョンです)

ああ・・・・・・・
まずかったわよ・・・・・
全くまずかった・・・・・・・・・・・
ちょっと、試しにやってみるか・・・・と
思ったのがね・・・・いけなかった・・・

シッカリはまっちゃっいました。

一つ謎を解けば、
次の謎が出てくる・・・・
それを解けば・・・また次が・・・
てなわけでして・・・・

気がついたら、
一週間、ブログとおさらば状態だったの。
何やってるんだろうねえ・・・

いい年したおばさんが、
やってる事じゃないわよね。

お恥ずかしい今日この頃であります。

で・・・・
それじゃ、続きが気になるので・・・
きょうのところは、失礼致します。

オバマさん、大統領就任
おめでとうございます。

寒がりトラの楽しい日々

久しぶりにトラのお話。

我が家のぐうたら、メタボ猫の
トラは、元気で毎日寝ております。

猫・・・ねるこ(寝る子)は、
本当によく寝てます。

何処で寝ていると思いますか・・・・・・

Tora39

猫って、本当に
自分にとって一番いい場所を
探すのがお上手です。

その場所は
母の布団の中。

寒ーーーくなったこの頃は
そこが一番の寝場所。

母はこの頃は、一日の殆どを
寝て暮らしている。
湯たんぽを抱えて、寝ているので
暖かいのです。

そこで、朝ご飯を食べると
早速母のベットにやってきて
枕元で、ニャーゴと一声、
「いれてーー」と
ご挨拶をする。

母も心得たもので
布団を開けて入れてやると
ボソボソと入ってきて、
ここが不思議なんだけど、
ちゃーーんと、ぐるっと一回転して
頭を前にして、母の腋の下で丸くなる。

それからやる動作がねえ、
これはもう、
猫を飼ったことがない人には
理解できないかも。
例の、モミモミをやるのだ。

この動作を、肩でやってもらうと
肩もみ動作に見えるらしく
「肩もみ猫」になるのだけど、
トラは、母の腋の下でやるのだ。

元々は、
猫の赤ちゃん返りで
お乳を飲む動作から来ているらしい。
親猫の乳を飲むとき
乳が出やすいように、
もんでいる動作なんだそうです。

ようは、トラが一番安心している、
心許しているという
印のようなものなのかもしれません。

一時、その動作をすると
安心して、トラは
朝寝を決め込むのだ。

Tora40

私たちが、朝食に下りてくるまで
小一時間惰眠をむさぼっているというわけ。
全くねえ、
いいご身分だわよ!

世の中には、
この寒空、餌を探して
凍えている猫もいるだろうに、
お腹は満腹、
ポカポカの布団の中で
のんびり朝寝を決め込むなんて
全く、何という贅沢な猫だろう。

そこで、
つい、私は、言ってみたくなる。

「ねえ、トラ、おまえ、自分が
とんでもなく、いいご身分だってこと
分かってるの?」

しかしながら、トラは猫、
こっちの言ってる事なんて
さっぱり分かってないのだ。

返ってくる返事は

「ニャーゴ」ぐらいなものでして・・・・

「お前ねえ、そんなにいいご身分なんだから
ちょっとは、役に立たなくちゃ、
申し訳ないと思うでしょ」

「それにはね、ちょっとは、
お仕事しなくちゃね」

というわけで、
例によって、私はトラを
こねくり回すわけ・・・・・

「お前は、癒し系の猫なんだから
撫でられるのは、お仕事よ」

こうなると、トラはもう、殆どあきらめ顔。
私がこねくり回すのを、じっと我慢の子なのだ。
目を細めて、おとなしくしている。

「全く・・・五月蠅いおばさんだよ
なんでこう、毎日やってきて
俺のこと、なで回すんだ・・・」
と、猫語でつぶやいているかも・・・・

ひとしきり、なで回すと
私も、納得して、というか
飽きて、トラを放すのだけど
その時のトラの、動作がねえ・・・・・

顔をブルブルブルと
振り回して、

「ああーーーーイヤだ、イヤだ
もう、イヤだー」と
叫んでいるんじゃないかと思っちゃうような
そんな動作をするのだ。

毎日、毎日
このトラの楽しい日々は続く・・・

この親にして、この子

軽井沢での話が続いている。

実は、
今回、珍しくふうちゃんと娘が
一緒に先に軽井沢に出かけた。

私は、母のことがあったり
兄が年賀に来たりで、
東京に一日残っていたのだった。

その間、
軽井沢で、娘とふうちゃんが
どんな暮らしをしているのか・・・
ちょっと、心配ではあったのです。

なにせねえ・・・
家のことは、全くやらないふうちゃんと、
いい加減な娘の取り合わせですからねえ。

行く前に、
娘に、よくよく、言って聞かせた。
何をか?って・・・

そりゃ、まあ、生活全般の
注意をですよ。

「お父さんは、電気をつけっぱなすからね、
最後に、点検して寝るのよ」

「ヒーターの温度を、上げすぎないように
よーく、見張っているのよ」

「ものを食べたら、ちゃんと
後かたづけするのよ」

などなど・・・・・

だってねえ・・・
せっかく、軽井沢に行ったのに
最初の仕事が、片づけ掃除じゃ、
がっかりじゃないですか。

で・・・まあ、一日遅れて
軽井沢の我が家についてみたら・・・・・

ムムム・・・・
珍しいこともある・・・
ちゃんと、暮らしていたようだった・・・・

私の、指示が良かったのか
二人の暮らしぶりが、真面目だったのか・・・
洗い物は、ちゃんと出来ていたし、
部屋も片づいていた。

へえ・・・・・
やれば出来るじゃん・・・と
思って感心していたのでした。

そこへ、ふうちゃんがやってきて
開口一番

「俺は楽だったぞ!」

「へ?そりゃまた、どうして?」

「娘が何でもやってくれた」

「ふーん、そうなんだ、あの子も
やるときゃやるのね」

と、感心しながら聞いていると、
ふうちゃんは、急に、クスクス笑いだした。

「あいつな、お前のする通りのことをするぞ」

「何をやったの?」

「俺が、食べ物を全部食べるのをみこして
翌朝の分を、残して、出したんだぞ」

あらまあ・・・・・
そうなんですよーーーー

ふうちゃんはね、とにかくよく食べる人なの。
食べ物に文句を言わないのは、
一番ありがたい事なんだけど、
ただ一つ、問題は、食事に出したおかずを
出したら、出した分、全部食べちゃう人間なんです。

少しは、翌日食べる分を
残しておけばいいのに・・・と
私は思うのよね。
何せ、朝にまた新しい料理なんて
そうそう、作るのは面倒だから、
ついつい、残り物をうまーーく
ごまかして出す習慣がついていね・・・・

そう言うわけだから、
普段、私は、ふうちゃんには
料理を全部出さない習慣になっていたのだ。

明日の分を、少し残して出す・・・
とまあ、そういうせこい生活をしていたわけ。

「あいつ、いつの間にか
夕食をどこかに隠したんだ・・・
今朝、みたら、また出てきた」

「良かったじゃない、
朝ご飯のおかずがあって」

「全く・・・・・・・
電気も、暖房も、なにもかも全部
しきって、寒いといっても、
取り合ってくれないんだ」

ガハハハハ・・・・・
さすが我が娘・・・・
何処で見ていたのやら、
やることなすこと、私のやるとおりに
やっていたのね!!
(何せ、私ケチだもんね・・・
いや、ケチじゃない、エコなのだ!)

そう、文句を言いつつ
最後に、ふうちゃんはこういった。

「今度、一人で来るときには
絶対娘を連れてこよう
あいつがいると、俺は楽できる」

相変わらず
なーんにも家のことはやりたくない
ふうちゃんなんだから
とんでもない、やつだわよ、フン!

好きなもの

去年も書いたのだけど
いつも、軽井沢に行くと
食べてくるものがある。

別荘地の中にある、
レストランのディナーです。

普段東京にいるときには
我が家は、ほとんど外食はしない。
家で、毎日同じようなものを
食べている。

まあ、言ってみれば、
我が家の唯一の、贅沢・・・
とでも言ったらいいのでしょうね。

正直言えば、
私ほど、好き嫌いの激しい人間は
いないかも知れないので、
外で食べられるものが、少ない
というのも、その理由なのですけど。

特に、西洋料理は、ほとんど苦手なんです。
牛乳が全く駄目なせいかもしれません。

で・・・・・
ディナーなんていう西洋料理は、
全く苦手なんですよ。
本当のところはね。

しかしながら、
ここのレストランは、
私向きに、メニューを
変えてくれるので、
いつも、ここだけは行く・・・
という訳なんです。
(なんて話は、去年も書いた気がする)

そこで、
このレストランの、
私の一番の、お気に入りが

これ!↓

Kc380045

チョコレートケーキ!!
美味しいんですよ。
トロッと、溶けてくるチョコレートがね。
で・・・・・
くるたびに、注文して食べております。

それがねえ・・・
もう何度食べたか、10回ぐらいは
食べたかなあ・・・。

私って、好きなものは
徹底的に食べる主義なの。

これって、
子どもの頃から、そうだったんです。

小さい頃、
たまにデパートに行くと、
食堂で食事をするのが
ついて行く、一番の楽しみだった。

本当にたまにしか、
連れて行ってもらえなかったけど、
それでも、行ったときには
必ず、食堂に入ったんです。

そこで注文したのが
何だったと思いますか?
フフフ・・・・
それがねえ・・・
カツ丼と、フルーツポンチ!!

もう、これしか食べなかった。
小さい頃から、大人になりかかるまで・・・
数えてみれば、10年以上はあった
でしょうねえ。
その間、何度食べたか
それこそ、数えられません。

その数えられない、食事のメニューが
全部これだったの。
これ以外、食べたことがない!

私って、
ちょっと、異常かもね・・・・

いまだに、自分で外食するときは
カツ丼を探す・・・
なければ、寿司か、天ぷら・・・
およそ、他のものを食べたいと
思う、気がないんですよ。
(友達と一緒の時は、まあ、
おつきあい程度に
他のものも食べますけどね・・)

好きなものしか
食べない・・・・
この性格は、たぶんこれからも
わからないだろうなあ・・・

そして、
たぶん、嫌いなものを食べることも
絶対にない・・・だろうなあ・・・

私の食生活って、
要するに、ものすごーーーく
偏ったものなのです。

つまるところね・・・

あんまり食べ物に、
興味がない・・・のかも・・・・
なにせ、
私の、料理のモットー!!

「食べてしまえばみな同じ!」だもん。

雪景色

雪が少ないと、昨日書いたばかり・・・

今朝起きてみたら・・・・
あららら・・・・
一面真っ白でした。

Yukigesiki1   

この景色がすきなんですよーーー

変わり者夫婦の私たち。
こうなると、
すぐに飛び出したくなっちゃう。

誰もあるいていない、
別荘の道を、
朝の散歩に出かけました

Susuki2 

あのね・・・・
雪道は、降ったばかりの時は
大丈夫なんですよ。
それようの靴を履いていれば、
滑ることはまずありません。
これが、明日になると、
もうダメ。
夜に凍結した雪で、怖くて
歩けなくなってしまう。

だーれも歩いていない、
別荘の道を、
2人で、のんびり、写真機をもって
歩いたのでした。

Yukifesiki_2

雪の華が、とっても、とっても
綺麗でした。
今日は東京に帰ります。
最後に、素敵な景色が見られて
今年はいいとしになるかしら・・・

Yukigesiki3

今日の浅間山

久しぶりに、朝の散歩をした。

暮れにやってきたときには
寒くて、散歩できなかったが、
今回は暖かいし・・・
それに何より、珍しくほとんど雪がない。

この時期、普段だと、
根雪が残っていて
寒いと言うより、足下が危ないので
散歩できないのです。
凍結して、滑る道を歩くのは
とにかく大変ですからね。

ところが、今回は
暮れに降った雪は、
もう、解けてしまっていて
普通の道なのです。

そこで、朝ご飯を食べてから
ふうちゃんと2人、
散歩に出かけたのでした。

暮れから正月にかけて、
こちらの別荘地も、人が多かったようだけど
今日は5日、もう、ほとんどの人が
帰ってしまって、
静かな、静かな軽井沢でした。

散歩の間、
人には、出会わなかった・・・・
プロパンガスを運んでいる
車には、一度出会ったけど・・・
とうとう、人間には、会わずじまい。

この別荘地に、
私たちが、来るようになって
5年目の冬を迎えるのだけど、
とにかく、人が増えた。
人と言うより、建物が増えたのかも。

今では、100棟以上建っているのだけど
最初の頃は、わずかだったことを考えれば
本当にビックリしてしまう。
今日も、初めて見たなあと思う家を
一軒見つけて、
「また、増えたね」と
ふうちゃんと、話していた。

散歩をしている間に、
日が差してきて、
雲に隠れていた、浅間山が顔を出した。

09asama2

いつも思うのだけど、
冬の浅間山は、本当に素敵です。
スキッとしていて、
格好いい!
冬が一番好きな、一番の理由は
この浅間山の景色でしょう。
写真に撮ってみても、
その美しさの、ほんの一部しか
写ってないと思う。

人間目は、この何十倍も
格好いい浅間山を見ています。
人間の目と、写真との一番の違いは、
デフォルメかなと思います。

一番格好いいところだけを
しっかり見ることができるからだと。

それにしても、
今年の浅間山は、白くない。
土が見えているのだ。

軽井沢のネットでは
浅間山の煙が普段より多いと
盛んに言っている。
雪が少ないのも、
地熱が熱いからではないかとか
硫黄のにおいが強いとか
色々取りざたされているようです。
噴火が起きるのではないか・・・
という憶測がとんでいるらしい。

09asama3

本当のところはどうなのかな。
ちょっと、気になるところですね。

暖かい軽井沢です

今日から軽井沢です。
暮れに来た時よりも
暖かいです。

雪も北側に少し残っていますが、
他はほとんど消えてしまって
落葉松の木かげから
のぞいている浅間山も
土が見えています。

お正月には 別荘地も
賑やかだったそうですが、
昨日から、お帰りになった方が
多いらしく、
静かになったと、
管理の方がおっしゃっておられました。l

お正月も、終わりましたね・・・・
今年はどんな年になるのでしょう。
よい年になるといいのですけど。

久しぶりに、浅間山の写真です。
(実はこの写真、寒かった
暮れに撮った写真でして、
雪が降っAsama_0005たばかりの頃のですの)

開けまして、おめでとうございます

開けまして、おめでとうございます。

早いもので、もうお正月になってしまった。
暮れから軽井沢でしたが、
お正月は、東京に戻っております。

母をおいてきているので、
長い滞在は、無理な状態です。

今年の年賀状の我が家の近況から

☆最後の授業、こうご期待。3月定年退職(ふうちゃん)
☆四季折々に美しい軽井沢(ピーコ)
☆パッチワークで大作完成(娘)
☆美しい庭の手入れは、私の仕事(母)
☆2週間放浪の末、尻に怪我するも元気(トラ・猫)

というわけです。

どうぞ、こんな家族ですが、
今年もよろしくお願いいたします。

今年の年賀状の図柄は、
HPのトップに移しました。
ご覧になりたい方は、こちらへ↓

http://homepage2.nifty.com/pihkoandfuhchan/

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ピーコのブログ仲間

  • ホタルと月の国
    絵をお描きになる、浜辺の月さんのブログです。 油彩、水彩、鉛筆、パソコンなど、何でも使って描かれた素敵な絵が、たくさん載っています。絵を描くことの楽しさや、感動が伝わってくる気がします。
  • 信濃はまほろば
    信濃追分に週末住宅をおもちの、ヘンゼルさんのブログ。 自然、ひと、美しい物すべてを、素敵な写真で表現されています。
  • ふうちゃんの軽井沢滞在日記
    ふうちゃんが軽井沢から滞在中の出来事を発信しています。さらに、東京からの発信もあります。
  • ひとりごと
    絵をお描きになる、ぴえろさんのブログです。 日々の暮らしを楽しんでいらっしゃる様子が、素敵な絵と文章で表現されています。表情豊かな人物の絵がとても魅力的です。
  • ひなたぼっこ
    いろいろなことに、興味津々のタムさんのブログ。 あちこちにいらっしゃって、素敵な写真がいっぱいです。名前通り、心がぽかぽか、ほっとするひとときが待っている場所ですね。

ピーコのおすすめ!

  • ピーコ&ふうちゃんの部屋
    ピーコと、ふうちゃんが最初に立ち上げたHP! さっぱり理解できないパソコンと格闘して、どうにか作った代物です。
  • P&F in Karuzawa
    ピーコとふうちゃんのお部屋からおいだされたふうちゃんが、独立!軽井沢の風景、内田康夫の名所案内、軽井沢滞在日記などがあるHPです。

acces