フォト

軽井沢の花たち

  • ツリフネ
    軽井沢の庭に咲く花を集めてみました。東京では見られない花がたくさんあるのに、驚きます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2つの出来事・・・その8 | トップページ | 2つの出来事・・・その10 »

2つの出来事・・・その9

ふうちゃんが やってきてくれたお陰で
娘のことも、母のことも心配がなくなった私は
いよいよ自分のことだけが
残りました。

「早く治さなくちゃ・・・・
休養しなくちゃいけないなあ・・・」

私って、結構神経質な質で
よく不眠症に陥ることがあるんです。
なんだかよく分からないけど、眠れない・・・
と言うことがよく起こるんですね。

それで、
その時のために、
お医者さんから、「睡眠導入剤」という
お薬を貰っていたのです。

まあ、要するに睡眠薬ですから、
なるべく使わないように
気を付けているんですが
このときばかりは、
使わなくちゃと、思いました。

ここ数日、よく眠っていなかったからです。

最初は娘の咳につきあって、眠れず、
次には、入院した娘が気になって眠れず、
そして、最後は自分の痒みとの戦いで
ゆっくり眠れなかったのでした。

・・・・・・・・・・

その晩は
久しぶりに、睡眠薬を飲んで
ゆっくり眠りました・・・・・・

久しぶりに眠れたんですが・・・・

朝のまどろみの中で
自分手が体中を掻いていることに
ぼんやりと気が付きました。

眠りながら、
体中を掻いていたようなんです・・・・・

とにかく痒かった・・・・
ひたすら痒かった・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・
目がだんだんと覚めてきて・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・

最初に目に入ったのは・・・・・・

真っ赤になっていた
体だった・・・・・・・・・

お腹、太股、足、手・・・・・

体中が痒くて、痒くて・・・・

おまけに真っ赤!!!

イヤ、全部真っ赤と言う訳じゃなかった

縞模様なの・・・・赤い線が入った
網目模様なんです!!!

うそーーーーー!!!!

全然治ってないじゃないの!!!

休んだのに、ちゃんと眠ったのに・・・・

ダメだ!!

病気進んじゃったんだ!!!

どうしよう・・・・・・・

どうしよう・・・・・・・

このまま治らなかったら、どうしよう・・・・・・

もう、小さな不安じゃありませんでした。
どんどん、広がっていく、大きな不安でした。

人間って不思議ですよね。

病気の時、ちょっとでもよくなっていると
安心して、大丈夫って、思う。
だけど、反対に、ちょっとでも、悪くなってると
もう治らないんじゃないかと、思っちゃう。

冷静に考えれば、
そんなことは、あんまり起こらないはずのことも
こういう時って、起こりそうな気がしちゃうのです。

とにかく、
朝起きたとき
私の気分はそんな感じだった。

そうなると、
耳をかすめるのは、
よくない予感です。

「そういえば・・・・・
確か・・・・以前・・・帯状疱疹にかかったとき
先生がおっしゃってた・・・・・・

『この病気は、ひどくなると入院ってことも
よくありますよ』

えーーーーーーーーっ!!!

もしかして・・・・・

もしかして・・・・・

もしかして・・・私も入院?

うそーーーー!!!

娘だけでさえ、とんでもない事件だったのに
私までなんて、そんなことあったらどうしよう・・・・

もう、このとき、私の頭は
冷静に考えてらいられなかったんだと
思います。

どんどん、悪い方へ、悪い方へと
考えが進んで行っちゃって
止められなくなっていたのです。

・・・・・・・・・・・・

母とふうちゃんに、訳を話すと
とにかく、もう一度お医者さんに
行かなくてはダメだという
結論に達しました。

その朝、朝食もそこそこに
とにかく、私は出かけていきました。

最初に娘と一緒に行った
軽井沢のお医者さんへ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まず最初に娘のその後の経過を
報告して、お礼を述べました。

早い対応のお陰で
急速に元気になっていることを
お知らせしたのです。
先生は、よかったですねと、
嬉しそうにおっしゃってくださいました。

それで・・・・・・

・・・・・・・見せたんです。

どんどん広がっていく、
私の右手や、顔などをね。

すると・・・・・・・

暫く考えていた先生・・・・・・

「これはもう、専門家に見せなくちゃダメですね。
えーっと、お嬢さんは、浅間総合病院に入院
されているんですよね」

「はい、そうです」

「あそこには、皮膚科があります
こちらから紹介状を書きますので、
すぐにいらっしゃって、見て貰ってください」

そうなんですよーーーーーー

実は、この先生
内科の先生だった。
だって、
風邪で娘がかかった先生なんですものね。

と言うわけで、
今度は、私も浅間総合病院に
行くことになってしまったのでした。

まあ、いいわよね、
だって、どうせ、午後には
娘の様子を見に、ふうちゃんと行く予定
だったんだから。
それがちょっと、早まったってだけ
それだけのことよ。

と、私は納得したのでした。

それで・・・・・

先生が書いてくださるという
紹介状待って
待合室に座っていると・・・・・

またしても、診察室から先生が
私の所に駆け寄ってこられたのです。

「すいません、
実は・・・・・浅間総合病院なんですが、
皮膚科はあるんですが、今日は診察の
日じゃないんです」

「診察の日じゃない?」

「月曜日には、皮膚科の診察がないんです
それで、明日にはありますので
それまで待っていただけないでしょうか?」

明日まで・・・・・・・・・・・
そんなーーーーーーー

だって、どんどん広がっちゃってるんですよ。
私の病気!
明日まで待ってたら、
もっと広がっちゃうじゃない!!

そんなの有りなの?

って、叫びたかった。

もう、本当に、地方って、
医療が大変なんだなあと、
改めて、本当に改めて認識した次第です。

でも、とにかく、

そういわれては、私はもう何も言えないですよね。

それでも、一応抵抗したんです。

「あのーーーー
どんどん広がっちゃってるんですけどーーーー
大丈夫なんでしょうか?」ってね。

そうしたら、暫く考えていた先生が
おっしゃった。

「分かりました。
今までのお薬を2倍出します。
それを飲んで、様子を見てください。
明日一番・・・10時に予約を入れますので
それをもって、いらっしゃってください。
地域連携で、すぐに皮膚科に
見てもらえるようにしますので」

本当は、もう少し粘るべきだったの
かもしれません、
ちゃんと、その日に皮膚科に行くべき
だったのかも・・・・・

でも、もう、しようがないと、
その時は、思ってしまった。
後一日、待ってみよう、
薬も倍になることだし、
治るよ、きっと・・と思ってしまった。
イヤ、思いたかっただけなのかも
しれません。

とにかく、
私は、2倍の薬と、明日のための
紹介状を持って、その医院を後にしたのだった。

それで、

まあ、当然飲みましたよ。

2倍の薬をね。

1日2回1錠ずつ飲んでいた薬が
1日2回2錠ずつになりました。

今度こそ、少しは減るはずだ!
少しは、痒みが治るはずだ!

と思いますよね、当然・・・・・・・・・

だけどね、
これがそうじゃなかった。

ちーーーーっとも、よくならないのよ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

午後になって、
ふうちゃんを連れて、娘の病院に
見舞いに行くと、
元気になった娘は、
ベットの上でニッコリ笑って

「昨日の夜は、ほとんど咳がでなかったんだよ」と

嬉しそうに話してくれました。

着実によくなっている娘を見て
ふうちゃんは、ほっとしたのでしょう、
東京から急にやってきた疲れがでたらしく
娘のベットのそばで居眠りをしている始末。

「ちょっとは、娘に声を掛けたら?」

と言う、私の言葉にも

「うん、うん、」

といいながら、眠っているのでした。

もう、娘は完全に大丈夫だ。
後は、私だけ・・・・・・

本当に治るんだろうか?

娘のベットのそばで
楽しげな娘のおしゃべりを聞きながら
心の底では、益々不安になっていた私です。

またしても
想い出す、前回の先生の言葉・・・・

もしかして、
私も入院なのかなあ・・・・・・????

私入院したら、娘と一緒に
ここのこの部屋に入れないかなあ・・・・・・???

頭の中は、もうすっかり
入院バージョン!!!

笑わないでくださいよ・・・・

勝手に想像ばっかりしてって言わないでください。
人間って、そうなんじゃないんですか?

悪い時って、どんどん悪い方へ
考えちゃわないですか?

まさに、あのときの私がそれだったんです。

入院・・・・・
みんな入院だなあ・・・私も娘も

ふうちゃんと、母は帰っちゃう・・・・・・

残っちゃうなあ・・・・・・・私たちだけ・・・・・

と・・・どんどん想像していたら・・・・・・・

気が付いた!!!!

もう一人いた!!!

我が家通の方は、分かりますよね!!

それが誰かって・・・・・・

一人じゃない、一匹だったけど・・・・・・

トラですよ!!!

トラがいた!!

大変だぁーーーーーーーー

私も、娘も入院してしまって
母も、ふうちゃんも帰っちゃう。
後に残るトラはどうしよう?

トラが日干しになるーーーーーーーー

続きは明日。

いよいよ、最後の大円壇です。

« 2つの出来事・・・その8 | トップページ | 2つの出来事・・・その10 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

★ぴえろさん、たびたびのおこしありがとう!!

ハハハ
最初のむすめのあたりは、しっかりシリアスなんです。真剣に大変だったんですが・・・・
だんだん、おかしくなってきまして・・・・
最後の方はもう、すっかり喜劇・・・・・
このお話と言うか、事件、読んでいると
嘘と思われるかもしれないんですが、
本当のことなんですよ。それだけは確か!!

ピーコさんの動転振りが手に取るように分かります。
一難さってまた一難。
次から次と大変ですね。
大変なのにユーモラスな文書に救われます。
次はどう転回するのか気になります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142268/16353278

この記事へのトラックバック一覧です: 2つの出来事・・・その9:

« 2つの出来事・・・その8 | トップページ | 2つの出来事・・・その10 »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ピーコのブログ仲間

  • ホタルと月の国
    絵をお描きになる、浜辺の月さんのブログです。 油彩、水彩、鉛筆、パソコンなど、何でも使って描かれた素敵な絵が、たくさん載っています。絵を描くことの楽しさや、感動が伝わってくる気がします。
  • 信濃はまほろば
    信濃追分に週末住宅をおもちの、ヘンゼルさんのブログ。 自然、ひと、美しい物すべてを、素敵な写真で表現されています。
  • ふうちゃんの軽井沢滞在日記
    ふうちゃんが軽井沢から滞在中の出来事を発信しています。さらに、東京からの発信もあります。
  • ひとりごと
    絵をお描きになる、ぴえろさんのブログです。 日々の暮らしを楽しんでいらっしゃる様子が、素敵な絵と文章で表現されています。表情豊かな人物の絵がとても魅力的です。
  • ひなたぼっこ
    いろいろなことに、興味津々のタムさんのブログ。 あちこちにいらっしゃって、素敵な写真がいっぱいです。名前通り、心がぽかぽか、ほっとするひとときが待っている場所ですね。

ピーコのおすすめ!

  • ピーコ&ふうちゃんの部屋
    ピーコと、ふうちゃんが最初に立ち上げたHP! さっぱり理解できないパソコンと格闘して、どうにか作った代物です。
  • P&F in Karuzawa
    ピーコとふうちゃんのお部屋からおいだされたふうちゃんが、独立!軽井沢の風景、内田康夫の名所案内、軽井沢滞在日記などがあるHPです。

acces