フォト

軽井沢の花たち

  • ツリフネ
    軽井沢の庭に咲く花を集めてみました。東京では見られない花がたくさんあるのに、驚きます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« お早い帰還 | トップページ | 雪の軽井沢 »

競馬のお話

昨日、ディープインパクトが圧勝した。

今年最後のG1レースで、圧倒的に強かったようです。

競馬のお話なんて、私とは殆ど縁がないんです。
そりゃそうよね、馬券なんて今まで買ったこともないし。
馬の名前なんて、それこそ、ディープインパクトぐらいしか
知らないのですから。

だけど、私 実は、競馬場には
行ったことがあるんですよ。

それも、もう、30年以上前 学生の頃。

場所は東京競馬場。
しかも、一度や二度ではありません。
何度も行ったことがあるです。

なのに、馬券を買ったことがないって
おかしいと思うでしょうね。
そうなのよ、馬券は買ったことがないけど、
売ったことがあるんです。

学生時代、馬券売りのバイトをしていたから!!

もう、それこそ、一昔も前ですからね、
馬券は手売りだった。
一枚一枚、機械を押して、出していたんです。

「6-8 10枚、3-515枚くれ」

って、窓口で言われるのを、
一枚一枚、ボタンを押して、打ち出して
一枚200円で売っていた。

当時は、馬券を買う人は、それこそ、
耳に赤鉛筆をさして、競馬新聞を読んでいるような
おじさんばかりだった。
ちょっと、柄の悪い、強面のおじさんたちを相手に
馬券売りなんて、おかしなアルバイトを
やっていたものだと思います。

何故そんなバイトをしたかというと、
それは、私の通っていた大学が
東京競馬場の近くだったの。
それで、お友達に誘われて、研修を受けたら
受かっちゃって、そのまま採用されたというわけ。

ただ、このバイト、当時としては破格の値段だった。
日当が高かったし、おまけに一開催中に
一度も休まず出勤すれば、皆勤賞という手当が
一日分付いた。
しかも、大入りの日は、大入り袋に100円の
手当が付いたりして、とにかくもうかるバイトだった。
お陰で、友達と旅行へ行く費用を
これでよく捻出したものでした。

最初、私が配属されたのは
競馬場の玄関から近くの窓口だった。
そこって、要するに人が沢山来る場所なのね。

だから、とにかく忙しかった。
一日の開催中、メインレースは3時頃に
いつもあるんだけど、そのころ近くなると、
とにかくよく売れた。
よく売れると、売り手はとにかく忙しい。
ひっきりなしに売ってるわけで、
打ち出すのを、聞き間違えると大変だし
計算も大変となるわけで、凄く疲れた。

今でも一番覚えているのは
バイトを始めてから、
最初に迎えたダービーの時のこと。
朝からとにかく売れて、売れて
お客がとぎれなかった。

それで迎えた、ダービーのレース。
お客の列がずーーーとつながって
いつまで経っても終わらない。
とうとう、出走近くなってきて
それでも、客が並んでいて、売り切れなかった。
時間が来ると窓口が閉まる、
そうなると、客が怒るのよね。
窓口をたたいて騒ぐの・・・・
怖かったわよーーー

でもね、それって実は想定内なんですよ。
最初の研修で教えられるのが、
その時の対応の仕方。
バイトの私たち女性は、まず後ろに下がる。
そうすると、後ろから男の人がどっとでてきて
窓口を守るんです。
「下がってーー!」と、叫ぶ声、
ドンドンたたくお客の怒号。

今でも想い出しちゃいますね。

だけど、一番想い出すのは、
あのときの、お金の量!
とにかく凄かった、千円札やら一万円札が
飛び交ってましたね。
本当に飛んでるのよ。ヒラヒラ・・・・
お金を入れるかごには、
お金がドンドン貯まっていくの。
凄いなあーーーーっておもったのを
今でも覚えています。

ディープインパクトを見ながら
昔を想い出しておりました。
久しぶりに、本当に何十年ぶりかで
東京競馬場に行ってみたくなりました。

« お早い帰還 | トップページ | 雪の軽井沢 »

スポーツ」カテゴリの記事

コメント

★ピエロさん、こんばんは!

そうなのよ、今思い出しても凄い光景です。
その場面ばっかり覚えているわけで、よっぽど印象的だったのね。何しろお金がふわふわ飛んでるわけで、凄い量だったなあと・・・・
今でこそ、競馬場に女性も沢山見かけるんですけど、当時は本当に男ばっかりの世界で、ちょっと怖くて、帰り道とか友達とくっついて帰った覚えがあります。
馬券を、売ってたんですが、とにかく買ったことがないんです。最もくじ運も悪いから、競馬運もダメだと思うのよねえ。中からしか見たことないですから、競馬場の景色なんてほとんど分かりません。綺麗だそうで、一度本当にお客になっていってみたいと思いますね。

★りきさん。いつもお越しくださってありがとうございます。
そうなんですか、お友達競馬の馬券売っていらっしゃるのですか。まだあるんですね、そのバイト。でもあれからもう30年以上過ぎたんですから、競馬の馬券って、自動販売機で売ってるのかと思ってました。
やっぱり時給が高い!そうなのよねえ、あれって、結局の所、損しない仕組みでしょ。だから絶対に儲かるわけで、時給もそれなりにいいのでしょうね。そうだとすると、やっぱり人気のバイトなんでしょうね。

すごい情景ですね。ギャンブラーって血が上っているから怖いものがありますね。
私も昔一度だけ競馬場に行ったことがあります。印象はグリーンがきれいで公園感覚で言えば馬券を買わなくても何度来てもいいかな、と思ったことです。でも、あれ以来一度も行ったことありません。あの時、馬券を買った覚えがありますが、勝ったか損をしたか覚えていません。
今回はたまたま見ていましたが、ディープインパクトはすごかったですね。後ろから三番目ぐらいだったのに後半にごぼう抜きにぐんぐん前に出、驚きました。とても健気で愛しく感じました。

ピーコさんは、そんな所でバイトしていたのね^^
面白い経験ね。

京都の淀にも競馬場があるのよね、そこで馬券を売ってる友達がいるのよ。今でも時給はいいのよね^^♪

大変らしいけれど、中々空きが出ないので一度辞めたら二度と入れないって、頑張って仕事に行っています。

それにしても、想定内のこととはいえ、怖いわね~!!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142268/13196307

この記事へのトラックバック一覧です: 競馬のお話:

« お早い帰還 | トップページ | 雪の軽井沢 »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ピーコのブログ仲間

  • ホタルと月の国
    絵をお描きになる、浜辺の月さんのブログです。 油彩、水彩、鉛筆、パソコンなど、何でも使って描かれた素敵な絵が、たくさん載っています。絵を描くことの楽しさや、感動が伝わってくる気がします。
  • 信濃はまほろば
    信濃追分に週末住宅をおもちの、ヘンゼルさんのブログ。 自然、ひと、美しい物すべてを、素敵な写真で表現されています。
  • ふうちゃんの軽井沢滞在日記
    ふうちゃんが軽井沢から滞在中の出来事を発信しています。さらに、東京からの発信もあります。
  • ひとりごと
    絵をお描きになる、ぴえろさんのブログです。 日々の暮らしを楽しんでいらっしゃる様子が、素敵な絵と文章で表現されています。表情豊かな人物の絵がとても魅力的です。
  • ひなたぼっこ
    いろいろなことに、興味津々のタムさんのブログ。 あちこちにいらっしゃって、素敵な写真がいっぱいです。名前通り、心がぽかぽか、ほっとするひとときが待っている場所ですね。

ピーコのおすすめ!

  • ピーコ&ふうちゃんの部屋
    ピーコと、ふうちゃんが最初に立ち上げたHP! さっぱり理解できないパソコンと格闘して、どうにか作った代物です。
  • P&F in Karuzawa
    ピーコとふうちゃんのお部屋からおいだされたふうちゃんが、独立!軽井沢の風景、内田康夫の名所案内、軽井沢滞在日記などがあるHPです。

acces