フォト

軽井沢の花たち

  • ツリフネ
    軽井沢の庭に咲く花を集めてみました。東京では見られない花がたくさんあるのに、驚きます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 母の入院・・その14 | トップページ | その後・・・・ »

母の入院・・その15

さて、さて、
その翌日・・・2月14日の午後のこと。

いつものごとく、
面会に行ってみると
母はベットの上で、にこにこ顔だった。

私を見るなり、開口一番

「明日、先生が退院していいって
おっしゃってくださったのよ!」

えーーーーーーー!!!

明日退院!!
そんなの有りなの?
本当の話なの?
って、ちょこっと、思ったんですが
それより何より、
とにかく、退院の二文字を聞いた私は
嬉しくって、嬉しくって

「ほんとーーーー
凄いじゃない!!
やったね!!
よかった、よかった、
明日、お家に帰れるのね」と、
もう、すっかり、母と一緒に
舞い上がってしまったのでした。

それにしても、
母の快復力たるや、
信じがたいです。
元々、丈夫な母ではあったんですが、
それにしても、今にも死にそうっていう
あの場面から、考えると、
どうしたって、奇跡に近い感じです。

二人で、手を取り合って、
喜んでいたそこへ、
看護士の方が、いらっしゃったので
思わず、声をかけてしまいました。

「母、もう退院だそうですね
お世話になって、ありがとうございました」

すっかり、私は、もう退院気分だった。

「え?
Tさん、もう退院するって、
先生おっしゃってましたか?
聞いてないんだけど・・・・」

「へ?・・・・・・・・・・・・」

フフフ・・・・・・・・
そうですよね・・・・・・・
やっぱり、ちょっと早すぎますよねえ・・・・

後で、先生にお会いしたので
確認してみたところ・・・・・

「え?退院?
うーん、確かに、午前中に
今後の調子がよかったら、
考えてみます・・とは、、
言いましたけどねえ・・・・
明日・・・・なんては・・・・・・・・」

要するに、
退院したかった母は、
先生の、『考えてみます』というのを
勝手に、出来ると、思いこんじゃった
ということだったみたいなんです・・・・

で・・・・・
暫く考えていた先生は
「そうねえ・・・・調子いいようだし
それじゃ、あさってあたり、
退院しますか・・」
と、おっしゃったのでした。

あさって・・・・つまり2月16日に
母は退院する事になったというわけ。

なんと、なんと、
2週間という、当初の入院予定を
すっ飛ばして、6日間の入院。

介護が始まると思った、私の
思いこみも、すっかり、ぶっ飛ばしてくれて
病院の中では、
看護士さんが、トイレに行くときには、
付き添いますから、という言葉も
すっかり無視し、自分で勝手に
トイレに行く母なのでした。

まさに、
怒濤の快復!!!なのでした。

ご心配くださっている皆様。
母は、すっかり元気で、全く
元の状態に戻りました・・・・・
ご心配おかけして、
本当に申し訳ありませんでした。

« 母の入院・・その14 | トップページ | その後・・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

★セロさん、長いお話におつきあいくださって、ありがとうございました。

確かに、年を取ると、肺炎は怖いみたいですね。
最初の主治医の先生は、一番それを心配してくださったのですけど。お祖母様、お元気になられたそうで、よかったですね。年を取ると、熱が出なくても肺炎なんだそうですよ。それにやっぱり急変するそうで、油断すると怖いと、後から何度も言われました。
まあ、今回は、元気になってくれましたので、家族みんなほっとしております。ご心配いただき本当にありがとうございました。

★ちゃぐままさん、ご無沙汰しました。

ありがとうございます、長いお話、お読みくださったそうで・・・・ちょっとしんどかったのでは・・・
そうなんですーー、全く、同じようなお話を書いている感じですね。あれは去年の8月、娘でして・・
なんだか、このところずっと、救急車に縁がありすぎるような気がします。でも、あのときよりは、今回の方が、本当に怖かったです。終わってみれば・・・なんだか、またしても独り相撲という感じなんですけどね。

★marimariさん、本当に、最後までおつきあいくださって感謝です。コメント励みになりました。

私もびっくりです、凄い回復力!!
驚いちゃいますよね。
嬉しい、驚きなんですけどね。

★ぴえろさん、最後までおつきあいくださって
ありがとうございます。

本当に、びっくりの回復力でして、驚いちゃいます。
すっかり元気でして、元に戻っちゃいまいました。
寝たきりにならないまでも、今までのようにはならないのではないかと、思っていたんですが、そんな私の思いも、すっかり蹴散らしてくれて、最近は、台所で、料理を作ったりしております。子供孝行な母だなあと、しみじみ思うこの頃です。

ピーコさん、ごぶさたしました!遅くなりましたが、復帰されてうれしいです。お母様も本当によかったですね。入院記が完結したらコメントさせていただこうと思っていたのです。

年を取っていくにつれて免疫力も弱まり、若い人間には何ともないことがきっかけですぐに肺炎へと進行したりしますよね。うちの祖母も正月に肺炎を起こしました。周囲の家族から見ても、本人も平気だったのですが、診断は肺炎で予定した旅行は取りやめでした。でも入院はせずに済み、無事回復してやれやれでした。

ピーコさんもお疲れ様でした。そして、本当によかったですね。

こんばんは!
私も2月はパソコンを封印していまして、久しぶりにこちらを訪問しました。・・・ら、なんと入院の記事がずらーーーーり。びっくりしました。

それでも何とか読み終えて、最後の「怒涛の快復」のすばらしきエンディングに思わずカンパーイです。
本当によかったですね~!!
そういえば半年前にも同じようなことがありませんでした?
結果的には、エピソードみたいにあとでは安心しましたが、それにしてもピーコさんは「ついてる」と思いました。
ついてるというより、これはピーコさんの人柄が難を乗り切らせたというほうが当たっている気がします。

いつもながら、ピーコさんの表現力と間の取り方は絶妙ですね。なんか「賞」をあげたい気分です!

ピーコさん、はらはらドキドキの物語もハッピーエンドで、安心しました。
年齢がいってくると、回復に時間がかかるのに、お母様はすごいです。心がお若いからですね。きっと。

お母様の回復力凄いですね。
良かったですね。
ご家族の皆さん、安堵なさったでしょうね。
めでたし、めでたし!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142268/40408959

この記事へのトラックバック一覧です: 母の入院・・その15:

« 母の入院・・その14 | トップページ | その後・・・・ »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ピーコのブログ仲間

  • ホタルと月の国
    絵をお描きになる、浜辺の月さんのブログです。 油彩、水彩、鉛筆、パソコンなど、何でも使って描かれた素敵な絵が、たくさん載っています。絵を描くことの楽しさや、感動が伝わってくる気がします。
  • 信濃はまほろば
    信濃追分に週末住宅をおもちの、ヘンゼルさんのブログ。 自然、ひと、美しい物すべてを、素敵な写真で表現されています。
  • ふうちゃんの軽井沢滞在日記
    ふうちゃんが軽井沢から滞在中の出来事を発信しています。さらに、東京からの発信もあります。
  • ひとりごと
    絵をお描きになる、ぴえろさんのブログです。 日々の暮らしを楽しんでいらっしゃる様子が、素敵な絵と文章で表現されています。表情豊かな人物の絵がとても魅力的です。
  • ひなたぼっこ
    いろいろなことに、興味津々のタムさんのブログ。 あちこちにいらっしゃって、素敵な写真がいっぱいです。名前通り、心がぽかぽか、ほっとするひとときが待っている場所ですね。

ピーコのおすすめ!

  • ピーコ&ふうちゃんの部屋
    ピーコと、ふうちゃんが最初に立ち上げたHP! さっぱり理解できないパソコンと格闘して、どうにか作った代物です。
  • P&F in Karuzawa
    ピーコとふうちゃんのお部屋からおいだされたふうちゃんが、独立!軽井沢の風景、内田康夫の名所案内、軽井沢滞在日記などがあるHPです。

acces