フォト

軽井沢の花たち

  • ツリフネ
    軽井沢の庭に咲く花を集めてみました。東京では見られない花がたくさんあるのに、驚きます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 不在者投票 | トップページ | 巣箱づくり »

一人旅

野暮用で福井に一人で
旅をした。

東京から福井・・・・
子供の頃、母に連れられて
何度か行ったことがあります。
(両親の生まれが福井なので)

あのころは、日帰りなんて
とても、とても出来るはずがなかった。
でも、今は出来ちゃうのです。

朝7時36分発
東海道新幹線で米原経由
北陸線に乗り換えて
福井到着11時02分。
ひたすら電車に乗っているだけの旅です。

着いて、野暮用はすぐに終わった。
ものの5分もあれば終わる用だったのです。

3時間半以上電車に乗ってやってきて
そのまま帰るのも、あんまりなので
福井の市内をちょっと観光。Youkoukan1

養浩館庭園に行きました。
福井藩主松平家の別邸だったところです。
書院建築と、回遊式庭園・・・・
要するに、金沢にある兼六園を
小さくしたような所でしたね。

大きな池と散歩道、Youkoukan2
灯籠、そして書院造りの家です。

私が一番気に入っちゃったのは
板戸に描かれていた
鶏の絵!
鶏鳴の板戸といわれるもの。
そもそも、この屋敷は
昭和20年の福井空襲で焼失しているので
今ある建物は文政6年に描かれた
「御泉水指図」をもとにしてYoukoukan3
修復された建物なんです。
従って、この絵も推定修復された
物なんですけどね。

それから、三つ葉葵のご紋がある
郷土歴史館をのぞいて
県庁のある堀の中を歩いて
駅に戻ってきました。

その間約3時間あまり。
そのまま、また電車に乗って
帰ってきた・・・Kentyou_1
なんともまあ、超特急の旅でした。

たった5分の野暮用のために
往復7時間を要して
その費用3万円・・・
何やってるんだか・・・

それにしても驚いたのは
福井ってすごおーーい都会だった。

建物は立派で
まるで東京にいるのと同じ。
渋谷の町を歩いているそんな
感じさえする場所でした。
駅も立派!
おまけに県庁もすごーーく立派!
都庁並の建物だった。

で・・・何が東京と違ったか!

人の数です。
車の数です。

全然少ないの・・・・
立派な駅前のロータリーを
3,4台の車しか走ってないんです。

養浩館庭園には
客が6人・・・・
町を歩いていても
人の姿がない・・・・・
静かな、静かな町でした。
地方の都市って、こんなに静かなんだと
改めて驚いた次第です。

それで、
せっかく大枚をはたいて
出かけたんだから、
せめてお土産でも買ってこないと
というわけで
一杯お土産を抱えて帰ってきた。

名産、羽二重餅2個
お酒1本
酒のおつまみ2個
鯖寿司、そして
鱒寿司(これは富山の名産だったね)

それでね、
懐かしい、福井のお国言葉を聞きました。
何しろ、子供の頃から
私は、なじんでいるのよね
母も田舎に帰ると、福井弁を
しゃべっているので、聞き慣れているんです。

お店の人や周りの人は
お互い同士はこの福井弁を
しゃべりあっているんです。
ところが、私が買い物のためや
道を聞くために話しかけると
何故か、ちゃんとした標準語で
応えてくれる・・・
うーん、やっぱり観光客に見えるんだね
私って・・・・
面白い発見でした。

それにしても、一人旅なんて
本当に初めてです。
凄く緊張して疲れた・・・・
大体、何処へ行くのも
人任せなことが多くて
自分一人で電車に乗ったり降りたりなんて
あんまりやったことがないので
乗り間違えないかとか
遅くならないかとか、
気になっちゃって・・・・
家に帰り着いて、ほっとしたのでした。

写真は上から
養浩館庭園と鶏鳴図
そして県庁です

« 不在者投票 | トップページ | 巣箱づくり »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

★ばた子さん、いらっしゃい。

赤ちゃん元気ですか?大きくなったかしら?
日々、新しい発見があるのではないかしら。
さて、本当に福井にはびっくりでしたね。
何しろ、学生時代に行ったきりの福井でして、それ以来ですから。おまけに行ったのはもっと田舎の小さな町だったので、福井というと田舎のイメージが定着していたものですから、とにかく驚いちゃいました。
(福井の方には失礼でしたね、しっかり都会だったとは知らなかったんです)
格好は都会なんですが、とにかく人がいなくて静かでそれでまたびっくりしちゃいました。月曜日なんていう日だったからかしら・・・とにかく駅前の通りにも人が少なくて、東京だけが人だらけなのかしらね。
私も新宿なんて歩いていると、人に押されて歩けないんですよ。どこからわいてくるのかと・・・
ずっと赤ちゃんと一緒もいいですけど、やっぱり時には一人でどこかへお出かけなんていうのもきっと、子育てには必要ですよ。気持ちがゆったりして、赤ちゃんのためにもいいと思います。

ピーコさん、超特急の旅お疲れ様でした^^

そうなのですよね。地方都市は思い切ってイッキに
整備されているので、整然として綺麗ですよね!
ただ、渋谷の交差点や東京の猛ラッシュだけは
滅多にお目にかかれないですよね~。
自分もその中にいながら

「なんでこんなに人が多いんだろう。」

と思わず呟いてしまいますもの(笑)
私も産後1ケ月開けたら、ちょっとお出かけしたいです!
歴史散歩なんて、リラックスできそうでいいな♪

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142268/15862461

この記事へのトラックバック一覧です: 一人旅:

« 不在者投票 | トップページ | 巣箱づくり »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ピーコのブログ仲間

  • ホタルと月の国
    絵をお描きになる、浜辺の月さんのブログです。 油彩、水彩、鉛筆、パソコンなど、何でも使って描かれた素敵な絵が、たくさん載っています。絵を描くことの楽しさや、感動が伝わってくる気がします。
  • 信濃はまほろば
    信濃追分に週末住宅をおもちの、ヘンゼルさんのブログ。 自然、ひと、美しい物すべてを、素敵な写真で表現されています。
  • ふうちゃんの軽井沢滞在日記
    ふうちゃんが軽井沢から滞在中の出来事を発信しています。さらに、東京からの発信もあります。
  • ひとりごと
    絵をお描きになる、ぴえろさんのブログです。 日々の暮らしを楽しんでいらっしゃる様子が、素敵な絵と文章で表現されています。表情豊かな人物の絵がとても魅力的です。
  • ひなたぼっこ
    いろいろなことに、興味津々のタムさんのブログ。 あちこちにいらっしゃって、素敵な写真がいっぱいです。名前通り、心がぽかぽか、ほっとするひとときが待っている場所ですね。

ピーコのおすすめ!

  • ピーコ&ふうちゃんの部屋
    ピーコと、ふうちゃんが最初に立ち上げたHP! さっぱり理解できないパソコンと格闘して、どうにか作った代物です。
  • P&F in Karuzawa
    ピーコとふうちゃんのお部屋からおいだされたふうちゃんが、独立!軽井沢の風景、内田康夫の名所案内、軽井沢滞在日記などがあるHPです。

acces