フォト

軽井沢の花たち

  • ツリフネ
    軽井沢の庭に咲く花を集めてみました。東京では見られない花がたくさんあるのに、驚きます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« お手紙 | トップページ | 春爛漫 »

いただきますの意味

久しぶりに冬枯れの軽井沢から、
こちらはまだまだ冬景色。
新緑なんておよそほど遠い世界です。

実を申せば、このところ東奔西走の感あり・・・
6日の日に母と娘を連れて、箱根の温泉へ一泊、
翌日すぐに戻ってこちらに来ております。
少々疲れ気味・・・なんて言うと、遊んでいて疲れたなんてと
おしかりをいただきそうです。

さて、箱根のお話を一つ。

ちょっと贅沢をして、美味しい会席料理を食べました。Ryori1

2時間ほどかかります、
との仲居さんのお言葉通り
一つ一つ、ゆっくり出てくるお料理は、
器がまず綺麗で、
その上にのった料理も、目で楽しむというやつ。
確かに料理って、味だけではないなと
納得した次第です。

ただね・・私って根ががさつ人間でして・・・Ryori2
器なんて食べられるわけじゃなし・・・
なんて、思っちゃう味気ない性格でして。

さて、
その箱根で「踊り食い」とかいう料理がでてきた。

「中に生きた白魚が入っております
すくってこちらの中に入れれば、おとなしくなりますので
そのまま、お召し上がりください」との仲居さんのお言葉。

え?生きてる魚をそのまま食べるの?

思わず、私も母も、絶句・・・Odori1

生きてる魚です・・・動いているんですよ・・・
それを食べちゃうなんて・・・・

分かってはいるんです。人間生きた動物を食べて
生きているんだって事はね。
牛だって、ブタだって、そもそもは生きてる。
それを私たちは、自分じゃ殺さないけど、
結局は殺して食べてるんだってことはね。

だけど・・・・
だけど動いている、生きてるそのものを食べる
のはねえ・・・

その昔、まだふうちゃんと私が結婚したての頃
一緒に旅したときのこと。
そこの旅館で、鯉のあらいが出た。
あらいって、新鮮ですからね、切り身になっていても
その身が動いていたんです。ピク、ピクって!
これがダメだった・・・
二人して、「まだ生きてるよ・・・」と思わずじっと見てしまった。
仕方がないので、そのときは刺身の妻を
身の上にしっかりのせて、
「お願い、成仏してね」と、お祈りして食べた。

だけど、今度は切り身じゃない・・・
ちゃんとした魚が、そのままですからね。
これはどうしてもダメでした。
いくら美味しくても、食べられなかったです。

「食べたという証拠に、口にくわえた写真を撮られる
お客様もいらっしゃいます」と、仲居さん。

だけど、私たちは、申し訳なかったですが
そのまま、ご遠慮しました。

「いただきます」の本当の意味は
お命いただきます、なんだそうです。
命をいただいて、私たちは生きているんですね。
そのことに感謝して、命を大切に生きて
いこうと思います。

« お手紙 | トップページ | 春爛漫 »

軽井沢から」カテゴリの記事

コメント

★koroさん、こんにちは

私も貝類は全般にダメです。
どうもあの形がねえ・・・苦手です。
動いていなくてもダメです・・・
これって、好き嫌いが激しいってことだけかも。
私、苦手なものが多すぎるかもしれません。
牛乳の入ったものは全部ダメだし・・・
貝類は全部ダメ・・・
今回、しっかり分かったことは
生きているものも絶対にダメ!
ダメばっかりだなあ・・・

★バタ子さん、いらっしゃい。

東京は春爛漫・・・軽井沢は冬枯れです。
蕗のとうは顔を出してます。木の芽もふくらみそうです。だけど、まだ冬と同じ枯れ枝ばかりの世界です。

「いただきます」の意味って私も知らなかったです。
ふうちゃんが、教えてくれたんです。
たぶん、宗教がらみで知ったのかも。
命いただく、という意味だとおもうと、
なるほどって思いますよね。
人間だけじゃなく動物全部、他の命をもらって
生きているんですね。植物だって命と思えば
もっと納得です。
他の命がなくては、生きていけない生き物が人間。
そう思えば、命っていとおしいものだと思います。

★ちゅーたさん、こんにちは!

食べたんですか?まあ・・・
動くのを?・・・
エビが動く・・・鯉のあらいも動きましたけど
さすがに口の中では動かなかったような・・・
帰ってきてふうちゃんに話したら、
「俺、たべたかったなあ」だと。
まあ、同じなんですけどね、どのみちちょっと前までは生きてるのを食べているんだろうけど。
やっぱり怖いですよね。
そう思うと、一番怖いのは戦争でしょうか。
人を殺しても、正義ってことになっちゃうのですから。

ピーコさん、こんばんは。
ばた子さん、はじめまして。

私もばた子さん同様、
>「いただきます」とは、「お命を」という意味だった
>のですね。
初めて知りました^^;。勉強になりました。

>私も生きたままはご遠慮したいです。
>実はあわびが焼かれて、グニャグニャ動く様も受け付>けなくて食べられないのですよ・・・(涙)。

お気持ちよく分かります。
私も気持ち悪くて、あわび苦手なんです。
食べられる人が不思議に思えてしまって・・・・。

ピーコさん、こんばんは^^
軽井沢はまだ冬枯れなのですね!!
こちらは桜も散って葉桜になりかけれいるところですよ♪

「いただきます」とは、「お命を」という意味だったのですね。
だから手を合わせるのですね。なるほど~。勉強になりました。

私も生きたままはご遠慮したいです。
実はあわびが焼かれて、グニャグニャ動く様も受け付けなくて
食べられないのですよ・・・(涙)。

器を愛でながら、お食事をすることは大好きなのですが(笑)

ピーコさん、こんにちわ♪
おいしいお料理に舌鼓・・・とは言えない?様子だったみたいですね(笑)私も、いつだったか白魚の踊り食いに遭遇した機会がありましたが、とても噛めずに飲み込んだ覚えがあります(汗)おなかの中で動いたらどうしようと怖かった(笑)生きエビを食べた事もありましたが、その時は口の中で噛んだらビクッ!と動いて、おいしさを味わう前にめちゃめちゃ怖かったです。
そうそう、手を合わせて「いただきます」とは、お命頂戴しますの意なんですよね。生き物達へ感謝を込めて、おいしく料理して、美しい器に入れて、一瞬鑑賞あげる・・・(^^)料理は目からといいますけど、ある意味、食材達への感謝の意味かもしれませんね(笑)良いお話をありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142268/9495086

この記事へのトラックバック一覧です: いただきますの意味:

« お手紙 | トップページ | 春爛漫 »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ピーコのブログ仲間

  • ホタルと月の国
    絵をお描きになる、浜辺の月さんのブログです。 油彩、水彩、鉛筆、パソコンなど、何でも使って描かれた素敵な絵が、たくさん載っています。絵を描くことの楽しさや、感動が伝わってくる気がします。
  • 信濃はまほろば
    信濃追分に週末住宅をおもちの、ヘンゼルさんのブログ。 自然、ひと、美しい物すべてを、素敵な写真で表現されています。
  • ふうちゃんの軽井沢滞在日記
    ふうちゃんが軽井沢から滞在中の出来事を発信しています。さらに、東京からの発信もあります。
  • ひとりごと
    絵をお描きになる、ぴえろさんのブログです。 日々の暮らしを楽しんでいらっしゃる様子が、素敵な絵と文章で表現されています。表情豊かな人物の絵がとても魅力的です。
  • ひなたぼっこ
    いろいろなことに、興味津々のタムさんのブログ。 あちこちにいらっしゃって、素敵な写真がいっぱいです。名前通り、心がぽかぽか、ほっとするひとときが待っている場所ですね。

ピーコのおすすめ!

  • ピーコ&ふうちゃんの部屋
    ピーコと、ふうちゃんが最初に立ち上げたHP! さっぱり理解できないパソコンと格闘して、どうにか作った代物です。
  • P&F in Karuzawa
    ピーコとふうちゃんのお部屋からおいだされたふうちゃんが、独立!軽井沢の風景、内田康夫の名所案内、軽井沢滞在日記などがあるHPです。

acces