フォト

軽井沢の花たち

  • ツリフネ
    軽井沢の庭に咲く花を集めてみました。東京では見られない花がたくさんあるのに、驚きます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 雪の軽井沢 | トップページ | イルミネーション »

軽井沢のご飯

たまには、電気製品のお話でも
しましょうか。

よく、あちこちのサイトに行くと、
食べ物のお話がでてくる。
ケーキの美味しいお店は、こことか
お蕎麦の美味しいところは、あそことか・・・
皆さん、あちこちよく、食べにいらっしゃるなあと
私は、感心して読ませていただいています。

と同時に、色々な電気製品の
ご紹介なども、お見かけします。
この暖房機は、グッドだとか、
デザインが素敵とか・・・・

よく皆さんご存知なんだなあと、
いつも、感心しながら見ているんです。

我が家は、とにかくグルメとは
ほとんど縁がありません。
外食を嫌う母がいて、
忙しいふうちゃんがいる。
そして、出不精の私とくれば、
まあ、ほとんど家で食べている
ことになります。
たまに、軽井沢に来たときだけ、
こちらのレストランで、食事をするのが
唯一の楽しみ・・・・・

電気製品も、なにしろ、
壊れないと、新しくしない母の
教えが効いているので、
昔買った物を、ずっと使っている。、

母の所の、炊飯器は
ガスなんですが、
私が結婚する前から
使っていたのを、いまだに
使っているんです。

なんと、30年以上・・・・・
さすがに、私も驚いて
母に、言ってみた。

「ねえ、たまには新しい炊飯器に
変えてみようとは、思わないの?」

「だって、まだちゃんと炊けるじゃない」

確かに・・・・・
なにせ、炊くだけの機能しかない
シンプルなガス炊飯器は、
壊れないんですよ!!

ちょっと驚きですね。

昔の物は、丈夫だったってことかも・・

というわけで、
我が家の電化製品は
とにかく古い物が多い。
長年ずっと使っているのです。

母の所は、ガス炊飯器なんですが、
我が家のは電気の炊飯器です。

結婚したときに、もって来たものは
さすがに、壊れて、
今使っているのは、2台目です。

何度も引っ越したので、
あちこち、旅をしてきています。

で・・・・・・・・・

その炊飯器が、
軽井沢に来てから、どうも美味しく
炊けないんです。

普通の水の量だと、
バサバサのご飯になっちゃうの。
かといって、水を多めに入れると、
今度は、めっこご飯になってしまう・・・・

めっこご飯・・・・・?
って、ご存知ですか?

今時、こんなご飯にお目にかかる
人は少ないだろうなあ・・・

ご飯が炊けては、いるんです。
だけど、中に芯がある・・・
中心が堅いご飯のことなんですよ。

私は、あんまりご飯の味って、
分からないんです。
どれも、だいたい美味しいと思う
いい加減な舌しか持ってないもので。

しかしながら、さすがの私も
この めっこご飯には、参った・・・・
まずいのなんのって・・・・
全く美味しくないんです!!
それでも、一応食べましたけどね。
何せ、これも母の教えが厳しくて

「お米を捨てるなんて、罰が当たる!!」
ですからね!!

加えて、ふうちゃんにいたっては、
ご飯に五月蠅いの。
ご飯が美味しくないと、
とにかくご機嫌斜め・・・

そう言うわけで、
こちら、軽井沢のご飯は、
あんまり、喜ばれません。

でもね、東京では、ちゃんと、
この炊飯器で、美味しく炊けていたんです。
どうして、軽井沢では、
美味しく炊けないんだろう?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何故だろう・・・・・・

と、考えていたんですが・・・・

ある時、はたと、気がついた!!

軽井沢は山だった!!

我が家は、900メートルほどの山に
あるんです。

つまりね、
気圧が低いんです・・・・・・

ということは、
沸点が、低い可能性があるの。
ご飯を、低い温度で炊いているのかも
しれない・・・ってことなのよ。

そこで、
とうとう、炊飯器を買うことにしました。
新しい炊飯器・・・・
今のは、壊れているわけじゃないので
ちょっともったいない、気もするんですが、
とにかく、もうちょっと、美味しく炊ける
炊飯器にしよう・・・というわけです。

買ったのは、
三菱の、圧力IH炊飯器・・・・・Pic_03_2
なんでも、1,2気圧の圧力をかけて
おまけに超音波でお米に水を
よくしみこませて、
ふっくら、もっちりおいしいご飯が
炊けるんですって!!

軽井沢は、気圧が低いなら、
圧力をかければいいと、思った
訳なんです。

早速、今日炊いてみました。

どうだったと思いますか?

フフフ・・・・・
大成功でした。
ちゃんと、もっちり、ふっくら
美味しいご飯になりましたよ。

ぱさぱさご飯とは、おさらばできそうです。

これで、ふうちゃんのご機嫌も
しばらくは、いいかもね・・・・
それにしても、最近ふうちゃん
短気になって、なにかというと
すぐに、怒り出すんです。

男にも、更年期ってあるのかしらん?

« 雪の軽井沢 | トップページ | イルミネーション »

ショッピング」カテゴリの記事

コメント

★葵留美さん、いらっしゃーい

そうでしょ、そうでしょ、あった方がいいわよねえ。
でも、でも、なんだか、最後の3行ばかりが受けてるようで・・・ハハハ、ほほえましいなんて、嬉しいお言葉です。
ガス炊飯器って、結構美味しく炊けるんですよ。火力が強いせいか、とにかく母は気に入ってます。
昔は、マッチが必要でしたよねえ。私もマッチを付けるのが苦手で、小さい頃は、嫌いでしたね。
我が家のは、スイッチは付いていて、マッチは必要ないみたいですが、それ以外は、本当にシンプルで、炊けるだけの機能しかないんです。たぶん、そのシンプルさのお陰で30年ももっているんでしょうねえ。

こんにちは いつも楽しく読んでいます(やっぱり、最後の三行はあったほうがいいですね ほほえましくって^^)

ガス炊飯器、とっても懐かしいですね。子どもの頃、まだ長野に暮していた時はガス炊飯器使ってました。お手伝い当番が決まってて、お風呂掃除はいいけど、炊飯器をつけるときマッチがうまくつかないし、マッチがついたと思ったら今度は火がうまくつかないしと、嫌いなお手伝いでしたね。

★セロさん、こんにちは

確かに・・・わたしも「はらたいら」さんのお話、どこかでちょこっと聞いたかも・・・
あるんでしょうね・・きっと、男の人にも更年期。
ふうちゃんの場合は、それよりも、たぶん、お仕事のストレスが大きいような気もします。定年間近になると、男の人も責任の重い仕事になる場合が多いようで、たぶん、そのあたりが、怒りっぽい原因なんだろうなあと、分かってはいるんですけどね。
つい、ひとこと・・ハハハ
ネットで憂さ晴らし・・だって、妻も更年期なんだもん!!

★ちゃぐままさん、こんにちは!

どうも・・・最後の3行だけが受けてるようで・・・
まあ、いいか、言いたいことは書けたんだから・・ハハハ
確かに、ご飯を炊く時って、炊飯器を信じちゃってますよね。まして、今まではちゃんと炊けてたとなると、何とも不思議で、機械が壊れたのかと、思ったりもしたんですよ。めっこご飯には、さすがに参りましたね。
「ごっちんご飯?」ですか?うーん、ところ変われば言葉も変わるんですねえ。でも、ごっちんの方がぴったりのような気もしますね。面白いですね、言葉って。

ピーコさん、男の更年期もあるんですよ!有名な例では、はらたいらさん。重く長い更年期障害に苦しみ、奥さんとともに乗り越えられました。

確かその闘病記?のような本を書いてましたよ。あまり一般的ではない男の更年期障害を知って欲しいというようなことを、昔テレビで見ました。私もその時に初めて知った次第です。

こんばんは!
最後の3行を巡って、夫婦の公開討論(?)が、なんともほほえましいですね!

飯ごうでご飯を炊く時は「気圧」が頭に残りますが、
電気炊飯器だと、つい全幅の信頼を置いてしまいますよね。「気圧」に気づいたところが素晴らしい!!です。
ちなみに我が家の電子レンジは30年前のもの。レンジ、オーブン、グリル、スチームの機能まで付いているし、私の一番のお気に入りです。アナログ式はいいですね~!

「めっこご飯」は初耳。こちらでは「ごっちんご飯」といいます。迫力あるでしょ?
そういえば、イタリアのリゾットは「めっこご飯」でしたー!

★バタ子さん、いらっしゃい。

フフフ・・・納得してくださった?
いいたいこと、わかっていただけますよねえ。
だって、最近、どう考えても、ふうちゃん、おこりっぽしんだもん。まあ、仕事が忙しくて、大変なのかもしれないんですけどね。
炊飯器に限らず、電化製品って、進歩しているんですね。本当にびっくりしてしまいます。ガス炊飯器もたぶん進化しているんだと思うんですが、母は頑固に昔のものを使っています。でも、こちらの方は結構おいしく炊けているので、いいのかなあと思っております。土鍋でご飯を炊くんですか?よく母が、おかゆを炊くときに使っていますけど。
でも、ものすごくお高い炊飯器って、炭でできているんですって。買ってみたかったですけど、やっぱり高すぎましたね。

ピーコさん、こんばんは!
最後の三行、笑わせていただきました^^

そうなのですよね。
お米は炊飯器で美味しさが変わります。
実家の炊飯器もウン十年ものなのですが、
同じお米を我家の5年目の炊飯器で炊くと
ふっくらしていて、全然味が違うのです。

今は土鍋で炊くのも流行っていますよね~。
ちょっとやってみたいと思っている今日この頃です。

★ふうちゃんへ

確かに、美味しいご飯になりましたね。
もっちり、ふっくら、これぞ日本の主食!
味のわからない私でも、美味しく感じました。
で・・・・・・・・
最後の3行がいいんじゃないのよ!!
この3行を書くために、このお話を書いたんだからね!!

 ご飯が美味しく食べられることは、大切なことだと思います。何しろ日本人の主食です。
 日本の食文化を正しく後世に伝えたいものです。
 電気炊飯器の開発をしている人の話をプロジェクトXでやっていました。苦労に苦労を重ねて開発したそうです。
 また、うん万円する炊飯器が品不足ということも報じられていました。
 
 軽井沢のご飯、圧力式の炊飯器を買うことで解決しました。うん万円する高級炊飯器ではありませんが、
美味しくご飯が食べられればよいのです。
 
 それにしても、最後の3行はよけいだと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142268/17458775

この記事へのトラックバック一覧です: 軽井沢のご飯:

« 雪の軽井沢 | トップページ | イルミネーション »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ピーコのブログ仲間

  • ホタルと月の国
    絵をお描きになる、浜辺の月さんのブログです。 油彩、水彩、鉛筆、パソコンなど、何でも使って描かれた素敵な絵が、たくさん載っています。絵を描くことの楽しさや、感動が伝わってくる気がします。
  • 信濃はまほろば
    信濃追分に週末住宅をおもちの、ヘンゼルさんのブログ。 自然、ひと、美しい物すべてを、素敵な写真で表現されています。
  • ふうちゃんの軽井沢滞在日記
    ふうちゃんが軽井沢から滞在中の出来事を発信しています。さらに、東京からの発信もあります。
  • ひとりごと
    絵をお描きになる、ぴえろさんのブログです。 日々の暮らしを楽しんでいらっしゃる様子が、素敵な絵と文章で表現されています。表情豊かな人物の絵がとても魅力的です。
  • ひなたぼっこ
    いろいろなことに、興味津々のタムさんのブログ。 あちこちにいらっしゃって、素敵な写真がいっぱいです。名前通り、心がぽかぽか、ほっとするひとときが待っている場所ですね。

ピーコのおすすめ!

  • ピーコ&ふうちゃんの部屋
    ピーコと、ふうちゃんが最初に立ち上げたHP! さっぱり理解できないパソコンと格闘して、どうにか作った代物です。
  • P&F in Karuzawa
    ピーコとふうちゃんのお部屋からおいだされたふうちゃんが、独立!軽井沢の風景、内田康夫の名所案内、軽井沢滞在日記などがあるHPです。

acces