フォト

軽井沢の花たち

  • ツリフネ
    軽井沢の庭に咲く花を集めてみました。東京では見られない花がたくさんあるのに、驚きます。

最近のトラックバック

無料ブログはココログ

« 今年の絵は? | トップページ | 東京の雪 »

駅弁大会

ekiben1 駅弁を買いに出かけた。

毎年この時期、新宿のデパートで、駅弁大会が行われる。
蟹対決とかアナゴ対決とか、その年年で同じ材料を競わせたりして、注目を集めるように計画されているようで、いつ行っても、人だらけの感じがする。

今年も、例外ではなく、平日しかも開店すぐに入ったにもかかわらず、満員盛況の状態だった。蟹弁当などは、最後尾はここという、例のデパート特有の看板を持った係員があちこち出ていて、整理券まで配っている有様。東京の人って、やっぱり食いしん坊だったのだと、改めて認識したしだいです。

だけど・・・・ekiben2
ちょっと考えてみてくださいね。
駅弁って、そもそもは旅に出かけて、その地方、地方のおいしいお弁当を食べるのが本来の姿なんですよね。お弁当と一緒に、本当ならその町、その土地の風景などが浮かんできてこそ、駅弁なのではないかなあ・・・なんて思うのは、やっぱり私が年だからでしょうか?

それで思い出すのは、富山の鱒すしです。
私の両親の出身地は福井なんです。子どものころ母の実家に夏休みや、冬休みのたびに出かけた思い出があります。何しろ、○十年も前のお話ですからね。列車は蒸気機関車、トンネルに入るときは、窓を閉めるなんてことが絶対必要だった時代です。

福井まで行くのにほぼ一日かかったんです。信越線周りで、糸魚川を越えて福井に向かう、夜行列車の硬いシートと、暗い電球を今でもちょっと思い出します。そして朝、目を覚ませば、眼前に広がるのは、暗い日本海の海と空・・・・。それから、富山駅の鱒すし。
初めて食べたとき、こんなにおいしい食べ物があるのかと、本当に思ったんです。その思いは、兄も同じだったようで、いまだに兄は鱒すしを見ると、必ず買ってくるんですよ。

不思議ですね、やっぱりあのときの思いは、兄弟一緒なんだと、つくづく思います。
兄にとっては、田舎はザリガニ捕りの小川と、駆け回った鎮守の森、そして鱒すしなのかもしれないと、思ったりします。

そういう思いと一緒のはずの駅弁が、今ではデパートでこうやって買うことができる。いい時代なのでしょうね、多分・・・・きっと。

人ごみの中で、ふと、そんなことを考えました。

最後にちょっと一言・・・・駅弁って結構お高いのよね。だいぶ散財だったわ・・・

« 今年の絵は? | トップページ | 東京の雪 »

ショッピング」カテゴリの記事

コメント

★ラビット・アイさんいらっしゃーーい!

やっぱりお好きなのですね、鱒の寿司。美味しいわよねえ。
最近は美味しい物が沢山あるので、目立たなくなりましたけど、昔は、美味しく感じましたよねえーーー
贅沢になっちゃったんだなと、思いますね。それって幸せなことなんでしょうけど、なんだか寂しい気もしますね。

★バタ子さん、こんばんは!

ワクワク感・・それよ!!やっぱり駅弁はそれと一緒じゃなくちゃね。今でも思い出すもの。日本海の海の色と田舎の景色・・・それと一緒のお弁当・・・それにひかれてついね、高くても買っちゃうんだなあ。今回は越前蟹飯なんて言うのもつい、買っちゃった。1500円もしたの・・トホホ・・

★りきさん、こんばんは!

そうなんだ・・京都でも駅弁大会やってたのね。この時期あちこちでやってるのねえ。旅に行けない私としては、せめて旅の情緒を味わいながら・・・ってことかなあ。
それにしても、もう少し安いといいのにね。ほんとそう思うわ。

ピーコさん、私のブログへの訪問ありがとうございます。富山の鱒すし、私も始めて食べたとき、こんなにおいしいものがあるのかと感激しながら食べた事を思い出しました。ずいぶん長い事ごぶさてしてしまったなあ~。たべたいなあ~。

ピーコさん、こんにちは!

駅弁は確かに楽しい旅の中でいただくと一際美味しく
思えるのですよね~^^
ワクワク旅行している中にお弁当を開いて更にワクワク
するので、そういう気持ちの部分が大きいかもしれません。
鱒寿司大好きですよ~。駅弁の催し物がデパートでやっていると
買ってしまいます(笑)

しかし駅弁は高いですよね。平気で1000円以上しますからね。
和牛弁当なんて2000円もしていましたよ~(>_<)
冷静に見てしまうと早々買えないかもしれません。

駅弁大会。先週の日曜日に高島屋でやっていたので、蟹飯と蛸飯を買いました。たしかにお高いですよね。でも商品券があったので、奮発して両親にも一つづつ買っちゃいました。もう遠出が出来ない母には嬉しいことのようです。旅行気分が味わえて・・・^^

★ふうちゃんへ

そうですね。ふうちゃんが30年前のお話だったら、私は・・・やっぱり50年も前のお話になるんだわね。小学生の頃だったから。あのころは、本当に富山駅でしか買えなかったのよ。
だけど、だんだん両親が信越戦周りで田舎に行かなくなって食べられなくなってしまった。東海道周り・・・米原経由の方が早く行けるようになったからなの。
子供だったから、田舎と鱒寿司が一緒の思い出なので、何故食べられないか分からなくて、母に「たべたーい」とだだをこねて、困らせたのを今でも覚えています。

★koroさん、いらっしゃいませ

そうなのよねえ・・・・高いのよおーーー
ホント、いっぱい買っている人が沢山いて、ビックリしちゃうわよ。コンビニのお弁当と比べたら、とにかく割高!!
でもねえ・・やっぱりあの郷愁みたいなものにね、ついつい引き寄せられちゃうんだなあ・・・毎年つい、買いに行っちゃうんですよ。

 富山の鱒寿司を私が始めて食べたのは今から30年前でした。富山出身の職場の同僚が帰省の土産に一つ買ってきて、一切れを配ってくれたのです。
 確かに、こんなおいしいものがあるのかと
私も思いました。
そのころは、米原までの北陸線でも売っていたようです。ピーコが喜ぶものだから金沢に出張したときなどにはお土産に買ってきました。
 これは今でもやっています。買い物が苦手な私には、お土産に何を買うかを考えなくて済むだけ楽なんです。

 それから私の思い出の駅弁は横川の釜飯です。
学生時代に小諸の学生村に合宿で行ったときに食べたのが最初ですが。今、軽井沢に行くようになって、食べたいときに食べられるようになりました。

こんばんは。
昔、新宿でOLしていた時代がありました。
新宿のデパートの駅弁大会で、(先輩と2人で)ランチを購入した
経験がありま~す。ものすごい、行列でしたね。
お値段が高いんで、私には、最初で最後の経験でした。
皆さんお金持ちって、思ってしまいました^^;。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/142268/8239872

この記事へのトラックバック一覧です: 駅弁大会:

« 今年の絵は? | トップページ | 東京の雪 »

2014年9月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

ピーコのブログ仲間

  • ホタルと月の国
    絵をお描きになる、浜辺の月さんのブログです。 油彩、水彩、鉛筆、パソコンなど、何でも使って描かれた素敵な絵が、たくさん載っています。絵を描くことの楽しさや、感動が伝わってくる気がします。
  • 信濃はまほろば
    信濃追分に週末住宅をおもちの、ヘンゼルさんのブログ。 自然、ひと、美しい物すべてを、素敵な写真で表現されています。
  • ふうちゃんの軽井沢滞在日記
    ふうちゃんが軽井沢から滞在中の出来事を発信しています。さらに、東京からの発信もあります。
  • ひとりごと
    絵をお描きになる、ぴえろさんのブログです。 日々の暮らしを楽しんでいらっしゃる様子が、素敵な絵と文章で表現されています。表情豊かな人物の絵がとても魅力的です。
  • ひなたぼっこ
    いろいろなことに、興味津々のタムさんのブログ。 あちこちにいらっしゃって、素敵な写真がいっぱいです。名前通り、心がぽかぽか、ほっとするひとときが待っている場所ですね。

ピーコのおすすめ!

  • ピーコ&ふうちゃんの部屋
    ピーコと、ふうちゃんが最初に立ち上げたHP! さっぱり理解できないパソコンと格闘して、どうにか作った代物です。
  • P&F in Karuzawa
    ピーコとふうちゃんのお部屋からおいだされたふうちゃんが、独立!軽井沢の風景、内田康夫の名所案内、軽井沢滞在日記などがあるHPです。

acces