フォト

軽井沢の花たち

  • ツリフネ
    軽井沢の庭に咲く花を集めてみました。東京では見られない花がたくさんあるのに、驚きます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

スポーツクラブに その2

昨日、エアロビのお話を書いたのだけど、
そのサウナで、私はほとんど
お話に加わることがありません。
黙って聞いているだけです。

きっと、周りの人は不思議に思っている
いや、たぶん・・・
「あのひと、ちょっとお高くとまってるわね」
と思っているに違いない・・・
とは、おもうんですけどね。

実は、私、意図的にしゃべらないようにしているのです・・・・

というのは、
私は実は、ものすごーーーい近眼なの。
裸眼だと、ほとんど物が見えてないのです。

ですから、プールサイドでは
誰が誰だか、見分けが全然つきません。
(だって、メガネをかけてプールには入れないものね)
人間がいるのは、わかるんですが、
顔、表情、水着の模様、すべてみえておりません。
それで一番困るのが
今、お話ししている人が、どんな方か
さっぱりわからないことです。

それって、凄く困るのよねえ。
だって、今日、ある人とご近所のお話をしたとするでしょ、
次の日、その方が又お話してきても、
さて、誰だったか、続きを話していいやら、
さっぱり見えてないので、判断できない。

いちいち、昨日お話しした方ですよね
なんて、確認するのも申し訳ないし、
名前をお聞きするのも、失礼になりそうだし・・・

おまけに、目が見えないと
耳も聞こえなくなってしまうのです。
不思議でしょ、そんなことないと思うでしょ?

でもそうなの、人間おしゃべりするときは
相手の顔を見て話してますよね。
それって、相手の口元を見ているわけで、
聞こえにくい部分は、たぶんその口元やら
表情やらで判断しているのだと、思うのです。

目が見えないと、そこの辺りが
全く出来ないわけで、
相手の方が、どんな感じでお話ししているのか
さっぱりわかりません。

そうなると、細かいニュアンスが伝わらないから、
話が見えてこない・・・凄く危ないのです。
下手をすると、相手に失礼な返事をしてしまう。

仕方がないので、話しかけられた方からは
何度も聞き返して、お返事をしております。

まあ、そんなこんなで、
色々考えまして、しゃべらないでおけば
無難かなあと、思っているわけなんです。

ひたすら、レッスンだけをやって、
そのまま帰る、という日々がずっと何年も
続いております・・・

スポーツクラブにて

一週間に2回ほどエアロビに出かけている。

以前はスタジオで踊っていたのだけど、
最近は、すっかり水の中です。

アクアビクスというのですけど、
30分のレッスン中、ほとんど飛び跳ねております。
結構ハードなレッスンなのですが、
来ている人は、ほとんどおばさん。
いや、おばさんと言うより、おばあさんの方が多いかも・・

60歳過ぎはもとより、70代の方もいらっしゃるようで
私は、もちろん若い方です。
中には杖をついていらっしゃっておられる方も
お見かけします。

毎日通ってくると、お友達も出来るみたいで
プールに付いている、サウナの中は
社交場となっております。

で、出てくるお話は・・・様々、
健康の話が多いかもしれませんね。
どこそこの誰が、入院したとか、
どこそこの誰が、手術したとか
どこの医者がいいとか、あそこの医者はやぶだとか・・・

それともう一つ多いのが、
旅行の話。
カシオペアにのって北海道へ行った、とか
グアムに出かけたとか、ハワイだ、いや、ヨーロッパだと、
凄いお話が結構でてきます。

私は、ほとんど会話に加わることはないですが、
聞いていて思うことは、
日本って、やっぱり平和だなあということと、
豊かになったんだなということでしょうか。

我が母が、私の年代の頃は、
生活に追われていて、エアロビなんて
出来る時代じゃなかったと、言われてしまった。

確かにねえ・・・
エアロビでしっかり、体力を付けて
たまには、リタイアした夫と
旅行に出かける・・・
豊かな老後といえるでしょうか。

さて、私はふうちゃんがリタイアしたら
どうやって暮らすんだろう・・・
2007年問題、もうすぐです。
団塊の世代の私たち、
これから、どう暮らすのか、しっかり考えなくちゃ。

世界のトヨタ

NHK特集を見た。

世界のトヨタの戦略をやっていた。
今まで唯一進出していなかった、
ビックアップトラックの生産を
新しく作ったテキサス工場ではじめるそうである。

現地の人間を雇い、
現地生産するのだそうです。
ヒスパニック系、しかも、製造業は初めてという
現地の人間を集めて、もの作りを教えるのだとか。
おもちゃのトラックを作ることから、
協力して、ものを作ることを教えていた。

もう一つは、タイで、現地の人に
トヨタ方式のもの作りの方法を
教える人間を育てる話だった。
外国人をつかって、外国人を教育する人材を
作るというわけらしい。

要するに、日本人の枠をはずして
世界に打って出るというわけだ。

自動車の生産台数は、GMを超える勢い
中国、ロシア等へドンドン進出している
トヨタとしては、日本人ばかりに頼っていられない
という、お家の事情もあるらしい。

それにしても、
生産の管理方式、いわゆるトヨタ方式を
どの工場でも徹底するための教育の普及を
みていると、日本人ってなんとも
緻密な性格しているのだなあと思ってしまう。

だけど、やり方を見ていると
早く正確に作るための、競争の原理は
まさに、豊臣秀吉の城の普請の方法だし、
上級職にあがっていくと、与えられる帽子は
なんだか、聖徳太子の冠位十二階を、想い出してしまう。

その、NHK特集のあとのニュースでは
女子ホッケーの新技術を解説していた。

何でも、体力が劣る日本人が得点を
入れるための秘策だそうで、ダイビングシュート
というらしい。
身長が小さい、日本人では、腕のリーチが
足りないので、それをカバーするために
ダイビングしながらシュートするのだそうです。

なんだか、バレーボールの回転レシーブや
クイックをこれまた想い出してしまった。

要するに、日本人って
ハンディがあると、それを克服するために
頑張っちゃう人種みたいです。
最近読んだ本
「世界の日本人ジョーク集」(早坂 隆著)の
「青いキリン」を、まさに、地でいっている感じです。
(青いキリン
 ある富豪が、青いキリンを見せてくれたら大金を出すと言った。
 それに対して、イギリス人はそんな動物がいるか徹底的に議論した
 ドイツ人は図書館で文献を調べた、
 アメリカ人は、軍隊を出して世界中を探した
 中国人は青いペンキを買ってきた。
 日本人は昼夜研究して、青いキリンを造った・・・というジョーク)
何でも改良することを考案するのが
得意なのね。

なにはともかく
これからは、日本人もグローバルなのです。
狭い日本を飛び出して、どんどん
外国で活躍する時代なんだなあ・・・

相手は世界の国すべて。
何をやるにしても、、負けずに頑張らなくちゃね。

ニュースから

昨日は、母が犬を心配して
しきりにニュースを気にしていた。

例のがけっぷちの犬です。

徳島県の崖っぷちに取り残された犬。
もう5,6日もずっと居るそうで
食べ物もなく、大丈夫かと、珍しく忘れもしないで
いつ救出されるか、待っていた。
(最近母は、わすれっぽくなっていて、
昨日あったことなど、ほとんど忘れているのだ)

昨日、どうやらレスキュー隊がやってきて
網の中に無事保護されたようです。

それにしても・・・・
日本って平和な国なんだなと、
こういうニュースを見ると思ってしまう。

かたや、子供の自殺やら、飲酒運転やら
あんまりありがたくないニュースが多い中
ほっとするニュースだとも思う。

どうも、このごろ年のせいか、
動物の事に関するお話を聞くと
涙もろくなってしまうのです。

この犬、貰い手が40人以上出てきているとか。
有名犬になってしまって、
良かったなあと思う反面、
まだまだ、貰い手もなく捨てられて
死んでいく犬やら猫がいるとおもうと
なんだか、胸が締め付けられてしまう。

生きているものは、人間も動物も
みんな幸せに生きて欲しいと思うのですが
それって、本当に難しいことなんですね。

それにしても、
横でぐうたら寝ているトラを見ると、Tora7
つい、言いたくなってしまう。

「おい、トラ君、
あんた、ちょっとは感謝してもいいんじゃないの?
ニャーゴ、って鳴けば何でもやってもらえる
飼い主がいるってことは、ありがたーーーい
事なんだよ!」

しかしながら、それもこれも、
人間の勝手な思いこみかもね。

「僕、そんなこと知らないよ
快適に暮らすことしかしらないもん」
って、言ってそうな顔してる!

水抜きの話

雨の軽井沢です。

気温5度、いよいよ、寒さがやってくる感じです。
ふうちゃんは金沢です。(写真が届いてます)

私の方は、実は水抜きにやってきたんです。

ことしもいよいよ、水抜きシーズンです。
毎年この時期になると、心配・・・
水抜きに失敗すると大変なんですって。

去年、凄く寒くて配管が凍ってしまって
壁から水が破裂して出てきた
なんて話をききました。

それに、去年は水抜きやっていても
凍ってしまって、溶かすのに大変だった
なんてこともあるものですからね。
心配なんですよ・・・

手順を書いた表をドアにぶら下げてあるんです。
でも、その年の初めの水抜きは緊張します。
何度も、これでいいかと確認しながら
やっております。

おまけに、電気代もこの時期どうしても上がる。
地下の配管に凍結防止帯というのが付いていて
これが電気を食うんです。

1,2月はほとんど行かないのに
電気代が1万円を超えます。
必要経費といえば、それまでですが・・・
まあ、ちょっと辛いものがありますね。

冬枯れの景色がもうすぐやってきます。
その前が、落葉松で真っ黄色。
セピアカラーの世界は何とも言えません。

例によって、温泉に入って
お昼にサンドイッチを食べて
帰ってきました。

いつも食べるレストランのシェフさん
私が牛乳苦手を知っていて
チーズは大丈夫かと、確認してくれました。
ハハハ、私、牛乳は全然ダメなんだけど
これがねえ、バターとチーズになると
全く大丈夫なの。
特に、チーズは大好物なのよね。
おかしな人間ですね、私って!

那谷寺(なたでら)の紅葉

那谷寺(なたでら)の紅葉

那谷寺(なたでら)の紅葉

那谷寺(なたでら)の紅葉

石川県小松市の両親那谷寺(なたでら)は、紅葉がまっさりでした。北陸の紅葉を楽しむ旅でした。(ふうちゃん)

東尋坊から

東尋坊から

東尋坊にきました。ここは、ピーコの両親のふるさと福井県三国にあります。海の碧さに引き寄せられて、自殺をする人もいたということです。今日、波も静かで落ち着いた海でした。(ふうちゃん)

金沢から

金沢から

金沢から

金沢にきました。兼六園の紅葉です。4年前に来たときは、夏でしたが、それとは風情が違っています。四季それぞれに趣のある兼六園です。

まだ、まだ紅葉です

まだまだ、紅葉の軽井沢です。

昨日夕方やってきたんですが、Karamatu1
もう紅葉は終わっているかと思いきや
まだまだ、落葉松が美しい姿を見せています。

全山真っ黄色ですよおーーー

我が家のパソコンコーナーから見る
落葉松は黄色から黄土色に変化して、
本当に綺麗です。

早朝の散歩を楽しみました。
歩いていたら、頭の上から不思議なKaramatu2
一定の音がするの。
トン、トン、トン・・・・

なんだろうと、見上げると
ちょうど真上の木に
キツツキさんがいて、その木を
叩いている音でした。

鳥は沢山見るんですが、
よく絵にある、キツツキの木をつつく姿を
まさに見られるとは、思いも寄りませんでした。Otiba5

残念なことに、携帯を向けたら
さっさと逃げられちゃいました。

代わりに、落葉松の紅葉をご覧ください。

久しぶりに絵

久しぶりに真面目に絵を描いている。

この秋、軽井沢の我が家の庭に咲いたYaso2
ツリフネ草の絵です。

私、本物を見ながらのデッサンは苦手なの。
もっぱら最近は、ふうちゃんの写真を元に
描いております。

そのふうちゃんが、最近、五月蠅い。
「おい、写真撮ったんだから、早く描け」
というわけです。

でもねえ、そう簡単には描けないのよ。
日本画は、何しろ準備が面倒。
描くまでには、ちょっと決意が必要・・・・

ですが、今年になってから、真面目に描いたのは
たった一つだけというのは、やっぱりちょっと・・・

というわけで、やっと重い御輿をあげました。

ですが、これは下絵。
日本画ではありません。

これを元にして、いよいよ日本画を
描き出します。
さて、出来上がるのはいつの事やら。
たぶん、今年中には無理だろうなあ・・・

その後のトラ

我が家のトラは、すっかり過保護猫になってます。

何年ぶりかで、餌を前に
首を傾げたものだから
心配性の母が、甘やかしているんです。

「トラももう、8歳ねこだから、年寄りなのよ」
と、まあ、自分とだぶらせているらしく、
しきりに同情して、

「堅いドライフードは、食べにくいのよ」
と、思いこんだ。

思いこんだら、一直線の母は、
ペンチを持ってきて、ドライフードを小さく
割って、粉々にした。
ついでに、それにお湯をかけて、
ペースト状にして、トラに与えることになった。

そのお陰かどうかは分からないが、
とにかく、トラはしっかり餌を食べるようになった。

「もう、元気そうじゃない、そろそろ
元に戻したら、きっと大丈夫、食べるわよ」
と、言ってはみるんだけど、

「また、もどしたら、可愛そう」と
相変わらず、砕いたドライフードに
柔らかいデリカフードのマグロを混ぜて
おまけに、ご飯まで付けて
食べさせている。

どんどん、トラは過保護になっていくなあ・・・
そのうち、もっと年をとったら、どうなるんだろう?
猫馬鹿もここまで行くと・・・・・

ねえ、トラ君、
あんた、自分がとんでもなく過保護だって
分かってるの?
私、あんたと変わりたいわよ。
ちょっと、待遇良すぎるんじゃないの?

お疲れトラ・・・

昨夜遅く・・いや、今朝ほどかな
東京に帰り着きました。

今回は、母も一緒だったので、
そうなると、母と一緒に、トラも付いてきます。

車で2時間半の移動は、トラには過酷だったようです。
もともと、車が苦手なようで、
最初の時に連れて行ったときは、
車が走り出すとすぐ、鳴きだして、
そのまま、ずっと何時間も鳴き続けていました。

それ以来、何度か軽井沢と東京を
トラは往復したんですが、
相変わらず、車がダメなようです。

最近は、鳴くのは少しになってきたのですが、
もどすようになってきた・・・・

どうやら、トラは、車酔いするらしい!

今回も、ついてすぐ、何度か吐いた。
そして、戻ってくる途中でももどしたようです。

で・・・・・
ちょっと今回は重症らしい。
あの、大食漢のトラが・・・・
昨日から食欲がない。

いつも、ドライフードをあげると、
あっと言う間に食べちゃうトラなんですよ。
それがねえ・・・・

ドライフードを前にして、
首を傾げています!

食べ物を前にして、首を傾げるなんて
何年ぶりのことでしょうか。
もらってきてすぐの、子猫の時、一度だけ
ありました。
あのときは、医者に見せたら、風邪だと言われたっけ。
あのときも、母が心配して、
大好きな、かにかまを食べさせようと、したのだったわ。

今回は、大好きなパック入りの
美味しいマグロを出してきて、
少しずつ、与えています。

それにしても、あの食いしん坊のトラがねえ。
食べ物前にして、首を傾げるなんて
前代未聞ですよ。

でもね、
ちょっと待てよ、
ひょっとしたら、ずるがしこいトラは、

これから毎日、お高いパックの
マグロを食べようと言うんじゃないでしょうね。

これって、まさに、味を占めた猫!
ってことじゃないの?

紅葉の軽井沢3

いよいよ、落葉松の紅葉が真っ盛りになってきました。

我が家の二階のパソコン台の前
真正面に落葉松林が見えます。
一日一日、紅葉が進んでいるのが
はっきり分かります。

散歩にでかければ、昨日盛りだったKoyootiba1
モミジが、枯れ初めています。
そうかと思えば、昨日緑だった木々が
今日は黄色に色づきかけてたり
秋は、少しずつ、深まっているんですね。

枯れ葉を採ってきて並べてみました。
秋を皆様に、お裾分けします。

さて、話は変わって、
いつもこちらに来ると、クラブハウスの
温泉に入って、ランチを食べて帰るんです。

たった一つの我が家の贅沢です。

だいたい、ゴルフもやらないし、
テニスコートもあるんですが、利用したことがありません。
(要するに、運動音痴の家族なんです)
おまけに、美味しい物を求めて出かける
なんてこともしない。
だって、ほら、私って、料理苦手の
いい加減人間ですものね。
料理は、食べてしまえば同じって人種なのです。

でも、こちらに来ると必ず
ランチと、温泉は行くことにしております。
温泉は、浅間山が真正面に見える絶景地ですし
ランチを食べる、レストランは、結構美味しいです。
軽井沢にしては、ちょっと安いかもしれません。
まあ、軽井沢の中心からはずいぶん離れていて、
山の上ですからね。Lunch1

その、レストラン、プリミエールは
しょっちゅう行くので、シェフさんは
私の好みをちゃんと分かってくれています。

私、好き嫌いが激しいの。
牛乳系が全くだめなのです。Lunch2
ですから、洋食を注文すると、ほとんど全部食べたことがない。
苦手な物が必ず出てくるので、普通はふうちゃんに
押しつけて、食べてもらっております。

でも、ここは、私の好みを知っているので
苦手な物は、好きな物に変更してくれます。

今回ダメだったのが
カボチャのポタージュと、グラタン。

私用(写真下)に、卵スープと、スパゲティに変更してくれました。
慣れている所って、こういうことがあるので嬉しいですよね。
シェフさん、いつもありがとう!

紅葉の軽井沢2

本当に紅葉真っ盛りの軽井沢です。06centerhouse1

いつもは、モミジの紅葉が先でして、
落葉松の紅葉は遅いんです。
一緒に紅葉するのを見るのは、初めてです。

今年は何故か、モミジの紅葉が遅れています。
ふうちゃんが、雲場池に写真を撮りに行った。Kumobamomiji1
毎年撮りに行くんですが、
タクシーの運転手さんが、
雲場池の紅葉が遅れていると、教えてくれたそうです。

ふうちゃんも、毎年きているんですが、
仕事の関係で、一番綺麗な時期を逃していたようです。Kumobamomiji2
「今年初めて、こんなに綺麗な紅葉を見た」
といっています。

私は・・・・
去年は、とにかく紅葉が全くだめで
色がはっきりしないうちに、枯れてしまった。

だけど、一昨年、その前、綺麗な紅葉を見ています。
その色の印象が強くて、
どうも、今ひとつだなあと思ってしまう。

それって、慣れてしまったせいでしょうか?
それとも、温暖化のせいで、本当に
毎年色が、あせているのかなあ・・・

とにかく、最初に見たときの美しさを
どうしても思ってしまうの。
第一印象って、やっぱり強いのかもしれませんね。

というわけで、ふうちゃんの雲場池の
紅葉の写真をご覧ください。

もっとご覧になりたい方は、
こちらへ!

http://www.sas.janis.or.jp/~l7pandf/06kumobakoyo.htm

紅葉の軽井沢

昨日、早朝軽井沢に入った。

こちら紅葉真っ盛りです。06koyo1 06koyo8
道は落ち葉の絨毯。
落ち葉の量が違いますね。

きて早々、とにかくお掃除。
無駄な努力だとは思うんですよ。
何しろ、掃いているそばから、次々落ちてくる。

落ち葉の山ができました。 06koyo9

この山にお芋を入れて、たき火をしたい。
だって、このまま捨てるなんて、もったいない。
だけど、残念なことに、こちらは焚き火厳禁!
ガッカリです。

本当は、庭に炉を作りたいんです。
バーベキューの炉。Ochiba1
炉ができれば,その中で焚き火だってできる。
だけど、炉って作ってもらうと
凄くお高いのです。
自分で作ろうと、思っているんですが
さて、いつになるやら。

まあ、やりたいことは、他にも沢山。
夏に作った、鳥の餌台も
庭に設置したいし、テーブルも
椅子も作りたい。
やりたいことは山ほどあるけど、
まあ、どれもそのうち・・・・・

さて、いつになるやら・・・・

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ピーコのブログ仲間

  • ホタルと月の国
    絵をお描きになる、浜辺の月さんのブログです。 油彩、水彩、鉛筆、パソコンなど、何でも使って描かれた素敵な絵が、たくさん載っています。絵を描くことの楽しさや、感動が伝わってくる気がします。
  • 信濃はまほろば
    信濃追分に週末住宅をおもちの、ヘンゼルさんのブログ。 自然、ひと、美しい物すべてを、素敵な写真で表現されています。
  • ふうちゃんの軽井沢滞在日記
    ふうちゃんが軽井沢から滞在中の出来事を発信しています。さらに、東京からの発信もあります。
  • ひとりごと
    絵をお描きになる、ぴえろさんのブログです。 日々の暮らしを楽しんでいらっしゃる様子が、素敵な絵と文章で表現されています。表情豊かな人物の絵がとても魅力的です。
  • ひなたぼっこ
    いろいろなことに、興味津々のタムさんのブログ。 あちこちにいらっしゃって、素敵な写真がいっぱいです。名前通り、心がぽかぽか、ほっとするひとときが待っている場所ですね。

ピーコのおすすめ!

  • ピーコ&ふうちゃんの部屋
    ピーコと、ふうちゃんが最初に立ち上げたHP! さっぱり理解できないパソコンと格闘して、どうにか作った代物です。
  • P&F in Karuzawa
    ピーコとふうちゃんのお部屋からおいだされたふうちゃんが、独立!軽井沢の風景、内田康夫の名所案内、軽井沢滞在日記などがあるHPです。

acces