フォト

軽井沢の花たち

  • ツリフネ
    軽井沢の庭に咲く花を集めてみました。東京では見られない花がたくさんあるのに、驚きます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

今日も寒い!

昨日から、日本は凍えている。
山形新幹線が、立ち往生したとか・・・
北海道は吹雪だとか・・・
軽井沢も当然、凍えています。

昨夜の最低気温氷点下10度だそうで、
我が家の二重窓もさすがに
結露が出ていた。

いつも思うのだけど、
普段いないお家は、とにかく
来たときが一番寒い。
昨日の家の中・・・気温5度。

半日かかって、どうにか10度以上に
あげたのだけど、とにかく
昨日は寒かった。

今日はねえ・・・・
真夜中の今、パソコンに向かっているけど
そんなに寒さを感じない。
一端家が暖まると、あとは
あんまり暖房を強くしなくても
いいみたいです。

これって、やっぱり
最初が一番、暖房費もかかるんだろうなあ。
それで、4日もすれば東京に帰っちゃう。
なんだか、暖房費の無駄
という気がして仕方がない。

これも、別荘の悩みの一つでしょうか。
早く、もっと長い間、いられるように
なりたいです。

寒い軽井沢

一級の寒波がやってきているそうです。
久しぶりの軽井沢・・・・・
確かに、その通りだと
思いますね。

信濃追分の気温氷点下4度!

寒いーーーーーーーです。

碓氷峠を越えた辺りから
雪の跡が見えてきました。
聞けば、昨夜霙から
雪に変わったそうで、
別荘地の辺りは、
雪景色でした。

昼間はそれでもよいお天気で
日当たりのよい場所は
解けだしていましたが、
日陰は、たぶん、このままでしょう。

そして、この寒さ・・・・
明日の朝は、凍るだろうなあ・・・

天気予報に寄れば
明日の最高気温0度
最低気温氷点下9度だそうで
明日は、寒い中外で
お餅つき大会です。

防寒に注意して
ホッカイロでも抱えて
出かけましょうかね。

群衆心理

スーパーに買い物に出かけた。

夕飯の材料やら、大掃除の道具やらを
買いに行ったのだけど、
店に入って、野菜やらお肉やらを
見ながら歩いていると、
店の真ん中あたりに、
なにやら、人が並んでいる・・・・

最初は、並んでいるとも思えないくらいの
人だったのだけど、
一周して、戻ってみたら
人の数が、やたらに増えている。

いったい、店の真ん中で
何のために並んでいるのだろうと
列の先頭に行ってみると
そこにあったのは、お団子・・・・

へんだなあ・・・
何の変哲もない、お団子に
何で人が並んでいるのかと、
思わず首を傾げてしまった。

そう考えているうちにも、
列の人数はどんどん増えていく。

いつのまにやら、
3,40人ぐらいに増えてしまって
スーパーの真ん中に、
一列に並んでいるのです。

人がこれだけ並んでいる、
ということは、
きっと、なにか、いい物が
安く手にはいるに違いない・・・・
とまあ、主婦だったら、誰でも思うわよね・・・

そこで、私も、一つ並んでやるか・・と
列の一番最後に、ついてみた。

で、まあ・・・・
聞いてみたのです・・・

「あの・・・・・この行列は
何を買うための行列なんでしょうか?」とね。

すると・・・
一番最後に並んでいた人が・・・
「はあ・・・・なんなんでしょうね・・?」と
首を傾げた・・・・

はあ?
なんだか分からないけど、
並んでいるって事なの?

その前の人が、
「たぶん・・・ですけど・・・卵じゃないかと」

「お団子じゃないんですか?」

「お団子なんですか?そうなんですか?」

とまあ、そんな具合で、
そのあたりに並んでいる人は、
何の行列なのか、分かっているような
分かっていないような、
何ともあやふやなお答え・・・・

で・・まあ、私としては、
いったい何の売り出しなのか、
確認のために、列の前の方へ戻って
聞いて歩いた。

その結果分かったことは、
卵の時間制限付きの安売りで
1パック、108円と言うことだった。

それにしても、
恐ろしきは、群集心理・・・
いや、主婦の買い物心理かな・・・

なんだか分からなくても、
行列ができるくらいだから、
きっと、いい物だろう・・という、
この主婦の買い物心理は、
我ながら、あっぱれだと
思っちゃいましたね。

一円でも安い物を買うために
頑張ってる、主婦は偉い!!

トラの怪我

久しぶりに、トラの話でもしましょう。

Tora37

だいぶ前に、2週間ほど放浪に出たトラは
元気に帰ってきたのだった。

が・・・しかし
その後、味を占めた猫で
(もっともトラは猫なんだけど)
母の目を盗んで、何度か飛び出した。

まあ、そのたびに、極度に
心配する我が家族なのだけど
その後は
2日もすれば、帰ってきたので
安心していたのです。

ところが・・・・・
ある日、トラをよくよく見てみたら・・・・
お尻のあたりを、しきりになめている・・・・

「トラ、どうしたの?」と
捕まえて、尻を見てみたら、
なんと、なんと、
怪我をしているじゃないですか!

「あんた、何処で、この傷付けてきたの!」

「誰かに、やられたんでしょ!」

「相手は誰!」

「とんでもない、猫だわ、うちのトラを
いじめるなんて!」

と、話はどんどん、ふくらんでいって、

「トラ、あんたは、箱入り猫なんだからね
野良猫相手に、勝てるわけないじゃない」

「そうよ、そうよ、
今度、そいつを連れてきなさい、
みんなでやっつけてやるから」

と、まあ、家族一致で、トラをいじめた
猫の敵をとる話になっていった。

そもそも、何で、怪我をしたのやら、
本当の所は、分かってないのだけど、
そこはそれ、飼い主の勝手な妄想でして・・・

でもねえ、
家にいたときには、
怪我なんて、縁のなかったトラですから、
やっぱり、この怪我は、相手があっての
ことだろうと、思うんですよ・・・

医者に連れて行こうかと、
思っていたのですけど、
暫くすると、赤く晴れていた
お尻のあたりは、すっかり綺麗になって
治ってしまった・・・・

普段のトラに戻ったようで
家族全員、ホットしています。

しかしながら・・・・
怪我がお尻というのはねえ・・・・

要するに、
相手に、尻を向けて
トラは逃げたというわけだものね・・・・Tora38

「お前、それでも男の子なの!
恥を知りなさいよ、
相手に尻を向けて、逃げるなんて
なんて、意気地なしなの」と
つい、ひとこと言う私。

「そんなこと言ったって、
人間しか知らない、
過保護猫なんだから、トラは
喧嘩の仕方もしらないのよ」
と、弁護する母。

まあ、当分、外には出さないように
気を付けなくちゃ・・・
と言うのが、結論でしょうか。

明日は雨か・・・

はやいもので、
事故から一週間が過ぎ
明日は、涙雨かしら・・・・・

若い人が
先に逝ってしまうのは
やりきれない気持ちです。

今年も後
わずかになり
月日はどんどん先へ
進んでいきます。

今年も年賀状の
季節になりました・・・・・

今年の画像は
軽井沢花鳥図の予定。
水彩画でして、
本画は、来年回しになりそうです。

Katyo_zu_3

悲しいです・・・・

どう書けばいいのか・・・
実のところ、言葉が浮かんできません。

悲しい・・・・という
その一言だけ・・・・

12月4日の早朝
ふうちゃんの母方の弟の
息子さんが、(従兄弟になる)
突然、亡くなってしまいました。

33才の若さで・・・・

それも、
交通事故・・・・・・
オートバイに乗っていて、
横から赤信号を無視して飛び込んできた
産廃業者のトラックにはねられ即死・・・・

なんということ・・・
あんまりな・・・・あんまりな事故です。
悔しいです、悲しいです。

たった一人の息子さんを亡くされた
叔父さんご夫婦の心情を思うと
何と言っていいのか、
言葉もありません。

どうして、そんなことが起こるの!

テレビのニュースでは
飲酒運転のひき逃げ事故やら
無差別殺傷事件やら、
いろいろ、悲惨な事件が
このところずっと、続いているのは
知っていました。

突然に、肉親を亡くした方々の
悲しみや、怒りなどが
紙面をにぎわせていたのも
知っていました。

大変だなあ・・・とか
つらいだろうなあ・・とか
ある程度は、分かっていたつもりで
いました・・・・・

しかし・・・・それって、
どうしたって、当事者じゃない人間の
通り一遍の感情だったのです。

いざ、
本当に、自分自身の側で
そう言う事件が起きてみると
もう、それは、言葉では
とても表せないものなのだと
初めて知ることになるのです。

葬儀の間中
気丈にしておられた
叔父さんも、
最後の出棺の時には
慟哭されていました・・・・
見ている私たちは
もう、涙が止まらなかった・・・・

なんで、
こんな事が起こるのでしょう・・・
どうして・・・・・・

今、思い出しても
涙があふれてくるだけです。
ただ、ただ
ご冥福を祈るだけです。合掌

我が家は、読書中!

早いもので、もう師走・・・
12月、一年の最後の月ですね。

12月と言えば、
クリスマス・・・そして年の瀬。
やがてはお正月・・・
まったくねえ、
どうしてこう、月日の経つのは
はやいのでしょうか。

暮れともなれば、
大掃除もしなくちゃ、年賀状も
書かなきゃ・・・
何となく、気ぜわしくなってきております。

Xmas_tree_2 

と・・・いいつつ、
その実、なーーんにもしないで
ここのところ、我が家は平穏無事
トラは、ぐうたら寝ているし、
人間もそれに輪をかけて
ぐうたら、床暖房の上で、
寝転がって、本を読んでおります。

そうなのよーーー
ここ数日毎日、声を大にして
本を、読み聞かせ中・・・・
(読み聞かせ・・と言うからには
聞いている人間がいるわけでして
娘と母が・・・聞いているのです)

読んでいる本がねえ
これまた、あほらしい本でして・・・・
今更何で、こんな本を・・
と思われるかも。

題名を書くのも気が引ける・・・
「なんて素敵にジャパネスク」
ご存じかしら?氷室冴子ですの。

少女小説というジャンルがあるかどうか
まあそんなたぐいの本です。

何で、この本か・・・というと・・・

我が娘は、どちらかというと真面目な本が苦手。
子供の頃から、一休さんのとんち話とか
お笑いの本が大好きだった。

ホント、不思議なのよね。
私は、子供の頃から本好きでして
とにかく本さえ読んでいれば、
ご機嫌だった子供だったんだけど
好きだった本は・・・・・・
お姫様系の、シリアスロマンスなのよ。

シンデレラとか、白雪姫だの、ベルト魔物だの
とにかく、お姫様や、王子様が出てくる本
だったら、何でも良かった。

で、まあ、自分の子供も
女の子だから、そんなものだろう・・と
おもって、育てていたら・・・
これがとんでもないことに、
全く違っていた。

いくら、お姫様の出てくる本を
読んでやっても、ちーーーっとも
興味を示さないのよ・・・・・
私としてはガックリでして・・・・・
そんなはずじゃなかった・・・・・
まあね、自分の子供でも、自分とは違うと
改めて気がついた訳なんです。

いまさら、大きな大人になった娘と
母に、読み聞かせもないものなのだと
思われるでしょうね。

実は、本来の目的は・・・
母に、何か読んで聞かせたい・・
と言うことなんですよ。

以前は図書館で
私が自分の本を借りるついでに
母の本も借りてきて、
「読んでみたら・・・」
と渡していたのだけど
このところ、もう、すっかり
母は読む気がなくなってしまっております。

目が悪いせい、もあるけど
それ以上に、読む気力がなくなってしまった。
私が借りてきた本は、
ずっと、枕元に置いてあるだけ
開いてない・・・そんな状態なんです。

それで

「何か読んであげようか?」と
言うのだけど、
聞いているのも面倒らしい・・・

というか、
読んでいるうちに、いつの間にか
母は寝ているのよね・・・・
こっちも、寝ている母を見るとつい・・・
こりゃ、ダメだ・・・と思っちゃう。

そこで、
娘をかり出して、娘にかこつけて
読んでいれば、ちょっとは、
聞いているかな・・
というわけなんです。

なにせ、娘の好きな話は、
お笑い系ですからね・・・
読んでいて、面白い話じゃないと
聞いてくれない。

そこで、白羽の矢が当たったのが
この本
「ジャパネスク」だった訳なのよ。

娘の好きな、
ドタバタ、お笑い系の本。
だけど、私も好きな、ラブロマンスも
所々あるしね・・・・

大活劇のお話だもので
母も、時々、クスクス笑って聞いている。
寝ているわけでもなさそう・・・
ちょっとは、
寝ているばかりの母の、
暇つぶしになったかなあ・・・
喜んでいてくれれば、
嬉しいんだけどね・・・

さて、写真は、娘の作品。
クリスマスツリーですって。

病院にて

今年の2月に倒れて以来、
母を、検診と称して月に一度
病院に連れて行っている。

足腰が弱っている母は、
最近は、外に出歩くのを極端に
嫌うようになってしまった。

家にいても、
寝ていることが多く、
たまに、庭で草取りをするか
今なら落ち葉拾いをするぐらいで
めったに外に出ない。

あんまり動かないと
体にも悪いし、足腰も益々弱る。
そこで、かかりつけの医者の
指示と言う名目で、
病院に無理矢理連れ出しているのだ。

だけど、
その月に一度の外出も
本人に言わせると
面倒らしく、最近は
行く前になると、

「もう、やめるわ」と
言い出すことが多い。

先生が、来るようにと言っている
といっても、

「めんどうよ、
どうせ何も治療する訳じゃないし
行ったって、なにか良くなるって
訳じゃないんだから」と
ごちゃごちゃ言い出すのだ。

そこで、
ここは、ひとつ、戦法を変えてみることにした。

「お母さん、月に一度、
イケメンの先生の顔をみに
行きたいんだけど・・・」

フフフ・・・
そうなのよーーー
実はね、母のかかっている先生って
これがねえ、結構格好いい
イケメンのお兄さんなの。

この点に関しては、
娘と私の意見は、妙に一致する。
(実は母の検診は、娘と私と母の三人で行っている)

「いい男よね、あの先生」と、私が言えば

「うん、イケメンよね、
ちょっと金城武に、似てるわよね」と、娘。

「そうそう、金城武と、伊藤英明をあわせて
2で割った感じじゃない」

「そうかなあ・・・もうちょっと、ひ弱そうだけど」

なんて、話を・・・・
声を大にして・・・・やっていた・・・・ら・・・

「○○さーーん、診察室へどうぞ」
と言う声がかかった。

そうなの、この病院、いい病院なんだけど
なにせ、待ち時間が長い・・・
ついつい、娘と、よからぬ会話を
してしまうのですよ。

まずかったかしら・・・
ひょっとして聞かれちゃった?

とにも、かくにも、
この一言が効いてかどうか・・・
今月も、どうにか母を連れ出すことに
成功した。

お馬鹿な、我らの会話を
聞いてか、聞かずか・・・
先生は、いつも通りの診察をしてくれて
いつも通りの、会話を交わし・・・

どこか痛いところは、と言う問いに
母は、相変わらず、
腰が痛いと、返答をして、
相も変わらず、苦笑いしている
イケメンの先生なのでありました。

家にたどり着いて、
娘が一言・・・

「あの先生、薬指に指輪していたわよ」

ムムム・・・
おぬし、見るところは見てたのね・・・

はて、さて、
我ら3人、何のために
病院にかよっているのでしょうな・・・・

« 2008年11月 | トップページ | 2009年1月 »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ピーコのブログ仲間

  • ホタルと月の国
    絵をお描きになる、浜辺の月さんのブログです。 油彩、水彩、鉛筆、パソコンなど、何でも使って描かれた素敵な絵が、たくさん載っています。絵を描くことの楽しさや、感動が伝わってくる気がします。
  • 信濃はまほろば
    信濃追分に週末住宅をおもちの、ヘンゼルさんのブログ。 自然、ひと、美しい物すべてを、素敵な写真で表現されています。
  • ふうちゃんの軽井沢滞在日記
    ふうちゃんが軽井沢から滞在中の出来事を発信しています。さらに、東京からの発信もあります。
  • ひとりごと
    絵をお描きになる、ぴえろさんのブログです。 日々の暮らしを楽しんでいらっしゃる様子が、素敵な絵と文章で表現されています。表情豊かな人物の絵がとても魅力的です。
  • ひなたぼっこ
    いろいろなことに、興味津々のタムさんのブログ。 あちこちにいらっしゃって、素敵な写真がいっぱいです。名前通り、心がぽかぽか、ほっとするひとときが待っている場所ですね。

ピーコのおすすめ!

  • ピーコ&ふうちゃんの部屋
    ピーコと、ふうちゃんが最初に立ち上げたHP! さっぱり理解できないパソコンと格闘して、どうにか作った代物です。
  • P&F in Karuzawa
    ピーコとふうちゃんのお部屋からおいだされたふうちゃんが、独立!軽井沢の風景、内田康夫の名所案内、軽井沢滞在日記などがあるHPです。

acces