フォト

軽井沢の花たち

  • ツリフネ
    軽井沢の庭に咲く花を集めてみました。東京では見られない花がたくさんあるのに、驚きます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

5千円のお話

娘が、インフルエンザに罹って
2年ぶりに、東京で年越しです。

29日ともなれば、
お正月の買い出しに、大忙し。

雨もあがったようなので、
近くのスーパーへ、出かけてみました。

お店の名前は「オオゼキ」
我が家の辺りでは、結構安いと
評判の、お店なんです。

まあ、この時期買う物と言ったら、
黒豆の材料の豆・・・
丹波の黒豆って、本当にお高いのね。
小さい袋で、1200円もした。
それから、私が絶対に作るのは
「きんとん」!!
芋、栗大好き人間なんですからね、
栗と、サツマイモは、
欠かせない品物です。

あとは、ハムだとか、
お魚だとか、まあ、色々買いました。

で・・・・・・・
いよいよ、これからが、今日の
問題のお話なの。

レジでお金を払うことになった。

合計5758円

で・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
私は、1万円札を出したはずだった・・・・
ところが、出すときに
758円がお財布に
ありそうだったので、それを出そうと
お財布を、ひっくり返していて
細かいお金を出すのに、夢中に
なっちゃったんですよ。

そうして、
10760円だした。
つまり、5002円の
お釣りをもらうはずだったんです。
ところが・・・・・・・
頭が、出すお金の方ばっかりに
いっていて、お釣りをもらうことに
神経が行ってなかったの。

ぼんやりしていたんですねえ・・・
レシートと、2円だけもらって、
別段不思議にも思わず、
帰ってきてしまった・・・・・・・

全く、自分でも何をやっているんだか・・・・
アホとしか、言いようがないんですが、
なんにも疑問を持たずに、
5000円不足のまま
次のお店に行ってしまったんです。

それで、
次のお店に、行って、
お買い物をして、お財布を
のぞいてみて、

「あら?5000円、お釣りがないわ」

と、気が付いた!!!!

大変!!

それで、よくよく、レシートを見てみれば
なんと、レシートには、
5758円の支払いに対して
5760円しか、払ったことに
なっていなかったんです。

私は、1万円札を出したのに
5000円と、レジの人が勘違い
してしまったんですね。

こうなってしまったら、
私が1万円出した、証拠なんて
何処にもないわけで・・・・
なんて、馬鹿だったんだろうと
我ながら、ガックリ来てしまった。

だって、レジの人に
もらったのは、、5千円札だったと、
言われてしまえば、
どうしようもないんですものね。

あああ・・・・・・・
もったいない・・・・・
5千円あれば、美味しいケーキが
食べられたなあ・・・・とか
軽井沢のレストランで
ランチが一回食べられたなあ・・・・
とか・・・・・・・・・
思うことは、食べることばっかりで・・・
我ながら、食いしん坊だと
思うんですけど、
悔しい気持ちで、一杯に
なっちゃっておりました。

でも、とにかく、一応
家に、ついて、真っ先に
お店に電話を、かけてみました。

「1万円出して、お釣りの
5000円をもらうのを、わすれて
来ちゃったんですけど・・・・
証拠もないし、信じてもらえない
かもしれない話なんですが・・・・・」

とね・・・・・・・・・
すると、店長さんが出てこられて

「レシートの担当の番号と、
お買いあげになった、時間を
教えてください、すぐにお調べします」

へ?
それで、分かっちゃうの?
ちょっと、びっくりしました。
だって、信じてもらえないお話だと
思っていたんですから。

なんでも、マスターコンピューターで
一括管理をしているそうで、
時間と、担当者が分かれば、
収支がはっきりするので、
お金が多ければ、
すぐに分かるんだそうです。

スーパーって凄いことになってる
のねえ・・・・
え?
そんなこと常識だって?
うーん、そうなんですか?
だって、知らなかったもの。

それで、待つこと10分・・・・
我が家に電話がかかってきた・・・・・・

「大変、申し訳ありません、
確かに、5000円多くいただいております」

「まあ!!!!
凄い!!!分かったんですか?」

「はい、それで、すぐに5000円を
お返しに行きますので、ご住所を
お知らせ下さい」

「え?今すぐ、届けてくれるの?
そんなーーー申し訳ないですから
明日、行きますので、その時でいいですから」

「いえ、いえ、今日中に、お返しすのが
常識ですので、すぐに参ります」

とまあ・・・・そんなお話でして・・・・

本当に、驚きました。
それから、10分ぐらいたって
戻ってくるはずがないと、
あきらめていた5千円は、
しっかり手元に、戻ってきました。
お電話代として、30円の利子が付いて。

なんだかすごーーーく
幸せな気分になりました。

5千円で、買える物も嬉しいけど、
私の話を、信用してくれて
ちゃんと聞いてくれたこと、
そして信用が一番大切だと、
思っている、お店があるんだと
分かったことが、一番嬉しかったですね。

「偽」が今年の一年の
漢字になったけど、
それは、ほんの一部のこと
真面目に、一生懸命お仕事を
しているお店や、人が沢山いるのね。

年の瀬の、本当に嬉しい出来事でした。

特効薬・・・・・

今朝、布団に入っている私のところへ
娘が、やってきた。

悲しそうな声で・・・・・・

「熱があるみたい・・・・・
風邪ひいたのかなあ・・・・・」

へ?・・・・・・・・

風邪?・・・・・・・・・・・

まずいですよ、そりゃまずい!!!

普段だったら、寝てれば済むのだけど、
今日ばっかりは、困るのです。

だって、だって、
明日から、
軽井沢の予定なんですからね。

そういえば、夜半から
咳をしていたっけ・・・
だけど、昨晩は、元気だったのに・・・
何で又、今日に限って
風邪なんて・・・・・・
どうしよう?
行けるかしら?軽井沢・・・・・・

それを聞いていたふうちゃんが
横で、一言。

「早く医者へ行け!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と言うわけで、朝ご飯もそこそこに、
娘は、一人で、
近くの医者に出かけたのだった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

娘が医者に出かけてから
暫くして
電話がかかってきた。

「もしもし、こちら、○○病院ですけど
お嬢さんが、いらっしゃって、
診察した結果、
インフルエンザA型にかかっています」

あららら・・・・・
インフルエンザA型!!

風邪だってまずいのに、よりにもよって
インフルエンザとは!!
そりゃないわよおーーー

「それで、お嬢さんが、タミフルを
要求されたのですが、
お渡ししてよいでしょうか?」

そうなんです。
例のタミフル!
インフルエンザの特効薬。Tamifuru

実は、これにはちょっと、
訳があるんです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

娘がの症状が、熱だけでなく、
頭痛がひどいと言うのを聞いた
ふうちゃんが、

「ひょっとしたら、インフルエンザ
かもしれないぞ」と、
言っていたのだった。
なんでも、今年のインフルエンザの
特徴は、熱と、頭痛
なんだそうです。

そこで、病院へ行く娘に
インフルエンザの検査をしてもらうことと、
かかっていたら、
タミフルをもらってくるように
言っていたのでした。

まあ、要するに、娘は
ふうちゃんの
言ったことを、そのまま
病院で医者に伝えた訳なんです。

ふつうだったら、
まあ、それで、おしまいで・・・
そのまま、タミフルをもらって
帰ってくるはずなんでしょう・・・・

だけどね、
ご存じの方も多いかもしれないけど、
なにしろ、我が家の一人娘は
見た目が小さいのよ・・・
どう見ても、子供に見えちゃう・・・・

年は、くってるんだけど・・・・・

もう大人なんだけど・・・・・・

親の、承諾が必要と、
思われちゃったんでしょうね。

で・・・まあ、この電話になったわけ
でしょう・・・・たぶん。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「あのーーー、娘は、もう大人ですけど」

「はい、分かっていますけど、
今、先生と変わります」と、

先生が変わって、
電話口に出てこられた。

「お嬢さんが、タミフルを
欲しいとおっしゃるんですが、
出してよいでしょうか?」

「はい、お願いします」

「この薬は、
副作用があるかもしれませんが・・」

「はい、知っています、でも娘は
もう大人ですし・・・」

「では、飲んだ後は、十分注意して、
観察していてください」

「はい、分かりました」

そうなのよね、タミフル
例のタミフルですからね
異常行動が心配されるのでしょう。
目を離さないように
注意されたのでした。

さて、さて、
そんなわけで、
娘は現在、タミフルを飲んで
寝ております。

別段、おかしな行動も
起きないようです。

わたしもつい、
言ってみたくなっちゃう・・・

「二階の窓から飛び出さないでよ
貴女が死んだら、
家中涙の嵐になるんだからね」
なんてね・・・・

とはいえ、
この薬、本当に特効薬みたいですよ。
昼間は熱があって、
つらそうだったけど、
現在は、すっかり熱も下がって、
夕飯もしっかり食べて、
元気になりつつあります。

まあ、体力がないので
すぐに、風邪やら、
インフルエンザやらに、
かかってしまうのでしょうねえ。

しょうがない、
予約した新幹線も、お迎えも
キャンセルとなりました。
今年は、東京で
お正月を迎えることに
なりそうです。

イルミネーション

昨日から東京です。Irumi1

東京に帰って早々、出かけた。

出不精の私としては、異例なことなんです。
たまたま、テレビを見ていたら
この時期恒例の、
イルミネーション特集をやっていた。

本当に、最近は凄いですよねえ。
あちこちで、イルミネーションがIrumi2
綺麗で、びっくりしてしまいます。

去年は、軽井沢のイルミネーションを
バスに乗って、見に歩いたのでした。

ですけど、軽井沢はねえ、
とにかく寒いのよ!!
綺麗で、静かで、
(もっともイルミネーションのこの時期は
人が多いんだけど)Irumi3
雪なんか降っちゃうと、
それはそれで、またまた、素敵に
なるんだけど・・・・・
でもねえ、とにかく寒いのよ。
冷え性の私としては、綺麗なのよりも
寒さがこたえちゃうのです。

そういうわけですから、
今年は、軽井沢のイルミネーションはIrumi5
パスしたのでした。

で・・・・・・・・
テレビを見ていたら、
東京のイルミネーション特集を
見てしまった!!

日比谷公園
日本一高い、クリスマスツリーTree2
高さ43メートル!!

そりゃ凄い・・・
見に行かなくちゃ!!

ハハハ・・・・・

結構私も物見高かったのだわ・・・・

珍しく、出不精の私が、

「ねえ、日比谷公園で、日本一のTree3
クリスマスツリーが出来たって・・・
見に行かない?」

なんて言ったものだから、
ふうちゃんは、喜んじゃった!!
なにせ、出かけるのが大好き人間。

「行こう!行こう!!」

とまあ、即決でして。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

みましたよーーーーTree5
大きなクリスマスツリー!!

日比谷公園から、東京駅まで
ついでに、散歩しながら、
都会のイルミネーションやら、
ツリーやらを、楽しみました。

本当に、都会は、不夜城ですね。

おまけに、人が沢山!!

警備員もいっぱい!!

そして、その沢山の見物人が
みんな、みんな、みんな
イルミネーションやら、ツリーを
携帯やら、デジカメやらで
撮っている!!!

みんな、みんな
同じことをやってるの!!!

ああ・・・

日本は平和だなあ・・・・・・

しみじみ、そう思いながら、
都会の町中を歩いておりました。

で・・・・・・・・
人が集まれば、
沢山物が売れる・・・・
要するに人集めしてるんだなあ・・・・

だけど、だけど、

LEDとはいえ、凄い数の電球。
地球の温暖化は・・・・・・・
どうなるんだろう・・・・・

軽井沢のご飯

たまには、電気製品のお話でも
しましょうか。

よく、あちこちのサイトに行くと、
食べ物のお話がでてくる。
ケーキの美味しいお店は、こことか
お蕎麦の美味しいところは、あそことか・・・
皆さん、あちこちよく、食べにいらっしゃるなあと
私は、感心して読ませていただいています。

と同時に、色々な電気製品の
ご紹介なども、お見かけします。
この暖房機は、グッドだとか、
デザインが素敵とか・・・・

よく皆さんご存知なんだなあと、
いつも、感心しながら見ているんです。

我が家は、とにかくグルメとは
ほとんど縁がありません。
外食を嫌う母がいて、
忙しいふうちゃんがいる。
そして、出不精の私とくれば、
まあ、ほとんど家で食べている
ことになります。
たまに、軽井沢に来たときだけ、
こちらのレストランで、食事をするのが
唯一の楽しみ・・・・・

電気製品も、なにしろ、
壊れないと、新しくしない母の
教えが効いているので、
昔買った物を、ずっと使っている。、

母の所の、炊飯器は
ガスなんですが、
私が結婚する前から
使っていたのを、いまだに
使っているんです。

なんと、30年以上・・・・・
さすがに、私も驚いて
母に、言ってみた。

「ねえ、たまには新しい炊飯器に
変えてみようとは、思わないの?」

「だって、まだちゃんと炊けるじゃない」

確かに・・・・・
なにせ、炊くだけの機能しかない
シンプルなガス炊飯器は、
壊れないんですよ!!

ちょっと驚きですね。

昔の物は、丈夫だったってことかも・・

というわけで、
我が家の電化製品は
とにかく古い物が多い。
長年ずっと使っているのです。

母の所は、ガス炊飯器なんですが、
我が家のは電気の炊飯器です。

結婚したときに、もって来たものは
さすがに、壊れて、
今使っているのは、2台目です。

何度も引っ越したので、
あちこち、旅をしてきています。

で・・・・・・・・・

その炊飯器が、
軽井沢に来てから、どうも美味しく
炊けないんです。

普通の水の量だと、
バサバサのご飯になっちゃうの。
かといって、水を多めに入れると、
今度は、めっこご飯になってしまう・・・・

めっこご飯・・・・・?
って、ご存知ですか?

今時、こんなご飯にお目にかかる
人は少ないだろうなあ・・・

ご飯が炊けては、いるんです。
だけど、中に芯がある・・・
中心が堅いご飯のことなんですよ。

私は、あんまりご飯の味って、
分からないんです。
どれも、だいたい美味しいと思う
いい加減な舌しか持ってないもので。

しかしながら、さすがの私も
この めっこご飯には、参った・・・・
まずいのなんのって・・・・
全く美味しくないんです!!
それでも、一応食べましたけどね。
何せ、これも母の教えが厳しくて

「お米を捨てるなんて、罰が当たる!!」
ですからね!!

加えて、ふうちゃんにいたっては、
ご飯に五月蠅いの。
ご飯が美味しくないと、
とにかくご機嫌斜め・・・

そう言うわけで、
こちら、軽井沢のご飯は、
あんまり、喜ばれません。

でもね、東京では、ちゃんと、
この炊飯器で、美味しく炊けていたんです。
どうして、軽井沢では、
美味しく炊けないんだろう?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

何故だろう・・・・・・

と、考えていたんですが・・・・

ある時、はたと、気がついた!!

軽井沢は山だった!!

我が家は、900メートルほどの山に
あるんです。

つまりね、
気圧が低いんです・・・・・・

ということは、
沸点が、低い可能性があるの。
ご飯を、低い温度で炊いているのかも
しれない・・・ってことなのよ。

そこで、
とうとう、炊飯器を買うことにしました。
新しい炊飯器・・・・
今のは、壊れているわけじゃないので
ちょっともったいない、気もするんですが、
とにかく、もうちょっと、美味しく炊ける
炊飯器にしよう・・・というわけです。

買ったのは、
三菱の、圧力IH炊飯器・・・・・Pic_03_2
なんでも、1,2気圧の圧力をかけて
おまけに超音波でお米に水を
よくしみこませて、
ふっくら、もっちりおいしいご飯が
炊けるんですって!!

軽井沢は、気圧が低いなら、
圧力をかければいいと、思った
訳なんです。

早速、今日炊いてみました。

どうだったと思いますか?

フフフ・・・・・
大成功でした。
ちゃんと、もっちり、ふっくら
美味しいご飯になりましたよ。

ぱさぱさご飯とは、おさらばできそうです。

これで、ふうちゃんのご機嫌も
しばらくは、いいかもね・・・・
それにしても、最近ふうちゃん
短気になって、なにかというと
すぐに、怒り出すんです。

男にも、更年期ってあるのかしらん?

雪の軽井沢

昨夜から軽井沢は雪です。Img_0312

つもるかなあ・・・と、思いつつ
朝目が覚めたら・・・・・

外は一面真っ白!!
雪景色でした。

大好きなんです!
この季節の軽井沢が
私は一番好き。
だって、だって・・・・・
本当に綺麗なんですから・・・・Img_0321

最初は、夏のために、ここにしようと
決めたお家でした。
でも、家を建てることを決めて
最初にやってきた冬に
あんまりその雪景色が
綺麗なので、
これはもう、絶対に、冬も来なくちゃ!
と、思ったのでした。
そのあたりのお話は、
こちらでご覧ください

http://homepage2.nifty.com/pihkoandfuhchan/house2.htm#情報集め

(長いお話ですいませんm(_ _)m)

雪掻きをしてから
散歩に出かけました。

もう、今日はお天気は晴れImg_0319
青い空に、真っ白な世界
雪の華が一面に咲いて、
本当に綺麗なんです。

こちらは、雪のクリスマスです。

冬枯れの軽井沢

今日から、軽井沢です。
クリスマスまでこちらにいます。
イルミネーションが多分今年も、あちこちで
見られることでしょう。

寒いですーーーー

今、ちょうど真夜中。
外は・・・・・氷点下に下がっている。
家の中は、東京より温かいですけどね。
何せ、こちらは暖房してあるので。
当然か・・・・・

到着したのが
昼の2時頃・・・・その時の
家の中の温度が・・・2℃だった。
水の開栓作業をして、
暖房をつけたら、早速ツルヤに出かけた。
何せ、寒いので、部屋が暖まるまで
逃げ出したのです。

お買い物をして、帰ってきたら
部屋も、少し温度が上がって
9℃になっていた。
夕飯の頃は、18℃ぐらいまで
あがっていたんですけどね、
今は、14℃ぐらい・・・・
寝るので、もう、温度はこのままです。

だいたいが、
あんまり室内を温かくするのが
好きじゃないんです。
東京で、寒いのには慣れてる・・・・
今年は灯油もお高いし・・・

明日から、
こちらの大掃除をしなくちゃ。

障子貼り・・・・やろうかなと
障子紙を買ってきた。

なんと、東京で980円した障子紙が
こちらでは399円だった。
半値以下・・・・不思議ですね。

家に戻って最初にした仕事は
デッキの、お掃除・・・
デッキの上は、落葉松の絨毯でした。
一面に、落葉松の葉っぱだらけ。
もう、木には、葉がありません。
冬枯れの、軽井沢です。

大掃除は大変!

大掃除の季節になりました。

やらなくちゃ・・・・と、思ってはいたんですが
なかなか重い腰があがらない。

「ねえ、今年は障子張り替えたら?」
と、母に言うも、

「面倒よ、大変だし・・」と、
なかなかやる気を出さないのです。

不思議に思います、これが年を取るという
ことなんでしょうか。
昔は、本当にまめに何でもやった
母なんですよ。

我が家は、昔から大掃除には
ちゃんと取り組んだ家でした。
普段、家のことなど何もしない父が
このときばかりは、しゃしゃり出てきて

「それ、大掃除だ、みんな働け!」と
騒いでいたのを想い出します。
その父が、やっていたのは
すす払い。
これ専門で、いつも長い箒で
天井を掃いていた。

私に必ず回ってくる仕事は
神棚のお掃除でした。

神棚・・・なんて言っても、ピンとこない
方もいらっしゃるかもしれないなあ。
昔の家には、あったんですよ。
なんでも、天照大神をまっつったらしい
丸い綺麗な鏡みたいな物が入っている
飾り棚のようなものだった。

それから、照明器具の傘の掃除

そして、一番難しいのが
障子貼りでしょうか・・・・

昔の家には、障子がとにかく多かった。
何枚と・・いや、何十枚とあったように
思います。
それを、2年ごとにぐらいでTora4
張り替えるのです。

今は、障子は一枚貼りが一般的ですが
昔は、小さく丸めてある紙を
何度も重ねて貼るのですから
とても大変だった。

それを、母が丁寧に張り替えてた姿が
想い出されます。
それなのに・・・・・・
もう何年も、我が家の障子は
張り替えられていません。

ここは、ちょっと、やる気を出して
もらわなくちゃ!!

というわけで、
面倒がる母を、なだめすかして
今年は障子の張り替えに
挑戦することにしたのです。

私がやるんですよ!!Tora6
ハハハ・・・・・・
あんまり自信はないんですけどね・・・
だって、暫くぶりですから。

最近は、便利になっていて
糊も売っているし、
やり方を書いた説明書も
付いている。
一枚貼りだし・・・
出来るはず・・・・なんです・・・・

さて、それでも、一応聞いては見た。
障子貼りって、専門家にやってもらうと
どのくらいお金がかかるのか・・・・って。

そうしたら、
一枚(普通の障子で)
3500円だそうです。

これって、お高いのか、お安いのか・・Tora15
私にはさっぱり分かりません。

スーパーで、障子紙を
買ってくれば、
4枚分で、980円ぐらいで
売っていますから、
要するに、手間代が殆どという
訳なのでしょうね。

というわけで、
昨日、娘を督促して
母に手伝ってもらいながら
なんとか、障子貼りをやったのです。

障子貼りの一番面倒な部分は
なんだと思いますか?

貼るのも、結構手間が・・というか
技術を要しますが、
一番大変なのは、古い障子をはがす
作業です。
これを上手にやらないと、
うまく新しい障子が貼れないのです。

一番いい方法は
雨の日に、外に出しておくこと
らしいのですが、
このところ雨も降らないので
上から如雨露で雨を降らせて
はがしました。

うまくはがれない部分は
束子でこすって、取るしかありません。
これが、以外と大変な作業でして
寒い冬は水も冷たいし、結構大変です。

さて、どうにか
古い障子紙をはがして、障子を
乾かしたあと、いよいよ新しい障子紙を
貼るのです!!

最初、大体の見当を付けて
セロテープで、紙を障子に貼り付けた。
その後、紙をどけておいて
糊を刷毛で少しずつ付けていく・・・・・

で・・・・・
見当を付けるために
障子紙を、障子の上に、乗せてみた
その時・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

部屋の戸の陰から・・・・・・・・Tora10

のっそり・・・・姿を見せたやつがいる・・・・・・

のっそり、のっそり・・・・・・・

ご登場!!!

誰だと思いますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・

そうなの・・・・・目新しい物好きなやつ!!

我が家の王様!!

トラ登場!!!

で・・・・・・・何をやったか・・・・・

ご想像できますよね・・・・・・・

そうなんですーーーーーーーーー

障子の上に載せてあった、
障子紙の上に・・・・・・・・・

ドドドドー・・・・ドンと・・・・飛び乗った!!!

「こらーーーー!!トラ!!
何するの!!」と

怒鳴ったときには、すでに
時遅し!!

新しい障子紙には、トラの爪痕が・・・・・・
破れた痕がしっかり付いていたのでした・・・・・・

ああ・・・・ああ・・・・
新しく綺麗に貼れるはずだった障子は・・・・
トラの爪痕付きになった・・・・・

いつの世も、
大掃除は大変です・・・・・・

まあね・・・・・

下手な障子貼りの不具合は
トラのせいにしちゃえるから
案外、よかったのかもねえ・・・・・

そうよ!!
お馬鹿のトラが、飛び出したから
障子貼りは、失敗したんだから・・・・・
私の技術のせいじゃないんだからね!!

子の親にして この子あり

娘と二人、久しぶりに出かけた。

銀座なんて、
本当に、久しぶりです。
娘に、クリスマスのプレゼントは
何がいいかと聞いたら・・・
(プレゼントをあげる年でもない
娘なんですが、何せ柄が小さくて
いまだに、子供に見える)
靴下と、手袋と、パンツがいいと
言った・・・・・・

まあねえ・・・
子の親にして、この子あり・・・
およそ、現実的な娘でして
娘らしい・・アクセサリーだの
洋服だのには、殆ど関心がないのだ。

まあ、それでも、
バックには一応
関心ぐらいはあるらしく
道々、妙なことを聞いてきた

「おかあさん、
グッチとか、コーチとかバーキンなんて
言う、ブランドのバックって、
普通のバックと、どう違うの?」

「はあ?ブランドのバック?」

実のところ、
私は、ブランドのバックとは縁がない
持ってもいないし、見に行ったこともない・・・
どんなものやら、全く知らないのですが
まあ、そうも言えないので・・・

「そうだねえ、値段が高いんだから、
たぶん、丈夫なんじゃないの」

「丈夫って?」

「長持ちするってことよ」

「ふーん、そうなんだ・・・」

だけど、まあ、それだけで、
あんなに値段が違う訳もないわけで・・・

「あとは、そうねえ、デザインが優れてるとか・・
だけどねえ、それにしても高すぎるから・・・」

ここは、是非とも強調して置かなくちゃ!!!

「たぶんね、持ってる人が、
ブランドの品を持ってると、
自分は、凄いものを持ってると
満足できるから、その価値が高いのよ」

とまあ、私流の勝手な
主張をのたまわっておいた・・・

なにせ、持ってない人間の言うことだから
身勝手な言い分なのかもしれない。
もともと、バックは物が入ればいいと
思う人間としては、
ブランド品の良さが、あんまり
理解できてないのです。

それ以上に、バックなどに
何十万円も使ってくれては
困ってしまう私としては、

「欲しいんだったら、
自分で稼げるようになったら、
自分お金で買えば?」

と、付け足してしまった。
すると

「うーん、そうだねえ
高いものね、
バックはとっても買えないから
そのうち、お金を貯めたら
お財布ぐらい買ってみたいなあ・・」

はいはい、お財布ね・・・
そのくらいは、まあ、いいかも・・・

というわけで、
ブランド品は、当分お預けになった。

で・・・
銀座の三越に着いたら・・
なんとまあ、人だらけだった。
前回新宿に出かけたときも
驚いたけど、今回はもっと凄い人。

クリスマス前のせいでしょうか
店内は、人が多すぎて、
歩くのもままならない状態。

その三越の地下に入ったら
入り口すぐのケーキ売り場に
人がずらーーーっと並んでいる・・・・

なんの行列だろう?と
思ってみたら、
どうやら、お菓子の限定品を
売る売り場のようでした。

後で見たんですけど
お店の名前は
「ジョトオ」
なんでも、シュークリームが
美味しいので有名なんですって。

人間って、不思議な物で
行列が並んでいると、つい、
並んでみたくなる・・・・
美味しい物があるのかしら?と
つい、つい、つられちゃうんですよ・・・・
我ながら、不思議な感情だと
思うんですけどね。

帰りに、ついでに並んで
買ってきて食べてみました。
・・・・・・・・・・・・・・・
正直言って、普通のケーキだった・・・・
(食べる前に写真を撮ろうと
思っていた・・・・が、例によって
忘れた・・・・m(_ _)m)
ハハハ、
グルメじゃない我が家では
あんまり味の違いは
理解できないんです。

さて、実際には
何を買ってきたかというと、
娘の手袋と、靴(ブーツ)
靴下が、靴になった・・・・

本当は、銀座に出来た
ハンズに行ってみたかったんです。
どんなところかなあと・・・・・
でも、新宿のハンズより、
品数も少ないし、面白い物も
少なかった。
それより何より、
方向音痴のピーコは例によって
たどり着くのに大変だった・・・

あちこちで、
ハンズは何処?と
聞きまくったのですが
たどり着かなくて、グルグル
銀座を巡り巡っておりました。
プランタンの横、といわれたんだけど
横がどこか、分からないの・・・
目の前を通り過ぎること
2度、3度・・・
最後はしょうがないので
プランタンの売り場の人に聞いた

「あのーーハンズは何処でしょう?」

「斜め前の建物です」と
指さしたのは、すぐ前の建物!

よーーくみたら
上に小さく「ハンズ」のマークがあった。
お店が5階から9階までで
1階にはなかったものだから
見えなかったんですーーーーー

ああ又してもーーーーーー

銀座まで行って、迷子になってる
ピーコって????
人だらけの町を
あちこち、歩いて
疲れた一日だった・・・・・・

そうそう、
もう一つ、すごーーい
行列があった・・・・・
「3億円宝くじ」売り場の前!

こっちの行列には
並ばないピーコです。
11階の窓から目薬を落として
入る確率ですからね。

上杉鷹山の嵐?

我が家には、
最近、上杉鷹山の嵐が吹いている。

先日、上杉鷹山のお話を
書いたのですが、
あれから、話はどんどん大きくなって
我が家は、鷹山の資料が
どんどん増えているのです・・・・・

そもそもは、
ふうちゃんが、米沢に出かけた!
これが発端だったんですけどね。

そこで、鷹山の話を聞いてきた。
お墓や、銅像などの写真を撮ってきた。
で・・・まあ、ふうちゃんは
帰ってきてから、鷹山のお勉強を
始めたんですよ。
本を数冊買い込んで読んでいた。

それに私が巻き込まれてしまったわけなのよ。

そうしたら・・・・
ふうちゃんの教え子さんが、
米沢にいらっしゃってね、
その方が、ドサーッと、
ほんとうに、ドサーーーーーーッと、
資料を送って下さったんです。Youzan1

その山がこれ→

小説もあれば、漫画本もあれば
道徳の本も、鷹山に関連するものが
山ほどあるんですよ。
(ふうちゃんが買い込んだ本もあるけど)

お陰で、我が家は、すっかり
鷹山にはまってしまった!

どっぷり、まさに、どっぷり
鷹山に浸かっている、そんな感じの
毎日です。

娘も読んでる、母も見てる
私も、ふうちゃんも・・・・
毎日、日々、これ、鷹山・・・・鷹山・・・・

昨日なんか、
ふうちゃんが買い込んだ
NHKの「その時歴史は動いた」
上杉鷹山編を
家族みんなで見てた!!!

で・・・・・結論・・・・・

今、鷹山がいたらいいのに・・・・
政治家に、鷹山のよ、だけでも、似ている
人がいたらいいのに・・・・・・
日本の赤字国家を救う人は
出ないのだろうか?

元気なトラ!つづき・・・

実は、昨日は元気なトラの話を
書こうと思っていたわけじゃなかった・・・・

本当は、
スーパーでの、話を
書こうと思っていたのです・・・

昨日、近くのスーパーに
トラの餌を買いに出かけた。

トラは10才近い老猫でして、
買ってくるのは、7歳以上用の
ドライフード・・・・・
毛玉ケアつきのやつなら、
何でもいいのです。

要するにトラは大食らいでして、
小さいときから、何でも食べる。
猫によっては、好き嫌いを言う子もTora22
いると聞くのだけど、
トラは、そんなことはないの。
どんなドライフードでも、
猫缶でも、デリカフードでも、
とにかく、猫用の食べ物なら
何でも食べる!!

いや、猫用じゃなくても
人間用だって食べる!!
サンマだって食べる!!
鯖だって食べる!!
(脂っこいものが嫌いな猫は
結構多いそうだけど、トラは食べちゃうのだ)

辛いものだって食べる・・・

以前、鶏そぼろを食べられたことがあった。
あれは辛かった・・・・・
しっかりお醤油味やら砂糖味が付いていた・・・・
その朝、トラが、やたらに水を飲んでいるので
おかしいと思ったたのだった。
なんで、水ばかり飲んでるんだろうと、Tora6
戸棚を見たら・・・・
昨夜作った、鶏そぼろが・・・・・
皿の半分以上なくなっていたっけ・・・・
全く、何でも食べる猫なのだ、トラは!!

あらら・・・又しても・・・・
話が脱線・・・・

えーっと、話を戻して、
餌を買いに出かけた話だった
そのスーパーは、最近、改装して
ペット用品が豊富に置いてあるのです。
おまけに、ペットまでも売っているんですよ。

で・・・・・とにかく、
今回は、金のグルメとかいう
ドライフードを試しに、買ってみようと
手にとって、レジに行った。

そうしたらレジには、
ひとがいっぱいでして、私の前には、
籠に一杯に、高級猫餌を抱えた
おばさんがいたのです。
見るとその餌は
確か・・・お高い餌だった・・・・・
トラには、とても手が出ない
おたかーーーい高級餌だった。

そのおばさんが、
いきなり私に話しかけてきたのです。

「うちのネコちゃん、もう年でねえ
明日おもしれない感じなのよ・・・・」

へ?明日おもしれない?
死にそうってこと?

「お病気なんですか?」
(つい 「お」 を付けたくなった・・・)

「病気と言うよりは、老衰かしらねえ・・・
もう、16才ぐらいだもの・・・・
毎日、病院で点滴打ってもらっているの」

「大変ですね・・・・」

「そうなのよーー、猫の医者って高いじゃない
検査、検査で、点滴でしょ・・・・
毎回、1万円ぐらいかかっちゃうのよ」

「まあ・・・・それは・・・・本当に・・・・たいへんで・・・・」

「本当にねえ、猫も、人間と同じでしょ
放って置くわけにも行かないし・・・
つい、先月には、犬の介護をしてやっと
見送ったばかりなのに・・・・」

「そうですよね、放っておけないですよねえ・・・」

「お宅は、何歳なの?」

「うちのは、10才ぐらいですけど」

「10才ぐらいまではいいのよね・・・・
でも、それを過ぎると、だんだんねえ・・・・
歯がダメになってねえ・・食べられなくなるわよ」

「はあ・・・・歯がねえ・・・・食べられなくなる・・・」
(トラの、歯がダメになるのを、想像した・・・・?
だけど、想像できなかった・・・・
食べられないトラは、まして想像できなかった・・・)

「うちのは、元気で、何でも食べちゃうんです」

「そうなの?いいわねえ?
だけど、いつまでも、そうとは限らないわよ」

へ?・・・・・・
いつまでもそうじゃない・・・・・
まあ、確かに・・・・・・

「うちのも、元気でねえ、特にお腹が
丈夫だったのよ、そういう猫は、
どうしても長生きよね・・・・
長く生きると、介護になるのよ・・・・」

はあ・・?
元気な猫は、介護になるの?
確かに・・・・・そういわれれば・・・・・

「うちのは、これしか食べられないから・・・」

と、籠の中の高級餌を指して・・・・
おもむろに、レジで精算して出て行かれた・・・

料金・・・・・・4580円なり・・・・

このおばさんは・・・・
警告したかったのだろうか?

元気なトラは・・・・・
そのうち・・・・・・・
ひょっとしたら・・・・・・・・
介護猫・・・・・・・・・・・ってことを・・・

元気なトラ!

ご無沙汰しました・・・

日々、平平凡々でして・・・
書くことがなかった・・・
平和な我が家・・・
この物騒な世の中にあって
我が家は、まあ、幸せなんだろうなあ・・・

さて、
我が家の食いしん坊の
メタボ猫・・トラは、
相変わらず、大食らいで
食べて、寝て、出すものを出して
ひたすら、元気です。

もう、ありがたいことに、
医者知らずの猫でして、
あちこちで、医者に通っている
ネコちゃんのお話を聞く度にTora23
「元気が一番だなあ」と、
思うのであります。

元気の源は、
やっぱり食べることかしら?
メタボじゃ、元気とは、いえないかも
しれないんだけどねえ・・・
とにかく、ここ何年、
医者には一度も行っておりません。

この前医者に行ったのは、
自分で飛び込んだ、
スーパーの袋に驚いて、
騒ぎまくって、爪をはがしたときですから、
もう、4年ほど前でしょうか・・・・

本来は、予防注射に行かなくちゃ
いけないはずなんですが、
それも、もらってきた年に
一度行ったきりでして・・・

なんとも、
お金のかからない猫であります。

たぶん、毎日、同じことの繰り返しのTora25
規則正しい生活が、
一番性に合っているのかもしれません。

とにかく、
毎日、同じ時間に、起きて
同じ時間にご飯を食べて、
同じ時間に寝てる・・・・

殆ど、生活時間が狂うことがありません。
全く、とんでもなく正確な
トラの腹時計のお陰です。

8時間おきに鳴く!

そりゃもう、本当に正確なのです。
朝、7時に母が起きると同時に
鳴きだす・・・・
「ご飯はまだ?ニャーゴ」

次が午後3時・・・
ま、ちょっと前ぐらいから
母のベットの側で
ウロウロし出す・・・・
「ねえ、そろそろ、僕のご飯の
時間じゃないの?」

最後が夜の10時過ぎごろ
(実は、その前に
私たちが、ご飯を食べてると
欲しそうに、見てるんだけどね
この辺りで、母がちょこっと
やってしまうので・・・トラは
一日4食猫なのですよ)

さて、10時を回ると
トラは、どこからともなくやってくる。
母のベットの上にちょこんと乗って
じっと母を見ている・・・・・・・

これがねえ・・・・
何とも言えない目なのよ・・・・

とにかくじーーっと見てるの・・・・
「そろそろ、くれないかなあ・・・」っていう
そんな目なんですよ。

大体、このころは、
我が家は母のベットの側で
私と娘が一緒にテレビを見ている
時間帯なんです。
2時間ドラマが好きな我が家は
10時は、ちょうどドラマの真っ最中。
トラよりは、テレビに集中している
そんな時間帯。

そのうち、トラはじれてくる
「オイ、オイ・・・まだかいな・・・・
僕のご飯、わすれてないかい
ニャーゴ、ニャーゴ」

というわけで、
ドラマは途中で・・・
トラに乗っ取られるのであります。

母も10時半ぐらいには
あきらめの境地でして
テレビは、消される羽目になる・・・

「パチン・・・・・」(テレビを消す音なの)

と同時に、起きるのが
トラの大合唱!!
「ニャーゴ、ニャーゴ、ニャーゴ」
(僕のご飯、僕のご飯、僕のご飯
って、叫んでいるんだわねえ)

「この猫、変よねえ・・・
あげると分かると、騒ぐんだから・・・」と母。

とにかく、
テレビを消すと同時に、
自分のご飯が来ると、インプットされてるらしい。

この、毎日繰り返される
全く同じ行動、これがトラの
元気の元なのかも・・・・
とにかく、
今日も、元気で、
快食、快便、快眠のトラであります。

12月の声を聞いて

早いもので、
もう、今年も後少し、
師走の季節になりました。

これから、冬至の頃までは
夜が長くて、昼が短い。
朝が起きるのがつらい季節です。

暗い朝だと、どうしても目が覚めない。
ふうちゃんが、結構早く出勤するので
早く起きなくちゃいけないのだけど、
この季節になると、
雌鳥よりは、雄鳥の方が早く
目が覚めることが多くて、
私は、起こされる立場です。

おまけに、寒がりな私は
布団から出るのがちょっとつらい。

冷え性ですからね、
すぐに足が冷たくなっちゃうんです。
そこで威力を発揮するのは、
湯たんぽ・・・・・・

なんだか、年寄りみたいだけど・・・
いや、実際に年寄りになってるんだけど、
とにかく、湯たんぽ大好き人間なんです。

ことしは、
原油が高騰していて
エネルギー不足、省エネが叫ばれて
結構見直されているのが
湯たんぽみたいですね。

これって、
本当に、便利なんですよ。
ちょっと、暖めたお湯を入れておけば
朝まで、とにかく暖かい。
特に足が冷たくなっちゃう私には、
ぴったりの品物なんです。

我が家は、相変わらず、
暖房もいまだにしてないし、
寒くなると、とにかく布団に潜っちゃう
そんな生活です。

おまけに、
結露防止で、寝る前には
窓を全開にして、さむーーーい
部屋にして寝てるんですよ・・・

今年の冬は寒いらしい・・・
さてさて、暖房なしで
このまま過ごせるだろうか?

頑張ろう!!

そういえば、
星野ジャパンが勝ったようだ!!
昨日から、家中どんちゃん騒ぎ!!
寒さも、一時飛んでいった感じです。

おめでとう!!
北京五輪出場決定ですね。
代表選手を見ていると
ずいぶん若返った気がします。

必死で頑張っている選手を見ていると
思わず、力が入ってしまいます。
よかったですね。
寒い日本が、この3日間は熱かった。
湯たんぽもいらないくらい熱かった。
おめでとうございます。

上杉鷹山

珍しく、真面目な本を読んでいる・・・・

「上杉鷹山の経営学」・・・・竜門冬二作・・・

私にしては快挙なのよね。
ふうちゃんも驚いている。
だって私の読む本は、ほとんどがラブストーリー。
たまに読めば、推理小説か、歴史小説
ぐらいなものでして、経営学なんて代物は
私の読書分野にはないんです。

それが、
ふうちゃんが、このところ
やたらめったら、鷹山に凝っちゃって
買い込んでくるものだから
つい、ちょっと、ペラペラとめくってみたら
止められなくなっちゃったの。

何に、そんなに引きつけられたかというと、
そのものズバリ、
上杉鷹山の人柄、業績!!

すごい人なんですよ、この人!!

ご存じでしたか、みなさん、上杉鷹山。

名前は歴史にちょこっと出てくるから、
ご存じの方もいらっしゃるかも・・・
でも、何をやった人かとか、業績なんていうと、
まあ、ほとんど日本人でも知らない人が
多いのではないでしょうか。

地元、米沢では、とにかく有名人らしい・・・
公立の小学校の体育館には
必ず、上杉謙信と、鷹山の額があるそうです。
それほど、地元の方々からは
名君として、慕われている人なんですね。

鷹山を有名にしたのは、
なんと、かのジョン・F・ケネディなんですよ。
彼が、尊敬する日本人としてあげた
名前が、「上杉鷹山」だったそうです。
それを聞いた、日本人の記者さんが、
それって、誰だ!となったとか・・・・

さて、
その業績ですが
この方、実は、直系の上杉家の方ではないんです。
日向(九州の宮崎県)高鍋藩の次男坊さんなの。
それが、上杉重定の養子となって、
藩主になるんですが、その時には、
米沢藩は、財政破綻の状態だった。

まあ、今で言えば、
夕張市みたいなものね。

そもそも、上杉と言えば
謙信公のときには、200万石の
大大名なんですよね。
ところが、秀吉によって、会津に移されて
120万石になり、その後、関ヶ原で
豊臣方に加勢して、30万石に減ったわけ。
ところが、その後、家督相続の不手際で
またしても減らされて、
鷹山公が相続したときには
15万石の小さな大名になっていたんですね。

ところが、
何しろ、名前が上杉ですからね、
名家・・・ということで
格式だけがやたらに高いわけ。
おまけに、家臣を減らさずそのまま・・・
なんてことになれば、
当然、破綻するわよねえ・・・・

バブル崩壊・・・じゃないけど、
上杉家崩壊の危機だったわけです。

それを、
立て直したのが、この人
上杉鷹山だった!!

そういう、時代背景が似ているからか
最近、この人が見直されているのかも
しれませんね。

で・・・・
細かいことは、
上記の本をお読み下されば
いいのですけど、
とにかく、この人すごい人なの。

何がすごいって、
考え方が・・・・驚いちゃうのよ・・・

「藩政改革の目的を
民富に置いた」

藩が富むためでも、藩士が富む為でもないの
藩に住む人々が豊かになること
それを目的にしたんです。

封建時代ですからね、
今なら、驚かないですけど・・・この時代に
そんなことを考えるお殿様がいたなんて・・

そして、さらにすごいのは
「民富」のために大切なのは
「領内の弱い立場にある人をいたわろう」
だということを、知っていたことなんです。

実は・・・・
鷹山が養子になった上杉家には
「幸」さんという、お姫様がいて、
この方と、鷹山は結婚しているんですが、
この方、幼いときに患った病気のために
心身の発達が遅れていた方だったようなんです。

たぶん、そのために、よけいに
弱者に対して、優しい方になったのかも
しれないと、この本にはかいてありました。

とにかく、
江戸時代の封建君主である
鷹山さんが、
民主主義そのもののような考えを
持っていたということが、
とにかく私には、驚きだったんです。

なにせ、
時代劇と言えば、
水戸黄門・・・悪代官・・・てな
発想しか浮かばない私にしてみれば
青天の霹靂・・・ですね。

何か嬉しくなっちゃうじゃないですか・・
日本の昔・・・
百年以上も前に
立派な、名君がいたなんてね。

日本人も捨てたものじゃないですね!!

もっと、この方のこと
日本中の人が知ってもいいのじゃないかしら?
大河ドラマにでも、ならないかしらね、
そうすれば、もっと知られるようになるのに・・・
なんて思っております。

「上杉鷹山」に
興味が持てた方、
ちょっと、読んでみませんか・・・

最後に
上杉鷹山の有名な句を
ご紹介します。

「なせばなる、なさねばならぬ
何事も、なさぬは、ひとの
なさぬなりけり」

http://blogs.yahoo.co.jp/fuhchan2399/27750978.html

ふうちゃんが、米沢に行ったときの
写真です。上杉鷹山の銅像も載ってます。

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ピーコのブログ仲間

  • ホタルと月の国
    絵をお描きになる、浜辺の月さんのブログです。 油彩、水彩、鉛筆、パソコンなど、何でも使って描かれた素敵な絵が、たくさん載っています。絵を描くことの楽しさや、感動が伝わってくる気がします。
  • 信濃はまほろば
    信濃追分に週末住宅をおもちの、ヘンゼルさんのブログ。 自然、ひと、美しい物すべてを、素敵な写真で表現されています。
  • ふうちゃんの軽井沢滞在日記
    ふうちゃんが軽井沢から滞在中の出来事を発信しています。さらに、東京からの発信もあります。
  • ひとりごと
    絵をお描きになる、ぴえろさんのブログです。 日々の暮らしを楽しんでいらっしゃる様子が、素敵な絵と文章で表現されています。表情豊かな人物の絵がとても魅力的です。
  • ひなたぼっこ
    いろいろなことに、興味津々のタムさんのブログ。 あちこちにいらっしゃって、素敵な写真がいっぱいです。名前通り、心がぽかぽか、ほっとするひとときが待っている場所ですね。

ピーコのおすすめ!

  • ピーコ&ふうちゃんの部屋
    ピーコと、ふうちゃんが最初に立ち上げたHP! さっぱり理解できないパソコンと格闘して、どうにか作った代物です。
  • P&F in Karuzawa
    ピーコとふうちゃんのお部屋からおいだされたふうちゃんが、独立!軽井沢の風景、内田康夫の名所案内、軽井沢滞在日記などがあるHPです。

acces