フォト

軽井沢の花たち

  • ツリフネ
    軽井沢の庭に咲く花を集めてみました。東京では見られない花がたくさんあるのに、驚きます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2つの出来事・・・その5 | トップページ | 2つの出来事・・・その7 »

2つの出来事・・・その6

私が着いたというので
娘は耳鼻咽喉科の診察室に
案内されました。

その部屋には、
何か大きな機械がおいてあって
どうやら、娘の喉の写真が
撮れるようなのです。

先生が娘の口を開けさせながら
何枚かの喉の写真を撮っておられました。

そして、その写真をおもむろに見ながら

「うーん、喉の前じゃなくてよかったね、
前だと、呼吸できなくなってたよ。
喉の後ろの方に、炎症が起きてますね。
この炎症を治さないと・・・・・
抗生物質を点滴すれば、
・・・・・・・・・・・・
そうだなあ、4,5日で治って退院できると
思います。」

4,5日・・・・・・・

あああ・・・・・・よかった・・・・・

全く、もう、命に関わるなんてびっくりさせちゃって・・・・

本当に、どうなるかと思っちゃったわよ。

とにかく、田舎のあぜ道を慌てて、
それこそ、慌てて飛んできてみれば
なんのことはない、4,5日の入院で治るというお話。
なんだか、ふくらんでいた風船が、急にしぼんじゃった
そんな感じの、先生のお話だった。

でもまあ、悪い話じゃくて、
いいお話だったんですから、
喜ばなくちゃえけませんよねえ・・・本当に。

それにしてもね、
後から思うんです。

その時は、とにかく嬉しくて、
そんなことは全く思ってないんですけど、
今にして思えば、最初に行った病院が
東京のいつも娘が通っている病院だったら、
こんなにお話は大きくなってなかっただろうなあって。

娘のいつもの状態をよく知っているし、
まあ、周りには、慌てなくても行ける
大きな病院がたくさんあるわけですから。

でも、ここ、軽井沢では、
この病院は娘は初めての診察。
おまけに、私がちょこっと、生まれたときの
病歴を話したものだから、
よく言えば、大事をとって、大病院に搬送した方が
いいと思われた・・・
ちょっと勘ぐれば・・・・
まあ、その、びびっちゃったのよね・・・
何かあったら大変って・・・・・

もちろん、そのお陰で娘は
その後急速に元気になっていくわけで
その処置が、とってもありがたかったことは
間違いありませんし、
私としては、とっても感謝しているんです。

さて、話を戻して・・・・

いざ入院となると、手続きやら
必要なものを取ってこなくちゃなりません。

6階の病室に案内されて、
まず思ったのは、
さて・・・・ここからどうやって、家に帰ろうか・・・
ということでした。

だって、私、とんでもない方向音痴だもんね!

我が家はどっちなんだろう?

で・・・・
・・・・・ちよっと・・・・窓の外をのぞいてみたんです。

そうしたら、遙か向こうには山が見えた。

たぶん、八ヶ岳連邦かなあ・・・
地理感覚がないので、違うかもしれないけど。

で・・・・だんだん、目を近くに戻してみたら

何が見えたと思う?

・・・・・・・・・・・・・・・・!!!

ジャスコの看板だった!!!

あれ・・・・れ・・・・・れ・・・・

あれって?見たことあるんじゃない?

それから目をそばに寄せると見えたのが

シューマートの看板!!!!

あれも見たことある!!!

で・・左に目を転じたら・・・・・

ヤマダ電気があるじゃないのよ・・・・・

へ?ここって佐久なの?

そこで、慌てて右の方を見たら・・・・・

なんと、なんと、そこにあったのは・・・・

私の大好きなお店・・・・そうなの、
佐久のカインズホーム!!!

なんなのよーーーーー

ここって、佐久じゃない、いつも行ってる
佐久じゃないの。
この病院、カインズホームの裏にあるんじゃない・・・・

頭の中が、もうドロドロだった。

なんなの、あの1時間は!!

どうして、佐久のカインズホームの裏の病院って
教えてくれる人が、一人もいなかったのよ!!
それって、あんまりじゃないの・・・・・

「すいません、あそこに見えるのって
佐久のジャスコですよね?」と、

それでも、納得できない感じだった私は
確認のために、そばにいた看護士さんに
聞いたものです。

「そうですよ、佐久のジャスコです」

「あのーーあそこにいくのはどうやって?・・・」

「駐車場の道をまっすぐ行けば、ジャスコへの
大通りにでますよ」

へーーーーーーーーーーーーーー!!!!

なんと、さっき私が走ってきた道は、
いつも走っていた道だった・・・
ジャスコへ行くとき、カインズホームへ行くとき
走っていた道だったんです・・・・

もう、なんと言っていいやら、
我ながら、あきれて、言葉もでてきませんでした。

しかしながら、
まあ、これで、とにかく家への道は
確保できたわけです。
ちゃんと家へは、帰れるんですよ・・・
ありがたいことにね。

安心が二つ重なって、
なんだか気が抜けちゃった気がしました。

それから、
ひとりぽっちになっちゃうのを悲しむ娘に
「もう一度来るから」と
なだめて、やっと家路についたのは
かれこれ、午後の2時半を回っていたと
思います。

家に帰ると、
お友達と母が、飛んできました。

「桃ちゃん大丈夫?」

2人のお友達がとっても心配してくれていたようです。

3人に、これまでの経過を話し
娘が入院することを報告すると
2人のお友達は、びっくりして
しばらくは、言葉もないようでした。

ま、そりゃそうかもしれません。
何しろ、今日は一緒に買い物に行って、
今夜はバーベキューをする予定だったんですから。

暫く考えていたようだった2人は
急に、私に言い出した。

「桃ちゃん大変なようだし、
私たち、これ以上お世話になるのは
申し訳ないので、軽井沢の町に宿を取ります」
と。

お友達は、今日もう一日我が家にとまってもらう
予定だったのです。

でもね、私たちとしては
もちろんそんなことは出来ません。
主人公の娘はいないけど、
ちゃんと、予定通り我が家で過ごして
貰わなくちゃ、娘だって
申し訳ないと思うでしょうから。

それで、
母と相談して、
これからもう一度病院に行くので
一緒に行って、見舞って欲しい、
その代わり、今夜は
別荘地内のレストランで夕食を食べ
温泉に入って、明日予定通り
帰って欲しいとお願いしました。

ずいぶん、悩んでいた二人も
何とか納得してくれ
それからまた、私は2人と母を連れて
病院にとって返しました。

娘もお友達の顔を見て
ほっとしたらしく、嬉しそうに
笑って迎えてくれました。

見舞いを終え、家に帰り着けば
すでに時間は午後6時近く。
レストランの夕食の予約時間になっておりました。
その夜の夕食はなんとも、不思議だった。
なにせ、接待役の娘が不在の
おかしな、おかしな、ディナーだったのですから。

こうして、8月25日土曜日の、暑い、暑い
そして、長かった軽井沢の一日は
ようやく終わりました。

これで話は終わったと思うでしょ?

いえ、いえ、とんでもありません・・・・

これから、この出来事は
益々おかしな方向へ進んでいくのです。

というわけで、今日の所はおしまい。
明日へ続く。

« 2つの出来事・・・その5 | トップページ | 2つの出来事・・・その7 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142268/16342355

この記事へのトラックバック一覧です: 2つの出来事・・・その6:

« 2つの出来事・・・その5 | トップページ | 2つの出来事・・・その7 »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ピーコのブログ仲間

  • ホタルと月の国
    絵をお描きになる、浜辺の月さんのブログです。 油彩、水彩、鉛筆、パソコンなど、何でも使って描かれた素敵な絵が、たくさん載っています。絵を描くことの楽しさや、感動が伝わってくる気がします。
  • 信濃はまほろば
    信濃追分に週末住宅をおもちの、ヘンゼルさんのブログ。 自然、ひと、美しい物すべてを、素敵な写真で表現されています。
  • ふうちゃんの軽井沢滞在日記
    ふうちゃんが軽井沢から滞在中の出来事を発信しています。さらに、東京からの発信もあります。
  • ひとりごと
    絵をお描きになる、ぴえろさんのブログです。 日々の暮らしを楽しんでいらっしゃる様子が、素敵な絵と文章で表現されています。表情豊かな人物の絵がとても魅力的です。
  • ひなたぼっこ
    いろいろなことに、興味津々のタムさんのブログ。 あちこちにいらっしゃって、素敵な写真がいっぱいです。名前通り、心がぽかぽか、ほっとするひとときが待っている場所ですね。

ピーコのおすすめ!

  • ピーコ&ふうちゃんの部屋
    ピーコと、ふうちゃんが最初に立ち上げたHP! さっぱり理解できないパソコンと格闘して、どうにか作った代物です。
  • P&F in Karuzawa
    ピーコとふうちゃんのお部屋からおいだされたふうちゃんが、独立!軽井沢の風景、内田康夫の名所案内、軽井沢滞在日記などがあるHPです。

acces