フォト

軽井沢の花たち

  • ツリフネ
    軽井沢の庭に咲く花を集めてみました。東京では見られない花がたくさんあるのに、驚きます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 困ること | トップページ | 新しいスポーツクラブ »

大変なことー軽井沢から

今日東京に帰ります。

さて、いいお話ばかりじゃない軽井沢の
続きです。

軽井沢で一番大変なことは
ゴミ処理でしょうか。
こちらのゴミ処理、やたらに分類が多い。

大きく分けて9種類にもなります。
それだけじゃないんです。
その9種類の中でまた細かく分けて
出さなくちゃならない物もある。
ビンなどは色別に分けて、一つ一つ
袋に分けて出さなくちゃダメなんです。

細かく分けると言うことは
リサイクルしやすくなるわけで、
正しい処理方法だとは、思うんですよ。
東京みたいに、何でもかんでも一緒というのは、
正直言って、いいことだとは思いません。
リサイクル、リユース、リデゥースの3Rは
とても大切なことだと思うんです。

だたねえ・・・・これは本音の話ですけどね、
すごーーーく、大変です。
全部、完全にやろうとすると、手間が
半端じゃないです。
慣れの問題かもしれませんが、
普段いい加減に出している分、
ちょっと苦痛が伴いますね。

それと、一番私が気にしているのは
一つ一つに袋がいるという点です。
たまにしか、こちらにいない私たちとしては
ピンなんて、少ししか出ません。
一つのビンに一つの袋なんて、
およそ無駄という気がしてなりません。

それに加えて、もう一つ
軽井沢のゴミ処理袋、高いのよーーー
近くの佐久や、御代田町の袋の倍はする。
ゴミ袋まで軽井沢値段にしなくても
いいのにと、つい言いたくなっちゃいます。

まあ、軽井沢というブランドなんだろうねえ。
ゴミ袋までブランドとは、びっくりですよね。

しかしまあ、いいことはやらなくちゃね。
頑張って、分類に精を出しております。

一つだけ、この場所のいいことがあります。

普通の別荘地は、自分たちでゴミ置き場まで
運ばなくちゃいけないし、
出す日も決まっています。
他の日に出すのは、御法度なんです。

でも、私たちのいるところは
ゴミステーションが、しっかりできています。
いつでも、好きなときに出せるんです。
お陰で、東京に帰るときには
いつでもゴミを処理して帰れる。

人間、生きていると言うことは
ゴミを出すってことなのよね。
ゴミ処理は、しっかりやりましょう!

« 困ること | トップページ | 新しいスポーツクラブ »

軽井沢から」カテゴリの記事

コメント

★FUUさん、いらっしゃいませ。

長年軽井沢にいらっしゃるんですね。
我が家は、今年で4年目の夏を向かえる新参者です。どうぞよろしくお願い致します。我が家のあるところは、軽井沢のはずれの、大規模な別荘地です。新しくできたからでしょうか、ステンレス製のゴミステーションが場内に多数常設してあります。いつでも好きなときにもっていって出せるので、すごく便利です。
ゴミのために、来られなくなる人がいらっしゃるというのは、何だかおかしいですよね。
確かに、もっとゴミを出さないという方面からも考えてもらえるといいですね。何でも容器に入っている製品が多すぎる気がします。
ただ、たまにしかやってこない別荘地利用者は、声を出す場所がないのよねえ・・・そう言うことも大きな問題点かも知れませんね。夏の人口が普段の人口の何倍にもなる軽井沢としては、もっとその方達の声を聴いて下さってもいいと思いますよね。

古い山荘に夏だけ行きます。長年軽井沢に来ているので、静かに避暑を楽しんでいた人が何人も、ゴミが理由で来なくなるのを見て、軽井沢町はあまりに無神経で無策と感じています。(家から歩いて持って行くには遠過ぎる人。坂がある人。体力がない人。運転免許を持ってない人。家族のいない人など、いろいろです)。そうした高齢者には「来なくてけっこう」と言ってるように思えます。 
 1〜2ℓのペットボトル商品がずらっと並ぶスーパーの棚を見ると、これがみんな山の避暑地の不燃ゴミになるのかと思います。ギンギンにクーラーを効かせたスーパーの店内は寒くて半袖では入れません。猛暑の東京のスーパーの方が店内温度はゆるやかです。軽井沢町はゴミ出しの一点に環境問題をしわ寄せせず、エリア全体で考え直してほしいです。 ちょっとまじめな書き込みでごめんなさい。ゴミ出しのタイヘンさ、つい共感してしまいました!

★FUUさん、初めましてピーコと申します。

FUUさんも、軽井沢にお住みなのでしょうか?
詳しくご存じ何ですね。ゴミ収集場所まで持ち込まないといけないのは聞いていますが、遠い方だと大変でしょうね。私の住んでいるところは、場内にいくつも収集場所があって、そこにいつでも出せるのでとても便利なんですが、他の所は違うんですね。
分類の種類が多いのには、最初本当に驚きました。いまだに物を見て、「これは何だろう」と、考え込むんです。見本を見て、確かめるのが習慣になっております。
ビンの収集は、本当に困りますね。殆ど東京に持ち帰って捨てております。だって、袋がもったいないんですもの。確かに、もうちょっと行政が協力して便利な方法を考えてくれればいいと、思いますね。

★ぴえろさん、いらっしゃいませ

ゴミの問題は、やっぱり教育でしょうね。
子供の頃から、分別に慣れる必要があります。当然と思ってやれば、大したことはないのかも。
4種類ぐらいだと、迷わないで済みますね。軽井沢の分別はとにかく厳しくて、捨てるたびに、これは何だろうと、今でも考えちゃいます。それと、つい面倒になって、細かな分は東京に持ち帰っちゃうの・・・
ハハハ、だって東京だと、考えずに捨てられますから。

★オードリーさん、いらっしゃいませ。

そうなんです、軽井沢ってゴミにうるさい町なんですよ。確かにいいことなんですが、出す方は大変です。普段から慣れていれば、そうでもないのでしょうが、たまに来てやろうとすると、やっぱり大変だと思います。
東京は少しいい加減ですからね。でも大都会だと仕方がないかとも思います。大勢いますから、厳しくすればルールを守らない者が増えるでしょうから。
水道料金も、本当に高いです。東京の何倍もしますから。要するにお金持ちの町なんですよ。憧れてきてみたものの・・・と言う部分も確かにありますね。

 軽井沢は異常です。ビンは茶色、透明、みどり....全部色分けしなければならず、粗大ゴミも入れると分類は20種類以上にのぼるはず。しかも全国にまれな富裕町なのにゴミ収集はなく、市民(住民、別荘持ち、旅行者)がゴミ捨て場(収集場)に、車のトランクに積んで、何キロも運ぶ。生ゴミもです。車のない人はゴミが出せず、軽井沢に税金を払いながら、避暑に行くのを断念した老人も何人もいます。数日しか滞在できない人はゴミ出し日の細かい指定に、ルールを守る人ほど困り果てていますし、一週間いても全種類出しきれません。ゴミ袋も高く、それに20枚単位売り。1〜2泊程度の学生グループの中には指定ゴミ袋を買わずに投棄するのも。
 ゴミ出しの出口は厳しいのに、ゴミが出ない工夫の施策はない。売る側には寛容です。生野菜の2重包装や、過剰包装(農協の1本売りのキュウリにもビニール帯が巻いてある)には違和感を覚えます。
 またゴミ収集場の地面は、割れたガラスの破片が散乱していて夏の素足にサンダルでは危ないです。
 長年軽井沢に暮らす町民の中には、「別荘族は不遜じゃないか。ゴミ出しルールを守らない」と思う方もあるようですが、こちらは精一杯合わせています。一年の夏の休暇の数日間を楽しみに来て、折角休んでるのに、愛車のトランクにゴミを運んで積んで、運転してゴミを捨てに行くことを文句を言わずに、町のルールとあまんじて受け入れている側の心中も思いやってほしいです。

人間、文化生活の衣食住を守ろうとしている以上、ごみが出るのは当然ですが、最近のごみの量はただ事ではないような気がします。
私の住んでいるアパートはごみ収集場があり、何時でも出せますが、分別ごみにうるさいです。守らないと警告の紙がしつこいほど張り出され住人の注意を促しています。その躾のせいか分別することが当たり前として受け止められています。
ちなみに4種類の分別ごみを守っています。

軽井沢はずいぶん徹底しているのですね。埼玉県北部の以前住んでいた町も比較的細かく分別していましたが、軽井沢ほどではなかったですね。東京はおおざっぱ過ぎますが。
そういえば、水道料金も定住者と違って軽井沢料金だと聞いたことがあります。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142268/14479762

この記事へのトラックバック一覧です: 大変なことー軽井沢から:

« 困ること | トップページ | 新しいスポーツクラブ »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ピーコのブログ仲間

  • ホタルと月の国
    絵をお描きになる、浜辺の月さんのブログです。 油彩、水彩、鉛筆、パソコンなど、何でも使って描かれた素敵な絵が、たくさん載っています。絵を描くことの楽しさや、感動が伝わってくる気がします。
  • 信濃はまほろば
    信濃追分に週末住宅をおもちの、ヘンゼルさんのブログ。 自然、ひと、美しい物すべてを、素敵な写真で表現されています。
  • ふうちゃんの軽井沢滞在日記
    ふうちゃんが軽井沢から滞在中の出来事を発信しています。さらに、東京からの発信もあります。
  • ひとりごと
    絵をお描きになる、ぴえろさんのブログです。 日々の暮らしを楽しんでいらっしゃる様子が、素敵な絵と文章で表現されています。表情豊かな人物の絵がとても魅力的です。
  • ひなたぼっこ
    いろいろなことに、興味津々のタムさんのブログ。 あちこちにいらっしゃって、素敵な写真がいっぱいです。名前通り、心がぽかぽか、ほっとするひとときが待っている場所ですね。

ピーコのおすすめ!

  • ピーコ&ふうちゃんの部屋
    ピーコと、ふうちゃんが最初に立ち上げたHP! さっぱり理解できないパソコンと格闘して、どうにか作った代物です。
  • P&F in Karuzawa
    ピーコとふうちゃんのお部屋からおいだされたふうちゃんが、独立!軽井沢の風景、内田康夫の名所案内、軽井沢滞在日記などがあるHPです。

acces